マイアミ発ビジネス請負人
 〜キューバをねらう米国企業〜

  放送:5月24日(日)22:00~22:49
 再放送:5月25日(月)17:00~17:49

オバマ大統領による「米キューバ国交正常化」発表から4か月。50年以上の「断絶」から一転「歩み寄り」が始まった両国間を米国の各業界が「商機」と捉えている。米富裕層に人気のクルーズ船を運航する大手企業は新しい寄港地としてキューバを睨み、脆弱な通信インフラに目をつけた通信会社、都市開発やホテル建設を手がけてきたゼネコンがキューバ進出を密かに企てている。しかし、米国人(企業)は未だ自由なキューバ渡航が認められていないため、現地に詳しいキューバ系移民達を「仲介役(コンサルタント)」として雇い、キューバの最新情報を仕入れる。「仲介役」たちは、キューバ系移民なら乗り降りできる「マイアミ~ハバナ」直行便を使い、「キューバに押し寄せようとしている米資本の波」を手助けする。両国を行き交う仲介役を追いかけながら、「米企業が企むキューバ進出」と「激変する米玖の今」を見つめる。