漂流する韓国社会
 ~セウォル号沈没事故 遺族の8か月~

  放送:12月13日(土)22:00~22:49
 再放送:12月17日(水)17:00~17:49

4月16日、韓国南西部で起きた旅客船セウォル号の沈没事故。修学旅行中の高校生を含む数多くの乗客が取り残されたまま船が海に沈んでいく様子は社会に大きな衝撃を与え、国民の心に深い傷を残した。事故の後、遺族たちが一貫して求めてきたのが、徹底した真相の究明だ。しかし、その真相究明のあり方をめぐって世論は二分、韓国社会に大きな亀裂が生まれている。そうした中、高校生の遺族たちで作るグループは、自らの手で少しでも真実を明らかにしたいと、事故の目撃者や生存者などへの聞き取り調査や裁判の傍聴を続けてきた。子どもの死を無駄にしまいと孤独な闘いを続ける遺族たちの目を通して、沈没事故の余波に揺れる韓国の姿を見る。