スタッフブログ

青春アドベンチャー『隠しの国』に出演の女優・八幡みゆきさんからメッセージが届きました。

青春アドベンチャー『隠しの国』(15回シリーズ) 

2020年8月31日(月)~9月4日(金) 午後9時15分~午後9時30分(1-5回) FM
2020年9月7日(月)~9月11日(金) 午後9時15分~午後9時30分(6-10回) FM
2020年9月14日(月)~9月18日(金) 午後9時15分~午後9時30分(11-15回) FM

NHKネットラジオ「らじる☆らじる」での同時配信、「聞き逃し」サービスの配信(放送終了後から1週間)でもお聞きいただけます。

演出の小見山です。八幡みゆきさんの舞台は欠かさず拝見しているのですが、今年初めの舞台『阿呆浪士』はとても楽しいお芝居でした。どんな役にも全力で向き合う、まさに劇中のニコのようなバイタリティある役者さんです。でも、物語の中でニコは、売れない役者じゃないか、って? 確かに。でも、どうぞ、最後まで聴いてみてくださいね。

売れない舞台女優ニコと暴君リクの家来ニコの二役を演じております八幡みゆきです。「隠しの国」は、緊急事態宣言の解除後に収録が行われました。
共演者の方々の声を聞いていると、とても幸せな気持ちになり、収録を終えて、今こうしてメッセージを書かせて頂く中でも、東憲司さんの描く世界が続いているような気がしております。

yahata.jpg
ニコ役の八幡みゆきさん

この作品には、現実の世界と夢の世界「隠しの国」の存在があります。
皆さんは一度でも現実の世界と夢の世界が繋がっていると思ったことはありませんか?夢を見たことがないという人もいると思いますが、私は同じ夢を繰り返し見たり、夢占いをしてみたり、夢に出てきた人に連絡をしてみたり、見覚えのある景色に遭遇することが度々あります。なので、私自身、夢が与える影響がないとは、言い切れません。理解し難い世界に吸い寄せられるように、次々と展開していく物語が見所の一つです。夢の中で生きている私、その世界に住む人々と現実の世界に生きる大切な人たちの命が繋がっているとしたら、私たちは何を信じて、何を正義とするのか。
皆さんのお耳に「隠しの国」が届くことを切に願っております。お楽しみに。   (八幡みゆき)


青春アドベンチャー『隠しの国』(15回シリーズ) 

【出演者】
百瀬 朔 吉井乃歌 野村昇史 木津誠之 八幡みゆき 石住昭彦 
鈴木めぐみ 大手忍 原口健太郎 板垣桃子 稲葉能敬 花戸祐介 
武田桂 小出恵美子 川原瑛都

【作】東憲司 【音楽】澁江夏奈

【あらすじ】
復讐の連鎖…過去の過ちを人間はどこまで償わなければならないのか…人は罪を赦すことができるのか…。
リク(百瀬朔)は中学生。父子家庭で育った。空想癖があり、教室ではいつも居眠りをしている。夢を見ると、不思議なメロディが聞こえてくる。その夢は、自分はどこかの国の暴君で、黒いペガサスに乗り、戦場を駈ける夢だった。
ある日、リクは公園で女子高生のアヤノ(吉井乃歌)と会う。リクは彼女が夢の中で現れる少女とそっくりだと思った。可愛く魅力的なアヤノだったが、突如、リクを殺そうとした。アヤノが言う。『アンタは隠しの国の暴君!私たちはアンタに滅ばされた…もう一つの世界で、お前を滅ぼしてやる』と。
アヤノの言う“もう一つの世界”とは、今リクが生きている現実世界だ。
刃を持ったアヤノがリクを殺そうとする。だが、リクは不思議にも、アヤノの繰り出す刃を難なくよけてしまう。現実世界とは違う、もう一つの世界=【隠しの国】があり、もう一人の自分がいるのだとリクは知る。
【隠しの国】へ行き、もう一人の自分、暴君リクに会うしかないとリクは思った。
愛とつぐないと救済を描く、15回連続の「ダーク・ファンタジィ」。

投稿者:スタッフ | 投稿時間:10:00 | カテゴリ:オーディオドラマ

新着記事

新着ブログ

月別から選ぶ

2020年

開く

2019年

開く

2018年

開く

2017年

開く

2016年

開く

2015年

開く

2014年

開く

放送終了番組

開く
ページトップへ