もっとNHKドキュメンタリー もっとNHKドキュメンタリー

猫も、杓子も。
ネコメンタリー 猫も、杓子(しゃくし)も。「養老センセイとまる」
みんなの
レビューは
こちら

ネコメンタリー 猫も、杓子(しゃくし)も。「養老センセイとまる」

  • 2017年3月26日(日) 午後11時00分(25分)
  • 2017年4月22日(土) 午後2時00分(25分)

みんなのレビュー

あなたが番組を見た感想は

0
面白かった
0
泣けた
0
癒やされた
0
発見が
あった
0
考えさ
せられた

(感想スタンプはどれか1個だけ押せます。)

どっちみちそんなに変わらない。
最後のひと言に全て詰まってると思った。

投稿者:てん

まると先生に癒やされました!まる、可愛過ぎます!!再放送&続編希望です。

投稿者:ゆっき

何気なくチャンネルを変えてて そこから…だったので とても 残念です。
次回からのは 番組名予約しましたが、是非 養老先生とまる のも 最初からしっかり観たいです。養老先生の違った面も 見られたように思え もっとファンになりました。

投稿者:マーヤ

何度でも見たい。静ひつで美しい番組でした。

投稿者:nicolla

途中からみてしまったので、再放送で再度見たい!
先生と猫まるちゃんの穏やかな日常を見れて癒やされました、、、
もう一度見たい!

投稿者:モコモコ

自然の中のまるが普通に生きているように見られ、自身の人生も普通で飾らずに生きていればいいのではと思われた。養老孟司先生の周囲の世界ががらりと変わった時の子供は変わらないものをみるとのお話しは納得がいった。

投稿者:高井 勝

まるの姿に癒やされ…
生き方も考えさせられました。
まるに会いたいなあ。

投稿者:ま◯

まるくん可愛かったです。
養老先生の話も良かったです。
自然にたくさんのものが同じように在るだけでも場所が違うだけで違ってくる、猫はみんな違う。
人間は同じものを求めたがる…
予告見たら不定期なんですね!毎週決まった時間にやってほしいです。

投稿者:みすけ

うちの近所に野良ねこが常時10匹くらいいます。死んだり生まれたり、テリトリーを変えたりして、人間の目に「いつも猫がどこかにいる」風景を見せています。
猫のこと、養老センセほどたくさんのことは思ってませんが、あいつはどこで何をしているかな、生きてるかな、死んじゃったかなぁ、生きててよかったね、また会おうねって、猫たちに対して思っている自分に気がつきました。

投稿者:みつみ

たまたまチャンネルを回したらやってました。見逃すところでした。猫単独ではなく、飼い主との関係がじんわりと伝わってきて、タイトル通り”ネコメンタリー”になっていますね。2回シリーズは短すぎなので、続編希望です。

投稿者:tamecat

途中から見てしまいましたが、まるさんの丸々どっしりしたスタイルに目がくぎづけになりました。養老先生の柔らかくも鋭いお話しと、まるさんとのやり取りは永遠に見ていたい癒やしの光景です。また、雨や水や光が、とても美しい映像で捕らえら れているのも心地よい番組でした。最初から見たかったので、再放送をお待ちしてます!

投稿者:高菜

ほのぼの
普段 犬派の私ですが
自由奔放なまるに
メロメロです!

投稿者:ウタマロ

日向ぼっこしている「まる」ちゃんに癒やされたしなぜか泣けてきました。ネコメンタリーだって(笑)。映像のコメントも養老先生のもので大好きな森山未來さんの朗読。私にとってこれ以上の至福のひとときはないかもです。

投稿者:うっさあ

猫は苦手だったけど、うらやましく思えてきた今日この頃です。

投稿者:まゆまゆ

養老孟司先生の言葉とまるの姿に、生きることの本質を教わりました。生き急いでいる現代の私たちにとっても、まるは“ものさし”のような存在だと思います。

投稿者:めんたい子

内容の深い番組でした。
チョット、光が見えました。

投稿者:雪ん子

映像の雰囲気、朗読の感じがすごい好みの番組でした。
途中から見たので、再放送希望。

投稿者:飛びたいとびうお

「これでいいんだ」って思える、すごくいい番組でした。養老先生の哲学的な話とマルちゃんの「別に‥」ってな顔が何ともバランスがとれていて、何度も笑わせてもらいました。いいな、いいな、マルちゃん大好きです。

投稿者:マルちゃんファン

うちに20歳になるまんまるという雄猫がいます。私にとってもまんまるの存在は、その時々生きる「ものさし」でした。疲れはてて心が歪みふっと目を上げるとそこに猫がいて、何かしら感じたり考えさせたり教えられたりしています。
これからのネコメタリーとても楽しみにしています。

投稿者:まんまる

音楽もあっていたし、最高のネコメンタリーでした。養老先生のお話も興味深く、もっと長くても良かったです。もちろん、まるちゃんが最高ですけれど。

投稿者:おかゆ

動物の嗅覚は、人の1万倍
違いをかぎ分ける為の能力。
グローバリゼーションを掲げる現代人、特に日本人のみんな同じってフレーズがココロに響きました。

投稿者:ゆういちろう

養老先生とまるちゃんの大ファンです。
たまたまつけたNHKで養老まるマニアがよだれをたらすようなステキな番組がやっていて、幸せな気分になれました。
ありがとうNHK

投稿者:ぽんぽこ

日本、世界で経済成長が叫ばれている中、これに様々な角度から考察や疑問の投げかけを行っていて、とても面白い企画だと思いました。出演者も豪華でこれぞNHKだと思います。早く続きがみたいです!

