誰のための“愛国”か ~香港 紛糾する教育現場~

  放送:10月 5日(土)22:00~22:49
 再放送:10月 6日(日)19:00~19:49

香港が中国に返還されて16年。小学生の愛国心を育てることを目的とした《国民教育》導入をめぐり、親や教師の間で議論が巻き起こっている。「香港を愛するなら、中国を愛する気持ちを持つのは当たり前」という賛成派、「中国政府主導の“愛国教育”は香港の自治を損なう」という反対派。そんななか、官製の教科書でなく、独自の教材を使って子どもたちに「真に国を愛するとは何なのか」を考えさせ、“愛国教育”のあり方を模索する小学校も現れた。「一国二制度」という特殊な状況の中、揺れる教育現場に密着。香港人の揺れ動くアイデンティティーと、母国・中国との距離感を探り続ける人々の現状を描く。