止まらないEUへの難民流入
 ~フランスの港町は今~

  放送:9月20日(日)22:00~22:49
 再放送:9月28日(月)17:00~17:49

フランス北部の港町カレーに、3月下旬、巨大な難民キャンプが出現した。通称“ジャングル”。中東やアフリカから逃れてきた約3500人が、着のみ着のままで暮らしている。彼らが目指すのは、難民の“黄金郷”とよばれるイギリス。難民申請すれば、審査中は住居、医療、教育が無料で提供され、週7000円の生活費も支給される。海峡を渡るユーロトンネルを経てロンドンに向かう貨物列車に飛び乗り、密入国を企てる。英仏当局は取り締まりを強化しているが、焼け石に水となっている。ジャングル”の難民たちはどのような経緯でカレーにたどり着いたのか。なぜ、いま、急増しているのか。支援活動を続けるNGOを取材し、欧州が抱える難民問題の根深さを伝える。