投稿者:ゆうたろう

何処をとっても写真集みたいなカメラワークであり癒やされっぱなしでした
自然とスコティッシュさんの組み合わせは初見でしたが、ほとんど毛玉状態で可愛いかったです!

養老センセイと同じくムシムシが大好きだよね~(^_^ゞ

投稿者:きいにゃんにゃん

すばらしい映像でした。
まるちゃんが、個性的で魅力的でした。
のびのびとした姿がよく撮れていました。

投稿者:Saymore

鎌倉の大自然の中で静かに営まれる生活の美しさ、静ひつさ。現代人が失ったものの余りに大きい事にがく然としたりして。
愛猫を通した養老先生の文明批評が柔らかくてやさしい。
グローバリゼーションとは無縁の“まる”という猫(動物)の存在。感覚で生きている動物にとっては日々が新たという。理屈でない生き方が幸不幸の分かれ道なのかも・・と
しさに富んだ心地よい番組でした!

投稿者:はる

まると養老先生との空気感に癒やされます。まるは「この世で起こることなんて、にゃんてことないよ」と背中で語っているようです。

投稿者:奈良ネコ
  • もの書く人はなにゆえに猫を愛す? 作家と猫の日常2回シリーズ
  • 初回は鎌倉で暮らす、養老孟司さんと13歳のオス猫「まる」
  • 養老さんは、まるの姿に何を見る? 猫と作家の不思議な関係

どんな番組?

もの書く人のかたわらには
いつも猫がいた

photo

解剖学者で作家の養老センセイと、
スコティッシュホールドの「まる」

photo

「これ独特の座り方でね。
あぐら、かいてます」

養老家では“どすこい座り”と
呼ばれている

photo

気ままな「まる」

photo

“やかましい理屈を言わなくても
 顔を見ていれば、それでいい”

photo

微笑ましくも愛おしい
猫と作家の物語

ネコメンタリー 猫も、杓子も。「養老孟司」
3月26日(日)午後11時00分放送
Eテレ

次回は3月30日(木)夜10時放送
直木賞作家 角田光代さんと
アメリカンショートヘアの「トト」が登場

番組スタッフから

性格も生活スタイルもまったく違う、2匹の猫が登場

──「猫と作家の生活を追いかける」というこの番組、どのように生まれたのでしょうか?
私個人は、特に「猫が好き!」というわけではないのですが……(笑)。周囲の猫好きの方を見て、犬好きとは少し違った独特の雰囲気があると思っていたんです。なので、猫そのものより「猫と暮らす人」って面白いな、と思ったのがきっかけです。

内容を詰めていくうちに、「もし作家さんに出演していただけるなら、猫について文章を書いてもらい、映像と文の両面から猫との生活を追いかけるのはどうだろう」という話になり、今回の企画が生まれました。

ですから、番組のために養老さんと角田さんが書き下ろしてくださった作品と、映像で追いかける猫との関係性の両方を楽しんでいただければと思います。

──番組には、どんな猫が登場するのですか?
26日は、養老さんと暮らすスコティッシュフォールドの「まる」(13歳オス)、30日は、角田さんと暮らすアメリカンショートヘアの「トト」(7歳メス)が登場します。偶然にも、住んでいる環境や性格が対照的な2匹なんです。続きは…NHK_PR 番組ページ 養老孟司、角田光代 猫と作家の生活を追ったドキュメンタリー

番組内容

ネコメンタリー 猫も、杓子(しゃくし)も。「養老センセイとまる」

文明評論に忙しい養老孟司さんと飼い猫のスコティッシュホールド、13歳になるオスの「まる」の暮らしの舞台は鎌倉。7キロの巨体、特技は通称“どすこい座り”。雑木林を、養老先生と仲良くお散歩?晴れの日もあれば雨の日も…。あれ?今日は雪だ。さて、まるはどうする?養老先生とまるの何気ない日常を見つめる。空前の現代の猫ブーム、養老先生はどう斬るか?鎌倉の自然の中お送りする、微笑ましくも愛おしい猫と作家の物語。

出演者ほか

【出演】東京大学医学部名誉教授…養老孟司,【朗読】森山未來,【語り】和久田麻由子

チャンネル

  • 2017年3月26日(日) 午後11時00分(25分)
  • 2017年4月22日(土) 午後2時00分(25分)

編集部のおすすめ