2012年11月放送分

スペイン危機を生きる ~住まいを求めて連帯する市民たち~

  放送: 11月10日(土)22:00~22:49
 再放送: 11月11日(日)12:00~12:49
再々放送: 11月16日(金)18:00~18:49

出口の見えない経済危機の中にあるスペインで、貧しい人々による空き家の不法占拠が激増している。占拠された空き家は、300棟、そこに住み着いた人々は1万を超えるという。その多くが、ユーロ導入で発生したバブルに飲み込まれた市民たちだ。彼らの多くが不況で失業状態、食料も町中のごみ箱から探す日々が続く。こうした中で、不法占拠した市民たちは連帯して銀行ローン支払いの猶予や帳消しなどの交渉を行い、生活を立て直そうと必死の努力を始めた。バルセロナの不法占拠アパートに生きる人々の日々を見つめる。

分断されるアメリカ ~激戦州フロリダの攻防~

  放送: 11月24日(土)22:00~22:49
 再放送: 11月30日(金)18:00~18:49

アメリカ史上初の黒人大統領となったバラク・オバマ。「Change(変革)」を合言葉に、熱狂的なアメリカ国民の期待を背負って、颯爽と登場してから、4年が経った。しかし、「人種の壁は超えた」という、就任当時の歓喜とは裏腹に、アメリカ社会は分断を深めている。オバマを敵視する、ティーパーティーは勢いを増し、支持基盤であるはずの黒人社会にも4年前の熱狂はない。勝利の鍵を握るのが「揺れる州(スイングステート)」と呼ばれる激戦州。なかでもフロリダは、29人もの選挙人を抱える最大の激戦地だ。同時に、様々な人種がコミュニティーを築き、年金生活者、移民、富裕層など幅広い人々が暮らす、アメリカ社会の縮図でもある。選挙戦の最中、分断が進むアメリカ社会の実像に迫る。