スタッフブログ

特集オーディオドラマ『おやつのいくさ』に出演していただいた俳優の松田洋治さんからメッセージが届きました。

特集オーディオドラマ『おやつのいくさ』前後編(50分)
ラジオ第1 前編 2020年8月12日(水) 午後8時5分から 
      後編 2020年8月12日(水) 午後9時5分から 
FMでは、 前編 2020年8月15日(土) 午後10時から
      後編 2020年8月22日(土) 午後10時から 
NHKネットラジオ「らじる☆らじる」での同時配信、「聞き逃し」サービスの配信(放送終了後から1週間)でもお聞きいただけます。

演出の小見山です。
松田洋治さんからメッセージです。松田さんからは、常日頃からオーディオドラマが大好きなんですと言っていただき、ラジオドラマ三昧などの番組では、MCを務めていただいています。小見山演出のドラマに何度も出演してもらっていますが、今回の役は旅一座の座長役。大歌舞伎や新国劇、新派のかつての映像なども参考にしていただき、見事な座長ぶりを演じていただきました。


「おやつのいくさ」なんて素敵な想像力を掻き立てられるタイトルでしょう。
台本を手にしてもすぐには読み始めず、しばし妄想の時間を楽しみました。
そして開いてみるとそれは戦中から戦後にかけての物語。
でも前向きな人物たちで彩られた、可愛くて切なくて、でもやっぱり明るく楽しい話。
さらに素敵なのは、なんといっても一度聴いたら耳から離れない素敵な劇中歌。
収録時、全員で歌っているときの楽しそうな様子をお見せしたいくらいでした。
収録が進んでいくうちにあらためて「おやつはなくてもかまわない。でも、おやつがないと心が淋しい。」というテーマに自分たちのこれから進むべき道が照らし出されていくような手ごたえを感じました。

mastuda.jpg

圓之助役の松田洋治さん

新しい生活における新たな収録スタイルの幕開けがこの作品であったこと、劇中に出てくる芝居が自分の初舞台作品であったこと、そして指導で来ていただいた西川右近先生がなんとその45年前の芝居に出演されていたことなど本当に運命を感じる作品となりました。あらゆる世代にいろんな思いをお届けできれば、と願っております。


特集オーディオドラマ『おやつのいくさ』

【出演者】
若村麻由美 吉本実憂 松田洋治 いしのようこ
たかお鷹 山口馬木也 一色洋平 木戸大聖
鳥越壮真 山崎智史 清田智彦 武田桂
小出恵美子 山田里奈 スティーブン・マックルアー

【作】一色伸幸 【音楽】小六禮次郎

【あらすじ】
「劇団おやつ」の女座長樋口圓花(若村麻由美)は、駆け出しの小説家・蛍(吉本実憂)に、曽祖父・圓之助(松田洋治)の話を書いてくれと頼む。圓之助が、太平洋戦争中に経験した物語だと言う。だが、蛍は気乗りしない。暗くて深刻で悲しいたぐいの物語は好きではないと言う。「そういう暗い話じゃないのよ。まずは聞いて笑ってくれない?」 そう圓花は言って、話し始めた。

昭和19年、空襲が福岡・八幡を襲い、日本の敗色は濃かった。若者達がお国の為と出征していく姿を見て、祖国を案じる圓之助は旅役者ならではの考えを思いつく。圓之助の妻で、看板役者の凛子(いしのようこ)は、いつも突飛なことを始める夫のことが気がかりだ。圓之助は、「日本を助太刀しようじゃねえか!」と、九州の人気座長達に呼びかけ、特別公演をしようとしていた。

投稿者:スタッフ | 投稿時間:10:00 | カテゴリ:オーディオドラマ

新着記事

新着ブログ

月別から選ぶ

2021年

開く

2020年

開く

2019年

開く

2018年

開く

2017年

開く

2016年

開く

2015年

開く

2014年

開く

放送終了番組

開く
ページトップへ