岐路に立つシェール革命
 ~アメリカ テキサス州~

  放送:6月14日(日)22:00~22:49
 再放送:6月15日(月)17:00~17:49

世界のエネルギー地図を塗り替えると言われた「シェール革命」。主に地下数千メートルにある地層から石油や天然ガスを取り出す技術の確立は、アメリカ各地に新たな雇用と莫大な経済効果を呼び込んだ。しかし今、早くもシェール革命が岐路に立たされている。去年夏までは1バレル100ドルほどだった原油価格が半値近くまで急落。採掘コストが割高なシェールオイルを開発する企業の経営破たんが相次いでいるのだ。背後にあるのは、原油価格を低く抑えることでアメリカのシェールオイルに対抗しよういうOPEC=石油輸出国機構の思惑。シェール革命は一時のバブルで終わってしまうのか?命運を握る次のOPEC定例総会は6月上旬。シェールオイルの一大生産地テキサス州の開発企業、投資家、地元住民の今を見つめる。