スタッフブログ

BS時代劇「雲霧仁左衛門2」 #6「越後屋潜入」

みなさまこんにちは!制作スタッフのヤマダです。

今回は、雲霧仁左衛門のキャラクターを表現する上で、

特徴的な小道具である「煙管」についてご紹介いたします。

仁左衛門が良く手に持って吸っている、煙管(きせる)。

kumokiri2_6_1.jpg

明治時代に紙タバコが商品化されるまでは、

刻みたばこを煙管に詰めて吸う方式が一般的でした。

その煙管は、単なる喫煙具の域を超え、職人が精巧な飾りを施した、

美術工芸品ともいえるものが数多く作られていました。

ファッションアイテムであり、ステータスシンボルであったようです。

仁左衛門も、しばしばたばこを吸っています。

その愛用の銀色の煙管です。

そしてもう1人、田村亮さん演じる謎の男、辻蔵之助も、

同じ様な煙管を持っていました。

kumokiri2_6_2.jpg

この二人が使っている二つの煙管、今回の撮影のために、

特別に注文して、職人さんに作って頂きました。

虎の姿が彫り込まれています。

kumokiri2_6_3.jpgkumokiri2_6_4.jpg

仁左衛門が持つにふさわしい、粋で、素敵なデザインですよね。

物語は、この煙管が“ある人”の手に渡るところから、

式部が仁左衛門の秘められた過去に迫っていく

手掛かりを得る事になるのですが、、、、

次回、第6回「越後屋潜入」、3/13(金)の放送をお楽しみに!

 

BS時代劇「雲霧仁左衛門2」 番組ホームページ

投稿者:スタッフ | 投稿時間:10:00 | カテゴリ:雲霧仁左衛門2

新着記事

新着ブログ

月別から選ぶ

2019年

開く

2018年

開く

2017年

開く

2016年

開く

2015年

開く

2014年

開く

放送終了番組

開く
ページトップへ