前のページへ戻る

しりょう

「バンバンのにがてなこと」いじめ

イメージ

あらすじ

音楽の時間、ピロだけがうまく笛を吹けず、バンバンに笑われてしまう。ピロは傷つき、笛を沼に捨ててしまう。するとカッパが登場、誰にでも得意不得意があると教えてくれる。翌日の図工の時間、バンバンは変な絵を描いてしまい、みんなに笑われてしまう。そんなバンバンに優しい声をかけてくれたのは、なんとピロだった。

ねらい

自分の特徴に気付くこと。

教材