激増する不法入国の子供たち
 ~揺れ動く米国移民政策の陰で~

  放送:10月11日(土)22:00~22:49
 再放送:10月15日(水)17:00~17:49

アメリカとメキシコの国境地帯で異変が起きている。毎日数百人、年間5万人以上の“子供”たちがアメリカへ密入国しようと殺到しているのだ。貧困や治安悪化が深刻化するホンジュラスやグアテマラなどから、安全と仕事を求め国境を目指す子供たち。そこに拍車をかけたのが、一定の条件で不法移民の市民権も認めるという、オバマ大統領の寛容な移民政策だ。しかし、多くの子供たちが国境の川を渡る途中で命を落とし、米国側の町は収容施設も予算もパンク状態。市民の中には、不法入国者をすぐさま強制送還すべきだと主張する声も強い。11月に行われる中間選挙の最大の焦点の一つに浮上した移民問題。番組では、メキシコ側とアメリカ側の街の双方にカメラを据え、揺れ動くアメリカの移民政策に翻弄される人々を見つめる。