中国の危険な食品 第1回 安全を求めて立ち上がった市民たち

  放送:11月 8日(土)22:00~22:49
 再放送:11月12日(水)17:00~17:49
再々放送:11月14日(金)20:00~20:49

今年7月、中国の食品会社「上海福喜」のずさんな食肉加工の実態が明らかになった。これまでもメラミン混入粉ミルク、肉赤身化剤、注水肉、ゴミ油と違法食品が相次ぎ、食への苦情は年間4万件にも上る。その中国に「金持ちは特別食。庶民は毒入りで我慢せよ。」という言葉がある・・・・・・値段の高い安全食品を買えない一般市民は、不安を抱きつつ危険な食品を食べているというのだ。ドキュメンタリーWAVEではこの食の安全の問題を2回に渡って取り上げる。第一回でスポットをあてるのは、立ち上がった市民NGO。市場での抜き打ち検査や、レストランへの衛生管理指導など、地道な活動を続けているが、利益最優先の前に思うような成果は上がっていない。番組は“貧富の格差が命の格差”を生み出している中国社会の食の現状を詳らかにしていく。