スタッフブログ

青春アドベンチャー『カムパネルラ』春名風花さんからのメッセージ

 青春アドベンチャー『カムパネルラ』(連続10回)

 9月10日(月)~14日(金)、 9月17日(月)~21日(金) 午後9時15分~9時30分 NHK-FM

 (ネット同時配信&「聴き逃し」配信あり ※翌日の正午から一週間)

 

オーディオドラマ担当Fです。昨夜から新シリーズ『カムパネルラ』の放送がスタートしました。第1話の「聴き逃し」配信は、本日9/11(火)正午から一週間です。

 

第1話のラストシーンで登場した物語のキーパーソン、“さそり”役の春名風花さんからメッセージをいただきました。

Haruna_Fuuka.jpeg

【春名風花さんからのコメント】

ぼくたちは物語という完成された別世界に行くことができます。本を閉じればそれまで。現実世界に戻ることができます。

しかし、完成されていなければ…?

――未来、銀河鉄道の夜、タイムスリップ。

夢のSF世界を匂わせるこの言葉たちから溢れだすのは生々しい人間の熱。

 

ぼく演じる宮沢トシの娘「さそり」はまさにそんな存在です。いないのに、生きている。

永遠に改稿され続ける物語。銀河鉄道の夜から逃れられなくなります。

お楽しみに!

 

春名風花さんは、SNSやブログでオピニオンを発信したり、NHK高校講座「国語総合」の司会(高校講座のホームページで視聴可能です)を務めたりしていることもあってか、コトバに強い関心をお持ちの方という印象を持っています。よろしければ『カムパネルラ』を最後までお聴きになったあとに、もう一度、上のコメントを読み返してみて下さい。あたかも劇中の“さそり”の台詞のように、あらためて『カムパネルラ』の世界観を感じられることと思います。

 

宮沢賢治は、その作品が古びることなく、現在も読み継がれている稀有な存在です。特に「銀河鉄道の夜」は、数多くのクリエーターの創造の源泉となっています。最愛の妹トシとの死別をきっかけに生まれたと言われている作品群の内のひとつで、何度も改稿しながら、最終的には未定稿のまま絶筆となったそうです。改稿を重ねる度に、主人公ジョバンニの孤独の度合いが深まっていった過程が、鎌田東二さんの『宮沢賢治「銀河鉄道の夜」精読』という本に詳述されています。「銀河鉄道の夜」や宮沢賢治が好きでよくご存知の方も、逆に何となくイメージはあるけれど内容は知らなくて・・・という方も、ぜひ平埜生成さん演じる主人公“ぼく”と一緒に『カムパネルラ』の世界に飛び込んでみて下さい。

 

春名風花さんの青春アドベンチャーへのご出演は『エド魔女奇譚』以来。2015年の舞台『TUSK TUSK』を拝見し、ご参加をお願いしてから、FMシアター『白き鳥、赤き花』でもご一緒しました。謎めいた少女“さそり”が、どう主人公“ぼく”と関わってくるのか、そして“ぼく”にとってのカムパネルラとは・・・? 今夜放送の第2話以降の急展開を、どうぞお楽しみに!

 


 201807910ADV.JPG

青春アドベンチャー『カムパネルラ』(連続10回)

~思考補助装置としての銀河鉄道、それは変わりゆく永久物語運動体~

 

【NHK FM】

9月10日(月)~14日(金)、 9月17日(月)~21日(金) 午後9時15分~9時30分 NHK-FM

(ネット同時配信&「聴き逃し」配信あり ※翌日の正午から一週間)

 

【原作】山田正紀

【脚色】矢内文章

【音楽】関向弥生

 

【出演者】

平埜生成 春名風花 加藤清史郎

都築香弥子 佐藤誓 林次樹 田中宏樹

山田百次 菊池佳南 吉田朋弘 矢内文章

山田瑛瑠 青木柚

投稿者:スタッフ | 投稿時間:09:05 | カテゴリ:オーディオドラマ

新着記事

新着ブログ

月別から選ぶ

2018年

開く

2017年

開く

2016年

開く

2015年

開く

2014年

開く

放送終了番組

開く
ページトップへ