スタッフブログ

『精霊の守り人』 #2  第2回の放送です!

『精霊の守り人』プロデューサーの海辺です。
ブログ更新をできないまま、第2回の放送日となってしまいました。
年を取ると一週間が早くて驚きます。なかなか夏休みがこなくてイライラしていた小学生の頃の自分を叱りたい気分です。

さて、第1回をご覧いただき、ありがとうございます。
多くのご意見ご感想がNHKに寄せられました。本当にありがとうございます。
中でも原作を愛する方々から「原作の改変が酷すぎる」との悲鳴が多く届いており、それについては全て私の責任であり、甘んじてお叱りの言葉を受けたいと思います。
作り手の論理を長々説明するのは、すべったギャグの説明をするくらい恥ずかしいことなので、ここではご容赦願います。
出来ることなら最後まで見ていただき、その上で改めて罵倒していただけたら、と存じます。
ただ、「チャグムが聖導師と二ノ妃の不義の子とは改悪にも程がある!」とのお叱りは、現時点で看過できないものなので弁明させてください。

チャグムは帝と二ノ妃の子どもであり、その事実に一点の曇りもありません。
“星ノ宮・奥ノ間”で二ノ妃が「チャグムはあなたの子どもですか?」と聖導師に迫るのは、「息子の命の恩人と会わせてくれないなら、チャグムは私とあなたの間に出来た不義の子と嘘を流布しますよ」と脅している、捨て身の“お芝居”です。
聖導師は「根も葉もないことで、私を脅されるのですか?」と返しますが、我が子を守ろうとする二ノ妃が一枚も二枚も上手で、結局、聖導師はバルサと二ノ妃を会わせてしまう、という流れです。説明すると本当に恥ずかしいのですけど…。

聖導師役の平幹二朗さんは既に80過ぎ。まさかそんな誤解はされないだろうと思った私どもの想像力のなさが敗因というか、いや、むしろギラギラを損なわない平さんの現役感が勝因というか…。
とにもかくにも、実の父から恐怖され、妬まれるところにチャグムの悲劇性があるので、「チャグムは不義の子ではない」という点だけは声を大にして強調させてください。

 

hira-san.jpg写真は、聖導師の衣裳合わせの時のもの。
演出の片岡Dが「裾が長すぎて芝居の邪魔になりませんか?」と言ったところ、「裾さばきならデザインでひもを付けてくれれば大丈夫。ほら」と、平さんはその場でくるくる回って見せ、頑なに裾を切らせませんでした。
いや、もう現役まっさかり。『精霊の守り人』の撮影を終えてからの半年間、ずっと全国を旅公演されていたパワーは、我々の想像を超越しております。

聖導師はシーズン3まで物語の軸を担う重要人物。
第2回でも、本音は一体どこにあるのか分からない怪演をしています。
是非ご注目下さい。


大河ファンタジー 精霊の守り人 第2回 「王子に宿りしもの」
NHK総合 3月26日(土)夜9時から9時58分
再放送は4月2日(土)午前0時10分から1時8分[1日(金)深夜]

「精霊の守り人」番組公式ホームページ http://nhk.jp/moribito

投稿者:スタッフ | 投稿時間:00:00 | カテゴリ:精霊の守り人

新着記事

新着ブログ

月別から選ぶ

2017年

開く

2016年

開く

2015年

開く

2014年

開く

2013年

開く

2012年

開く

2011年

開く

2010年

開く

2009年

開く

2008年

開く

放送終了番組

開く
ページトップへ