スタッフブログ

『精霊の守り人』空想美術ファクトリーvol.3-3

今回のテーマは、セットの飾り変え。1つのセットを使用しながらも、シーンにあわせて飾りを替えて、まるで別の背景をつくってしまうというテクニックです。なかなか聞けないドラマの裏話も交えて、詳しく解説していただきました。

■『平清盛』で使った船を4パターンにアレンジ。

今回は海のシーンで船が登場します。船のセットでは、大河ドラマ『平清盛』のときに使った中国のジャンク船を活用しました。たまたま廃棄せずに取ってあったもので、この物語の時代設定が合っているということで、それをベースに帆の形や船首などを換えたり、いろんなものを付けたり、取ったりして飾り替えしていきました。

●新ヨゴ国の軍艦

新ヨゴ国の軍艦は、割と和船に近いイメージですが、ちょっとロープ使いは西洋の軍艦っぽいですね。中世の帆船に近いかもしれません。いろんな要素をミックスして、瓦を着けるところはヨゴっぽいですね。

yogo_ship_s2.jpg 

●サンガルの軍艦

サンガルの軍艦は、新ヨゴ国の軍艦とガラッと変わってうしろはフラットで、船首は円形型にして、ロープ使いもシンプルになっています。このデザインは『坂の上の雲』や『平清盛』を担当していたデザイナーが手がけました。引き出しがたくさんあるので助かっています。

 sangaru_050.jpg

●セナの海賊船

セナの海賊船は、海賊らしく帆を怖い感じにしました。ちょっとバットマンの翼みたいでしょう。でも、女の子の船長なので飾り物で可愛さを出しています。

 kaizoku_094.jpg

●ラッシャロー(海をただよう民)の家船

ラッシャローの船は、ドキュメンタリー番組で見たものを参考にデザインしました。東南アジアの少数民族の船とか、ネイチャー系の番組とかで観たことがあるような。完全に同じにはしていませんが、リアリティや気配を出したつもりです。

 IMG_1314.jpg

 

『精霊の守り人』アイデアの結晶 「アスラエフェクトのスゴ技に迫る!」

『精霊の守り人』空想美術ファクトリー vol.1

『精霊の守り人』空想美術ファクトリー vol.2

『精霊の守り人』空想美術ファクトリー vol.3-1 

『精霊の守り人』空想美術ファクトリー vol.3-2

『精霊の守り人』空想美術ファクトリー vol.3-3

『精霊の守り人』空想美術ファクトリー vol.4-1 

『精霊の守り人』空想美術ファクトリー vol.4-2

『精霊の守り人』空想美術ファクトリー vol.4-3

 

「精霊の守り人」番組公式ホームページ 
http://nhk.jp/moribito

投稿者:スタッフ | 投稿時間:17:00 | カテゴリ:精霊の守り人

新着記事

新着ブログ

月別から選ぶ

2017年

開く

2016年

開く

2015年

開く

2014年

開く

2013年

開く

2012年

開く

2011年

開く

2010年

開く

2009年

開く

2008年

開く

放送終了番組

開く
ページトップへ