スタッフブログ

FMシアター『うつ病九段』 出演者の鈴木杏樹さんからメッセージをいただきました!

FMシアター『うつ病九段』 NHK-FMで7月13日(土)よる10時から放送!

NHKネットラジオらじる☆らじるでの同時配信、「聴き逃し」配信(7月15日正午から一週間)でもお聴きいただけます!

演出の吉田です。いよいよ今週末、FMシアター『うつ病九段』を放送します。

2017年7月、将棋棋士生活三十年を迎えた先崎学九段はうつ病に襲われます。プロの囲碁棋士でもある妻の支えで、懸命に治療に取り組むのですが……。
今回、その「先崎の妻」役を演じていただいた鈴木杏樹さんからメッセージをいただきました。

suzukianju_cut.jpg
「先崎の妻」役の鈴木杏樹さん

ラジオドラマは 初めての経験でした。

共演者全員で読み合わせをしたり、演出の吉田さんや脚本を手がけた小松さんと
物語について、役柄について、時間をかけて話し 深く掘り下げていく‥そんな様がまるで ひとつの舞台芝居を作り上げていくようで ‥ワクワクしました。

とはいえ、本番では マイクに向かって
光景をイメージしながらお芝居をしていく感じが 初めての感覚で‥緊張したり、遠慮したり、、、でした。

それでも、先崎さん演じる津田さんのお芝居に引き込まれるように、
引っ張っていただいて 必死で 心をこめて 奥さん役を演じさせていただきました。

うつ、という病気がどのようなものなのか‥
ということをこの作品を通して 知ることができました。
また、先崎さんを支えたご家族や周りの人達の気持ちやあり方も描かれていたので 役柄に最大に寄り添いたいと思いました。。

ラジオドラマという貴重な経験と、
この作品に出会えたことに、
そして
一丸となって取り組んだお仲間に 出会えたことも、、
すべての出会いに 感謝の気持ちでいっぱいです。

私達が声を吹き込んだ後に、たくさんの音を重ねて
この作品を完成させたスタッフの方々の魔法のようなチカラも
本当に素晴らしくて とても感動致しました。

ひとりでも多くの方に 聴いていただけたら、とても嬉しいです。

楽しんでいただけますように。。

鈴木杏樹

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

先崎九段を、妻として、そして時には同じ勝負師として励まし続けるお芝居は、作品全体をふわっとした優しい光で包んでいただきました。
杏樹さん、ありがとうございました。

素晴らしい俳優陣のお芝居を、どうぞお楽しみに。

Fmt.HPphoto_trm.JPG

FMシアター『うつ病九段』

【放送】NHK-FM 7月13日 よる10時~10時50分
【原作】先崎学 【脚色】小松與志子
【音楽】おかもとだいすけ
【出演】津田寛治 鈴木杏樹 朝倉伸二
    窪塚俊介 児島功一 陰山泰 立石涼子
    山内慶太郎 島崎裕気 西ノ園達大
    NHK東京児童劇団

【あらすじ】
2017年7月、将棋棋士生活三十年を迎えた先崎学(津田寛治)はうつ病に襲われる。プロの囲碁棋士でもある妻(鈴木杏樹)、精神科医の兄(朝倉伸二)の支えで、先崎は懸命に治療に取り組む。自らのすべてである将棋を、うつ病によって奪われた先崎が、棋士復帰を目指して選んだのは、「将棋でうつを治す」という医師からも止められた壮絶な壮絶な「禁じ手」だった。米長邦雄門下の中村太地(窪塚俊介)、田中悠一(児島功一)との真剣勝負、そして中原誠(陰山泰)、米長夫人(立石涼子)との語らい……。先崎学、棋士のプライドをかけた男の「心の旅路」。

うつ病を含む気分障害の患者数は1999年の44万人から、2014年には112万人まで増加。がんや脳卒中と並んで、今や、うつ病は五大疾病の一つに数えられている。勤労世代の中でも、職場の中核となる40代に発症が多い。
先崎学は将棋棋士。段位は九段。2017年7月、47歳でうつ病を発症。ひふみん、藤井聡太ブームに沸く将棋界。そのウラで羽生世代の棋士がうつ病と闘っていた……。

HPトップは→こちら

投稿者:スタッフ | 投稿時間:15:32 | カテゴリ:オーディオドラマ

新着記事

新着ブログ

月別から選ぶ

2019年

開く

2018年

開く

2017年

開く

2016年

開く

2015年

開く

2014年

開く

放送終了番組

開く
ページトップへ