スタッフブログ

木皿泉・脚本のオーディオドラマ『ぱきゅん』出演者メッセージ

 青春アドベンチャー『ぱきゅん』(全10回)

 12月2日(月)~12月13日(金) 平日の午後9時15分~9時30時 NHK-FM

 (ネット同時配信&「聴き逃し」配信あり ※放送の翌日正午から1週間)

 

オーディオドラマ担当Fです。週明けからの青春アドベンチャーは新作、木皿泉さん脚本による『ぱきゅん』をお送りいたします。 

独特の作風で多くの熱烈なファンをもつ木皿泉さんが、オリジナル脚本をNHKオーディオドラマのために書き下ろして下さいました。全編を続けて聴いていただければお判りになるとおり、実に木皿泉ドラマらしいモチーフ、主題が盛り込まれた物語になっています。ご期待下さい。

 Adv_Pakyun.jpeg

タイトルの「ぱきゅん」というのは、登場人物である若手刑事(物語の時点では元刑事)のニックネーム。今回、そのタイトル・ロールを担ってもらった多田直人さんからメッセージをもらいました。

 tada_t.jpg

【多田直人さんからのメッセージ】

青春アドベンチャーでサスペンス?面白そう。

個人的に「サスペンスで刑事もの」って、とっても演じてみたかったシチュエーションで、

お話をいただいたとき、とってもワクワクしました。

しかも私が演じる「ぱきゅん」はかなーり癖のある役どころ。

とてもやりがいがあり、楽しく演じることが出来ました。

 

木皿さんの描く、日常の中に徐々に侵入してくるようなサスペンスは、

私達の心の中にもスーッと入り込んでくるようで、きっと聴きごたえも抜群です。

 

皆さんにもドキドキワクワクしながら聞いてもらえると嬉しいです。

 

多田直人さんは、演劇集団キャラメルボックスで活躍の傍ら幅広いカンパニーに客演し、現在は青年団にも在籍しつつ、近々の舞台出演はミュージカルの主役……という、腕っこきの舞台俳優。青春アドベンチャーでも『チョウたちの時間』をはじめ主演を含む重要な役を何度も務めてもらっていますが、今回の“ぱきゅん”は、特有の空気感と緩急の効いた演技を必要とする、多田さんに打ってつけの役です。

 

その“ぱきゅん”とある種の相棒的な関係になるのが、物語の視点を担う少年・瞬。演じてもらったのは加藤清史郎さんです。

 kato_seishiro_01.jpeg

【加藤清史郎さんからのメッセージ】

この作品に登場するキャラクターのそれぞれが、それぞれの過去を持っています。中には過去に縛られ、人生そのものを左右されることもあります。けれども瞬は強い。どんな災いが降りかかろうとも、彼は前を向いて進む。過去をきっかけに強くなれることもあるのだと、僕は気付くことができました。

 本作品でストーリーテラー的な存在も担っている瞬は台詞とともにモノローグも多く、感情をどこまで声に乗せるべきなのか等のバランスを調節するのが、非常に難しかったです。しかし他のキャストの皆さんとの空気感を大切に、感じたことに対してダイレクトに返すことで、とても自然なシーンが出来上がったことと思います。

 人と人との間にある関係や感情の交錯を、耳で感じながらお楽しみ下さい

 

すでに長い芸歴をお持ちの加藤清史郎さんですが、青春アドベンチャーでは『カムパネルラ』の風野又三郎役の記憶が鮮烈です。メッセージにもあるとおり、今回は木皿泉作品らしく、深いニュアンスを含むモノローグが頻出。今の年齢ならではの瑞々しい声の演技が、ドラマの情感を、より豊かにしてくれています。 

『ぱきゅん』出演陣から、さらに次回は、大後寿々花さん、谷田歩さんのメッセージをご紹介します。


 青春アドベンチャー『ぱきゅん(全10回)

~ある刑事の殉職、起こらなかった事件、そして「完全犯罪ノート」~

 

【NHK FM】

12月2日(月)~12月13日(金) 平日の午後9時15分~9時30時

 (ネット同時配信&「聴き逃し」配信あり ※放送の翌日正午から1週間)

 

【作】木皿泉

【音楽】木原健太郎

 

【出演者】

多田直人 加藤清史郎 大後寿々花 谷田歩

高橋克明 山崎智史 榊菜津美 森啓一朗

大森美紀子 岡田さつき 鬼頭典子 石田圭祐

山田瑛瑠 渡邊優奈

 

投稿者:スタッフ | 投稿時間:18:33 | カテゴリ:オーディオドラマ

新着記事

新着ブログ

月別から選ぶ

2019年

開く

2018年

開く

2017年

開く

2016年

開く

2015年

開く

2014年

開く

放送終了番組

開く
ページトップへ