スタッフブログ

「精霊の守り人」驚くべきVFXビフォー・アフターの世界 パート1

大河ファンタジー「精霊の守り人・最終章」第5回「槍(やり)舞い」はお楽しみ頂けたでしょうか?!思わず号泣しながら見てしまった演出Iです。物語を支える為に、シリーズでは膨大なVFX(特殊効果)映像を用いて精霊の守り人の世界観を構築してきました。

motibito_vfx.jpg

今回は、番外編として、前半のVFX映像がどの様に撮影されていたのか、ちょこっとご紹介したいと思います。

バルサとジグロの心と心が触れ合った槍舞いでは
グリーンバックと呼ばれる幕の前で二人のアクションを撮影し
背景や花びらが足されていきました

バルサが浮き上がるところは、ワイヤーと緑の人に支えられ…笑

 

最後の扉は、もちろん後で描き込まれました

 


あの美しかった景色も屋外での撮影時はこんな感じで…

 


カンバル王城の屋外道場はセットで撮影されました…


いかがですか?1カット1カット丹念に作られている様子が伝わりましたでしょうか?

物語は、カンバルからいよいよ新ヨゴ国へと移っていきます。バルサ(綾瀬はるか)チャグム(板垣瑞生)の今後は?そしてナユグの春は、この世界に何をもたらすのでしょうか?!

 

第6回「戦下の別れ」は、 2018年1月6日土曜日よる9時からの放送です

あなたは、ナユグの世界を感じますか?我々は決して一人じゃない…!

良い年をお迎えください!


★大河ファンタジー「精霊の守り人 最終章」

2018年1月6日(土)よる9時 新章突入!
NHK総合テレビ 毎週土曜 (連続9回)
「精霊の守り人」番組公式ホームページ→http://nhk.jp/moribito

第6回「戦下の別れ」
ログサム(中村獅童)が亡くなり、息子のラダール(中川晃教)がカンバル王国の新国王となる。ラダールは、バルサ(綾瀬はるか)とチャグム(板垣瑞生)にロタ王と手を結びタルシュ帝国と戦うことを誓う。そして、チャグムはバルサに別れを告げ、大軍勢を率いて戦へと旅立つ。その頃、タルシュ帝国との戦いの中、タンダ(東出昌大)が負傷してしまう。

投稿者:スタッフ | 投稿時間:14:25 | カテゴリ:精霊の守り人

新着記事

新着ブログ

月別から選ぶ

2019年

開く

2018年

開く

2017年

開く

2016年

開く

2015年

開く

2014年

開く

放送終了番組

開く
ページトップへ