NHK土曜ドラマ 「TAROの塔」

岡本太郎生誕100年企画

 ― 太陽の塔 ― は、太郎の作品の象徴的な存在であり、あらゆる困難を乗り越え6000万を超える人々を熱狂に包み込んだ、1970年「大阪万博」のシンボルでもある。今もわたしたちを魅了してやまない「太陽の塔」に込めた、岡本太郎のメッセージとは何だったのか?
 ― 芸術の聖家族 ― と賛嘆された岡本家の人びと。太郎は、小説家・岡本かの子と漫画家・岡本一平の子として、芸術一家に生まれた。狂おしいまでに芸術を求める岡本家の魂は、若き日のパリ時代、戦争、戦後の日本を通じ、太郎をアバンギャルド芸術の道へと駆り立てて行く。それは、古い日本社会との戦いの連続であった。そして、生涯のパートナーであり、後に太郎の養女となる岡本敏子との出会い。
 このドラマでは、1967年〜70年の「太陽の塔」が出来るまでの万博の戦いを軸に、太郎、かの子、一平、敏子という「岡本家の人びと」の破天荒な人間模様を描いて行く。大正から昭和、戦争から高度経済成長、そしてパリと、時空を超え変化していくダイナミックな映像をベースに、伝説の芸術家・岡本太郎の全ぼうに、NHKが初めて挑む!

【放 送】 2011年2月26日(土曜日) 放送開始(連続4回)
【総合】毎週土曜日 午後9時00分から9時53分 / 【BShi】毎週金曜日 午後6時50分から7時43分

【脚 本】 大森寿美男

【音 楽】 `島邦明

【出 演】 松尾スズキ 常盤貴子 田辺誠一 濱田岳 山崎一 正名僕蔵 近藤公園
カンニング竹山 手塚 とおる 嶋田久作 松尾貴史 赤澤ムック 滝藤賢一
成宮寛貴 /西田敏行/ 平田満 余貴美子 中尾彬 小日向文世  寺島しのぶ ほか

【制作統括】 訓覇圭 出水有三