スタッフブログ

『花子とアン』#28 第5週「波乱の大文学会」(1)

ごきげんよう!!
 
『花子とアン』の‶アン″です。
連続テレビ小説『花子とアン』第25回、いかがでしたか?
 
b03.jpg
 
明治42年、甲府のまちに陸軍歩兵第49連隊(通称「甲府連隊」)がやってきました。
 
徳丸商店前の通りには、ずいぶんと沢山の人が集まっていますね!
 
今日はそんなにぎわう甲府のまちの特産品について少しご紹介。
 
anne_28.1.JPG
 
まずは、みなさんもよくご存じの徳丸商店
徳丸商店は、甲府特産の生糸を取り扱っています。
 
軒先ののれんにも、生糸のマークが入っているのが見えるかしら?
 
 
anne_28.2.JPG
 
次は少し分かりにくいかもしれませんが、吉太郎の後ろの幕に「印傳」とあります。
 
印伝は、もともと南蛮貿易が盛んだった17世紀当時、
東インド社から輸入した「印度伝来」の装飾革を、省略して「印伝」と呼んだのが
由来とされています。
 
甲州印伝の始まりは江戸時代
鹿の皮をなめしたものに、漆で模様付けを施す技法が編み出されました。
 
 
江戸時代は上層階級が好んで使う高価なものでしたが、
現在では、伝統的工芸品にも指定され、甲府のお土産として人気を誇っています。
 
 
そういえば、3月に行われたヒロインバトンタッチ式では、
吉高由里子さんが「ごちそうさん」のヒロイン・杏さんに
甲州印伝のブックカバーを贈っていたわね!
 
その他ドラマの中には出てきませんが、水晶細工なども有名な特産品のひとつです。
 
 
 
それにしても、これほどいきいきした吉太郎は初めて見たわ…
吉太郎が夢中で見ている陸軍歩兵第49連隊については、また今度。
 
 
ごきげんよう、さようなら。
 
 
 

投稿者:スタッフ | 投稿時間:08:15 | カテゴリ:花子とアン

新着記事

新着ブログ

月別から選ぶ

2020年

開く

2019年

開く

2018年

開く

2017年

開く

2016年

開く

2015年

開く

2014年

開く

放送終了番組

開く
ページトップへ