スタッフブログ

特集オーディオドラマ『歌が生まれる』に主演していただいたソニンさんからメッセージが届きました。

特集オーディオドラマ『歌が生まれる』
2020年1月4日(土) 午後10時から FMで放送(60分)です。
NHKネットラジオ「らじる☆らじる」での同時配信、「聴き逃し」サービスの配信(1月6日正午から1週間)でもお聴きいただけます。

演出の小見山です。
ソニンさんからメッセージをいただきました。歌帆という、歌は抜群にうまいのに売れない歌手という役どころを演じてもらいました。ソニンさんは、今年でデビュー20年目を迎え、歌は勿論、演技の幅も大きく広げ、活躍中です。

「ラジオドラマの収録を終えて」 ソニン

主人公の歌帆は、自分の夢を半ば諦めかけていて、いわば、最後の賭けをしている最中なんです。素直になれない彼女の不器用さが愛らしく、また登場してくる人々の人生に共感し、影響されていく姿が愛らしく、ある意味、自分らしく生きている人なんだなという印象で、歌帆は好きなキャラクターでした。

今回、共演していただいた江守徹さんは、実は、わたしの初舞台を演出してくださったんです。それ以来のお仕事で、本当に…本当に再会できて嬉しかったです。あの時はただがむしゃらだったので、少しは成長した自分を感じてくださったのであれば良いなぁと。昔から変わらない優しさ溢れる、そして貫禄ある方でスタジオの空気も引き締まりました。

uta3.jpg

江守徹さんを囲んで、出演者の皆さん

わたしは、今の歌の仕事を夢見る前、別の職業に就こうと思っていました。下手だと言われていた「歌うこと」が好きになってから、憧れのオーディションを受け、この世界に入るまで、物凄く早いスピードでことが運ばれていきました。人生は運命的なものに導かれていくのだなと、今になって感じています。

舞台に立っている時、意識しているのは、演じている役の気持ちや想いを乗せることや、物語のメッセージを伝えることなど、色々ありますが、基本はもちろん、聞き手であるお客様すべてに届くようにと意識して歌い、演じています。
初めてのラジオドラマだったので、最初は分からないことも多かったのですが、収録を終えての感想は、今までと違う表現の場を楽しむことが出来ました。
出来上がりがどうなるのかがとても楽しみです。

uta5.jpg

歌帆役を演じるソニンさん

 

特集オーディオドラマ『歌が生まれる』

【FM】
2020年1月4日(土) 午後10時~午後11時(全1回・60分)

【出演者】 ソニン 渡部豪太 江守徹
高橋理恵子 阪田マサノブ 金澤美穂 原扶貴子
木下政治 奥田一平 久井正樹 小林義典 山縣美礼

【作】一色伸幸 【音楽】妹尾武

【あらすじ】
音符の一つ一つには意味はない、ただの一音だ。
その意味のない音が重なり合う中で、壮大な交響曲が生まれるように、人と人との重なり合いの中で、様々な人生が生まれていく。

歌帆(ソニン)は実力派のシンガーだが、知名度は低い。要は売れてない。レコード会社との契約更新の条件は、豪華客船のステージに出演の間に、一曲の「ラブソング」を作ることだった。船中で出会ったのは、人間不信に陥って人生を虚しくしている船医(渡部豪太)だった。オペラ座の怪人がどこかに潜んでいるような「サスペンス」から一転、二人の一筋縄ではいかない「ラブストーリー」が展開する。様々な人間模様が、客船の中で繰り広げられる。ある日、船内を徘徊する柏原(江守徹)の秘密を知った歌帆は、自分のためではなく、みんなの為にラブソングを作りたいと思う。
意味のない音が積み重なり、奏でられていく。最後に一曲のラブソングが出来上がるまでを描く“大人の純愛物語”。

投稿者:スタッフ | 投稿時間:15:00 | カテゴリ:オーディオドラマ

新着記事

新着ブログ

月別から選ぶ

2020年

開く

2019年

開く

2018年

開く

2017年

開く

2016年

開く

2015年

開く

2014年

開く

放送終了番組

開く
ページトップへ