前のページへ戻る

放送リスト

2020年度

勇者になりたい再生ボタン 「勇者になりたい」
イサムは勇者になりたいと思っている。どうしたら僕は勇者のようにまっすぐで美しい生活が送れるのだろう。イサムの、自分自身との戦いが始まる。
ぽつん再生ボタン 「ぽつん」いじめ
ユウが隣に座るヒナコに親切にしたところ、どこに行くにもついてくるようになった。ユウはいらいらを募らせ、けんか別れしてしまう。ある日、ヒナコから「転校するので仲直りをしたい」という手紙が届く。
カンペキ教室再生ボタン 「カンペキ教室」
新学期、学級委員のミエコは、りっぱなクラスをつくろうと、クラスの紹介ビデオを撮り始めるが、身勝手なやり方に、やがてクラスメートたちは…。
キミは害鳥?再生ボタン 「キミは害鳥?」
ヨウイチはカラスが大嫌い。転校生のクロコと仲よくなるが、畑やゴミを荒らして害鳥と嫌われるカラスの良さを熱く語る姿にヨウイチは戸惑う。
おじいちゃんといっしょ再生ボタン 「おじいちゃんといっしょ」
友達との約束を断って、祖父の世話をするマサコだが、わがままな祖父に振り回されて、次第に嫌になってくる。ついには祖父を置き去りにしてバスに飛び乗ってしまう。
ウソ・ウソ・ウソ再生ボタン 「ウソ・ウソ・ウソ」
かわいい小物をたくさん持っている転校生の話題でクラスは持ちきり。悔しいトモカは小遣いをはたいて対抗しようとする。
大好きな絵本再生ボタン 「大好きな絵本」
弟が生まれて以来、母親はユウカの相手をしてくれない。寂しさと嫉妬が入り交じる中で、ユウカの心のよりどころはお気に入りの絵本。だがある日、その絵本が弟のベッドに置かれていた。
きつね再生ボタン 「きつね」
祭りに行く道中でげたを買ったブンロクは、帰り道にキツネに変身してしまう。それを見た両親もげたを買いに行き、キツネの姿になって帰ってくる。ある日…。
わたしはプリマドンナ再生ボタン 「わたしはプリマドンナ」
けがをした主役のトモコの代役に立候補するミドリだが、トモコの回復の手伝いをすることに。もし早くけがが治ったら、自分が主役をできない…。
うみねこニャー再生ボタン 「うみねこニャー」
ヨシオの両親は別居して、ヨシオは母と、弟のユウジは父と暮らしている。ある日、ヨシオは父とユウジと3人のドライブの途中、父の目を盗んでユウジとともに走り去った。
リンゴ・タコヤキ・ゴーヤー再生ボタン 「リンゴ・タコヤキ・ゴーヤー」
組のオーディションのために上京してきた青森、大阪、沖縄の3人の女の子。青森の女の子は発音の違いを指摘され、怒って会場を飛び出してしまう。
ハイパーそうじ長!再生ボタン 「ハイパーそうじ長!」
みんなが真剣に掃除をしない。掃除長のメグミは、厳しいルールを作り、掃除をさせようとする。そんなメグミに、とうとうみんなは我慢できなくなる。
あの、黒くてテカテカですばしっこくて、にくいやつ。再生ボタン 「あの、黒くてテカテカですばしっこくて、にくいやつ。」いのち
ゴキブリは本当に害虫なのか? そもそも人間こそが、あらゆるものの命を奪ってきたのではないか? ゴキブリを飼うことになったクラスの騒動とそのてん末を描く。
もうひとりのぼく再生ボタン 「もうひとりのぼく」
寝不足のジン。朝、洗面台の鏡に映る自分につぶやく。「誰か代わりに学校行ってくれないかな?」すると鏡の中からもう一人のジンが出てきた!
最強カード再生ボタン 「最強カード」
海岸で見たことのない漢字を書いたカードを見つけた。友人の祖母に見せたところ涙を流すので、みんなはびっくりする。書かれていたのは中国語だった。
キボウノ町再生ボタン 「キボウノ町」
ケンタはリキに誘われて、幽霊が出るといううわさの古い廃虚に忍び込む。ケンタはその廃虚が昔、町を支えていた大切な建物だと気付くが、みんなは壁に落書きを始める…。
アナタモワタシモハーモニー再生ボタン 「アナタモワタシモハーモニー」
セイジとヒサコは幼なじみ。ともに合唱好きでデュオを組んできたが、最近、男女を意識し始める。ある日、男友達に誘われたセイジは、ヒサコとの約束とどちらをとるか悩む。
真理アントワネット再生ボタン 「真理アントワネット」
マリはわがままで思いやりに欠ける女の子。でも好きな男子に近づくため、彼が参加する介護ボランティアに加わることになった。しかし、その作業は予想外に大変だった。
さがしもの再生ボタン 「さがしもの」
同じクラスのミチルとサーヤは幼馴染だが、いつしか言葉も交わさないほど疎遠になっていた。図工の時間、グループで絵を描くことになる。サーヤが「ミチルちゃんもやろうよ」と誘うと…。
声なきメッセージ再生ボタン 「声なきメッセージ」 いじめ情報モラル
イズミの携帯にある日突然、いたずらメールが届く。仲のよいはずのミユが自分を嫌っているという。ショックで学校を休むイズミ。だがそれはかつての親友マキの仕業だった。

ページの先頭へ