中国 PM2.5と闘う

  放送: 8月 3日(土)22:00~22:49
 再放送: 8月 4日(日)14:00~14:49

中国で発生し、周辺国にも深刻な影響を及ぼしているPM2.5。大気中に浮遊する微粒子の中でも最も微少な物質で、肺や気管支に吸い込まれやすく人体への悪影響が大きい。北京市では呼吸器系の疾患が急増、日本でも国内105カ所でモニタリングしたところ、76カ所で人体に悪影響を及ぼす量のPM2.5が確認された。中国政府は、汚染源は企業の工場から出る排煙や屋台の煙だとし、厳しい取り締まりに乗り出した。閉鎖や営業停止が続出する一方で、労働者などが抵抗し、違法に営業を続けるところも後を絶たない。経営者たちの説得に回る北京市環境保護局チームやNGOの動きに密着し、豊かさを追い求めてきた結果もたらされた汚染の実態と、翻弄される市民の姿に迫る。