スタッフブログ

「鼠、江戸を疾る」(05)...タッキーは映える!川村泰祐監督インタビュー

滝沢秀明さん主演!

「鼠、江戸を疾る」

3人の監督の演出が楽しめる豪華仕様であることも、

その楽しさのひとつです。


先週放送の第3回、今週の第4回、

そして2月6日放送の第5回を演出した川村泰祐監督


「大奥」の監督を務めた経験のある方なのですが、

現代劇の監督であるイメージが強いですね。


その川村監督が

鼠、江戸を疾る

どのように演出したのか。

時代劇と現代劇の違い

とは、どんなものなのか。

その違いをぐいぐい聞いてきました。

nezumi0129a.jpg


編集モトタキ

「本日は編集の最中に、お出でいただきありがとうございます」


川村泰祐監督

「いえいえ、大丈夫ですよ。よろしくお願いします」


ご自身の撮影は終わっており、編集作業に追われている中でのインタビューでしたが、朗らかに対応していただけました。

癒し系いいひとオーラがにじみ出ていましたね。


編集モトタキ

「早速ですが

大奥以外では月9などの監督をしているイメージが強い川村監督

ですが、今回の鼠、江戸を疾るのお仕事が来たとき、どんな気分でしたか」


川村泰祐監督

「そうですね。仕事が来た時はラッキーッ!と思いました。

時代劇現代劇よりも設定やキャラの自由度が高いんです。

だから、現代劇ではやれないことをやれるんだっていう

ワクワクとした感じがありましたね」


編集モトタキ

「確かに髙嶋政宏さんの徳五郎は現代劇では出てこないキャラクターです。

現代劇時代劇撮影をする上での違い

はありましたか」

nezumi0129b.jpg


川村泰祐監督

撮影する上での違いですか。そうですね、時代劇では

背景ひとつをとっても作りこんでいます

そこには演出上の意味が持たされているんです。

だから現代劇よりもカメラを長く回して周りの景色も視聴者の方に

じっくり見ていただけるようにしていますね」


編集モトタキ

そんな工夫がされていたんですか!

確かに現代劇の景色って普通に生活していても見ることができますが、

時代劇の小物はそうそう見る機会はありませんよね。

あと演出といえば、

新しい鼠小僧が今回のテーマです。

川村監督は特にどんなイメージを抱いていましたか」


川村泰祐監督

バットマン、ですね。ダークで、しかし格好いい

それでいて夜8時代なので明るさもうまく出せるように頑張ってますね。

明るさ暗さのギャップ

このギャップを大切にしています。

徳五郎と定吉のコンビ濱田マリさん演じるお染あたりが、

とてもいい明るさを表現してくれたと感じています」


編集モトタキ

「なるほど。ちなみに主演のタッキーは演出してみて

どんな印象を持たれましたか」

nezumi0129c.jpg


川村泰祐監督

かっこいい!の一言ですね。

今、編集作業をしているわけですが、

滝沢さんがいれば絵が映えます。

映像が安定するんですよね。滝沢さんがいると良くなる。

コメディもきっちりこなせるいい役者さんだなあ

と感じました」


編集モトタキ

「編集作業中とのことですが、今回の鼠、江戸を疾るはどんな印象ですか」


川村泰祐監督

「はっきり言っちゃいましょう!

笑いあり、ちょっとしたラブあり、エンタメとしてのクオリティ

映画にもできる素材ですよ。

時代劇って世界に誇れるコンテンツなんですよ。

ストーリーはなんでもマッチングしますしね」


編集モトタキ

「なるほどなるほど、やっぱり時代劇っていいですよね。

ぼくも時代劇のなんでも詰め込めちゃえる感じは大好きです。

では、これから鼠、江戸を疾るを見てくださる

視聴者の皆様にメッセージをお願いします」

nezumi0129d.jpg


川村泰祐監督

鼠、江戸を疾る一話完結なのでとっても見やすいです。

今まで見てなかったんだけどって方でも楽しんでいただける作りになっています。

見終わった後に

爽快感のある、気持ちが明るくなる作品

なので、気軽に見ていただけると幸いです。

一番のメッセージは、そうですね。

鼠小僧の心意気を見ていただきたいですね。

弱きを助け、強きをくじく。

王道だからこそ、悩みながら見るのではなく、

純粋にストーリーを楽しんでもらえたらなあと、そんな明るく楽しい作品になっています。是非とも御覧ください」


編集モトタキ

「本日はありがとうございました!」


川村泰祐監督

「いえいえ、こちらこそ」


川村泰祐監督は、インタビューを終えるとまた編集作業に戻っていました。

次の編集された作品の放送は1月30日です。

これまでの放送を見ていなかったひとでも、

いきなり見て楽しめちゃうのが鼠、江戸を疾るの強みのようです。


時代劇ってなんとなく辛気臭いイメージが…、なんて一歩ひいている方こそ見て楽しんで欲しい作品なのかも!?


 

木曜時代劇 「鼠、江戸を疾る」(連続9回)
総合 毎週木曜 午後8時から
作:赤川次郎 出演:滝沢秀明、忽那汐里、京本大我、片瀬那奈 ほか
「鼠、江戸を疾る」番組ホームページ

投稿者:スタッフ | 投稿時間:20:00 | カテゴリ:鼠(ねずみ)、江戸を疾(はし)る

新着記事

新着ブログ

月別から選ぶ

2017年

開く

2016年

開く

2015年

開く

2014年

開く

2013年

開く

2012年

開く

2011年

開く

2010年

開く

2009年

開く

2008年

開く

放送終了番組

開く
ページトップへ