ドラマのみどころ

『バカボンのパパよりバカなパパ』とは?

「天才バカボン」「おそ松くん」「モーレツア太郎」など、数々のギャグ漫画の名作を世に出し、昭和のマンガ界に金字塔を打ちたてた赤塚不二夫が、この世を去って十年。
社会では典型的なダメな父親・赤塚不二夫が、何故、多くの人に愛され、慕われたのか。
彼の考える「家族」の在り方を描き、笑えて・笑えて・泣けるドラマをお届けします。

シーン写真

原作者のことば…赤塚りえ子

ギャグに命をかけた父・赤塚不二夫とその家族の話を本にしてから丸8年。今年、父が他界して10年という節目にドラマにしていただき光栄です。「バ~カ!」は我が家の最高の褒め言葉。ひとりひとりに笑う力があれば、どんなかたちの家族があってもいいのだ!
このドラマで、ひとりでも多くの方が笑って元気になっていただけたらうれしいです。

シーン写真

脚本家のことば…小松江里子

ギャグ漫画の天才、赤塚不二夫さん。
「天才バカボン」を始め、その作品は今でもリバイバルされ、みんなに愛され続けています。
ですが、一人の人間としての赤塚不二夫とは?
今回のドラマは、その人生と家族を描いた物語です。原作は、娘である赤塚りえ子さん。結婚、離婚、そして再婚。
二つの家族の一つ屋根の下のホームドラマです。赤塚マンガのキャラたちも楽し気にアニメで登場します。
「笑いは人を幸せにする。だから、この世で一番大事なんだ」
世界一のバカの天才を目指した人間の生き様を観ていただけたらと思います。

シーン写真

制作のことば…内藤愼介(NHKエンタープライズ)

「最後につじつまが合ってさえいれば、これでいいのだ!」

赤塚不二夫先生の漫画は、ギャグ漫画として面白いだけでなく、読み進むとそこには人間の持つ“やさしさ” “あたたかさ”がにじみ出てきます。それは、きっと現象でなく、人の本質が書かれているからだと思います。
多くの人が頂点を望んだ時代に、頂点より笑顔の輪の中にいたかった人・赤塚不二夫。そのことは、ドラマを通して出てくる「夕日の絵」に全ての秘密が隠されています。満州という地で終戦を迎え、その事実を原風景に人に笑われる世界一のバカを目指した赤塚不二夫は何を見て、何処を目指していたのか…。ドラマを通して、“バカ”と言う言葉が最高の褒め言葉であることを実感をして頂くと共に、みんなで、バカになりましょう。 シェー!!

シーン写真

制作のことば…佐藤啓(ADKアーツ)

バカボンのパパやママになれなかったフツーのオトナは、毎日、何かしら「これでいいのか?」と自問自答して生活しています。でも、「これでいいのだ!」と自分や家族を抱きしめたくなる瞬間は誰にでもあるのです。土曜日の夜、家族で楽しめるホームドラマ、赤塚不二夫のギャグが、生きるエネルギーを満タンにしてくれます。誰かが誰かを思いやりすぎ、やせ我慢しすぎの赤塚家。バカまっしぐらのセンセイに振り回される心優しき人々。自分のためなら生命も惜しくない(谷川俊太郎の名言)という天才、赤塚不二夫のように、一生懸命に生きることは、いつの時代もカッコイイのだ。

シーン写真

演出のことば…伊勢田雅也(NHKエンタープライズ)

各回の冒頭で松尾スズキさんが登場する「白雪」というお寿司屋さんは新宿区中井にあります。
ここは、赤塚不二夫さんが、タモリさん達と足しげく通った店で、話をうかがうと、赤塚さんはこういうところでも深く愛されていたということがよくわかります。そういう店が新宿には何件も残っています。
一話の冒頭で松尾さんが歩いて到着するバカボンのパパの像がある建物はフジオプロで、「白雪」の近く、新宿区にあります。
赤塚不二夫さんは新宿を愛したのです。六本木や銀座ではなく飲みに行くのも新宿でした。赤塚ワールドは新宿とともにあったのです。このドラマから新宿の空気を感じ取ることができたなら、このドラマは成功したといえるのかもしれません。

シーン写真

『バカボンのパパよりバカなパパ』放送予定・キャスト・スタッフ

【放送予定】2018年6月30日(土)スタート<全5回>
毎週土曜 総合
[第1回]よる7時30分から8時43分(73分)
[第2回から第5回]よる8時15分から8時43分(28分)
【出演】玉山鉄二 比嘉愛未 長谷川京子 森川葵 馬場徹 草笛光子 ほか
【原作】赤塚りえ子「バカボンのパパよりバカなパパ」
【脚本】小松江里子 幸修司
【音楽】大友良英 Sachiko M 江藤直子
【演出】伊勢田雅也(NHKエンタープライズ) 吉村昌晃(ADKアーツ)
【制作統括】内藤愼介(NHKエンタープライズ) 佐藤啓(ADKアーツ) 中村高志(NHK)
【プロデューサー】野村敏哉(ADKアーツ)

ご感想掲示板

【投稿データの読み込み中】
投稿件数が多い場合、表示までに時間がかかります。データが表示されない場合は、再読み込み・キャッシュの削除をお試しください。
掲示板を読む