スタッフブログ

「精霊の守り人」はグルメも要チェック。12/2(土)第2回には上地雄輔さん、花總まりさんが登場します!

moribito_ishiki_171127-1.jpg

大河ファンタジー「精霊の守り人・最終章」の放送が始まりました!
第1回「バルサ、故郷へ」をお楽しみ頂けたでしょうか?!誰が敵か味方か分からない中、カンバル王国のログサム王への道を探し求めるバルサとチャグムが、荒野を駆け抜けていく所で終わりました。二人は、これからどこに向かうのでしょうか?楽しみですね!

演出Ⅰがお届けする今回のブログは、精霊の守り人シリーズでも一つのお楽しみポイントになっている食べ物についてお話しします。

第1回のタンダのシーンで、アスラとチキサがタンダに持ってくるお土産「ホーロに漬け込んだ肉」、おいしそうではありませんでしたか?精霊の守り人では、原作に出てくる食べ物を、創作料理指導の井関脩智先生の指導の下、実際に食べてもおいしい料理にして撮影しています。

 

第2回「カンバルの闇」でも「ロッソ」というピロシキのような食べ物が、物語の重要な要素になっています。

これがロッソ。カンバル人なら誰でも大好きな食べ物

毎回出てくる食べ物は、原作に出てくる情報を元に試行錯誤を繰り返し作り上げられ、物語に彩りを加えてくれています。ぜひご注目下さい!

第2回「カンバルの闇」では、バルサの幼少時代にカンバル王国で一体何が起こっていたのかが解き明かされていきます。なぜバルサはジグロに育てられたのか?バルサとジグロがたどった悲運も明らかになります。バルサの父・カルナに上地雄輔さんその妹・ユーカに花總まりさんを迎え、原作の行間を埋める物語が展開されます。これは、原作ファンも見逃せませんよ!

 

カルナ(上地雄輔):

同世代のジグロとカルナのこの時の年齢は、バルサで遡ると…ナイショです!

 

ユーカ(花總まり):

身も心も若くて美しいユーカ。ジグロとの関係も気になるところです!

 

第2回「カンバルの闇」は、 2017年12月2日土曜日よる9時からの放送です

あなたは、ナユグの世界を感じますか?我々は決して一人じゃない…!


★大河ファンタジー「精霊の守り人 最終章」

2017年11月25日(土)夜9時スタート
NHK総合テレビ 毎週土曜 (連続9回)
「精霊の守り人」番組公式ホームページ→http://nhk.jp/moribito

第2回「カンバルの闇
バルサ(綾瀬はるか)とチャグム(板垣瑞生)はカンバル国に入り、国王・ログサム(中村獅童)がタルシュ帝国と通じていることを確信する。ジグロ(吉川晃司)の兄・カグロ(渡辺いっけい)との再会の中、バルサは、ジグロと父・カルナ(上地雄輔)の友情と深い悲しみを知る。そして、ジグロがバルサを連れて逃げた理由、バルサの記憶に潜むカンバル王国の奥深く潜んでいた陰謀がバルサの中で解き明かされる。

投稿者:スタッフ | 投稿時間:15:00 | カテゴリ:精霊の守り人

新着記事

新着ブログ

月別から選ぶ

2019年

開く

2018年

開く

2017年

開く

2016年

開く

2015年

開く

2014年

開く

放送終了番組

開く
ページトップへ