‘ロシアマネー’が襲った島 ~キプロス危機の真実~

  放送: 8月24日(土)22:00~22:49
 再放送: 8月25日(日)13:00~13:49

今年、地中海の小国キプロスの金融危機が世界を揺るがした。EUは1兆3000億円の支援と引き換えに、前代未聞の預金への課税を決定。キプロス第二の銀行は封鎖、国民は今、高い失業率に苦しむ。危機の背景にあるのがロシアマネーの存在だ。タックスヘイブンで知られた島に巨額のロシアの資金が流入、銀行の資産はGDPの7倍にも膨れ上がった。銀行は、集めた金でギリシャ国債を大量に購入、マネーゲームに走った。しかしユーロ危機で国債が暴落、多額の損失を出したのだ。キプロスでは銀行経営陣の責任を追及する調査が始まった。番組ではバブルのつけに苦しむ人々を取材、キプロス危機の真相を描く。