もっとNHKドキュメンタリー もっとNHKドキュメンタリー

有罪率99.9%に挑む “えん罪弁護士”
ブレイブ 勇敢なる者・アンコール「えん罪弁護士」
みんなの
レビューは
こちら

ブレイブ 勇敢なる者・アンコール「えん罪弁護士」

  • 2016年11月28日(月) 午後10時25分(50分)
  • 2016年12月20日(火) 午後10時25分(49分)
第54回 ギャラクシー賞/第50回 アメリカ国際フィルム・ビデオ祭 シルバー・スクリーン賞/第33回ATP賞テレビグランプリ ドキュメンタリー部門 奨励賞 受賞

みんなのレビュー

あなたが番組を見た感想は

0
面白かった
0
泣けた
0
癒やされた
0
発見が
あった
0
考えさ
せられた

(感想スタンプはどれか1個だけ押せます。)

再放送でまたみたい。

投稿者:み

生き方を考えさせられた。

投稿者:Sam

考えさせられ番組に見入ってしまい、何も出来ないけれど応援したい気持ちで一杯になりました。

投稿者:ひなママ

お母さんの優しさにホロリときました。きっと、このお母さんがいたから、絶望せずに、頑張れたんだな。

投稿者:松本典丈

夫と見入ってしまいました。深く考えさせられる内容でした。こういった弁護士さんがいて下さることで、まだまだ捨てた世の中じゃないなと勇気付けられました。

投稿者:とよ

是非再放送を!

投稿者:スカラムーシュ

真実を明かす事がビジネスモデルとして成り立たない…非常に考えさせられる番組でした。

投稿者:面白かった

今村先生のことはこの番組をみて初めて知りました。刑事事件を扱う弁護士、というのは今村先生もおっしゃっていたとおり「最初から弱気」な方ばかりと勝手に思っていたため、今村先生の存在を知り、とても勇気付けられた気がします。これからも身体に気をつけて頑張ってください。いい番組を見れたことに感謝します。

投稿者:ぽんた

すごく引き込まれる内容でしたし、いろいろ考えさせられました。途中から見たので再放送希望します!この番組は毎週ではなく不定期ですか?こういう番組こそ是非、毎週放送して頂きたいです。

投稿者:maki

すばらしい弁護士。と同時に裁判てなんなんだろうと考えさせられました。

投稿者:海賊王

生真面目な方。すばらしいと思います。

投稿者:たか

感動しました。当事者からは神のような存在。

投稿者:tea

とても面白かったです。再放送お願いします。もう一度ゆっくり見たいです。

投稿者:isa

すばらしい番組をありがとうございます。大変感動しました。この番組を作ってくださったスタッフの方に感謝です。

投稿者:ai

途中からしか見られなかったのですが、すぐに番組に引き込まれてしまいました!!とても興味深かったです。是非もう一度最初から見たいです。再放送して下さい!お願いしますm(__)m

投稿者:ぽん

非常に面白かった。

投稿者:すがどん

今村弁護士に感謝です。事実を明らかにする事がいかに大変かを思い知りました。

投稿者:カズ

真の弁護士ですね。この様な弁護士が増えて欲しいものです。

投稿者:スパルタ

もし父が痴漢で捕まったら…。そんな話題で家族と話した時、母は戦うと言った。私は有罪判決が怖いから、戦わずして示談金をいくらでも出すと言い、けんかになった。でも今なら、戦う事を恐れずえん罪を主張できる。それは条件として、核先生がいるならだけど。

投稿者:産休中の看護師

えん罪があるということは知っていたが、こんなにも有罪率が高いことは知らず、また今村弁護士の司法への絶望と苦悩を抱えながらも戦う姿に感動したと同時に、えん罪がまかり通る司法への不信がつのった。もうけられない弁護士だとしても、もうけ主義の弁護士ではなく、人に希望を与えてくれる今村氏のような弁護士が続いてくれることを切に願います。またえん罪防止の仕組みが必要だと思う。

投稿者:ひろごんまま

とてもとても良い番組でした。今村弁護士のような方をこれからも見つけて特集してください。

投稿者:まくら

大和魂。日本人が見習うべき昔でいう武士の鑑(かがみ)のような。俺も含め今生きている日本人の大半は老いも若きも志が低くて低くてかなしい。正義とは何かを知っていてもそれを貫けない弱さ。自らを磨き直したい。

投稿者:北角

すばらしく高尚な仕事をなさっていて、感動しました。どうにかしてえん罪弁護士として今後も活動できるよう、サポートできないか業界全体で検討すべきなのでは。

投稿者:イクラ

4月から社会人になる学生です。非常に感銘を受けました。ぜひ、再放送をしていただきたいと思います。

投稿者:みさき

何気なく映画、君の名は。を分析する番組からの流れで見ていたが、引き込まれた。心ばかりの寄付をしようと思った。

投稿者:Chankei

カッコ良かったです。人として尊敬できます。ついつい全て見てしまいました。

投稿者:ワイワイ

すさまじい執念での無罪判決獲得。最高に格好よかったです。自らを律するプロの意識に頭が下がります。断然再放送希望。

投稿者:マッキー

司法についてガッカリさせられた。の一言にガツンときました。えん罪がこんなにも多いのにそのほとんどが取り上げられる事がないのには考えさせられました。

投稿者:あい

今の世の中にこんなに正義のある弁護士が居るんだと感動しました。今の時代、検察庁は正義がなく、政治家に弱く庶民には強い正義がなさすぎる。弁護士も一部の方はTVに出てタレントみたいに軽い。やはり正義を貫いていただきたい。今村弁護士は手弁当で貧乏してでも信念を貫く男。感動しました。

投稿者:t-ゆき

私も弁護士をしており、刑事司法に対して日々憤りを感じていました。今村先生の情熱に触発され、仕事への意欲が沸きました。また、日本の刑事事件の報道は有罪前提であり、酷い判決が出ていることは社会に伝わっていないと思います。そのような中で、このような番組を作ってくださったスタッフの皆様に、ただただ感謝するばかりです。

投稿者:2年目弁護士

決して強い人間ではないかもしれない今村先生ですが、だからこそ弱者の頼もしい味方にふさわしいと言えるのだと思います。使命感に駆られ、自分の正義を貫こうと必死に刑事裁判に挑み続けるその生き様に感動しました。

投稿者:840

えん罪弁護士今村先生カッコよかったです!(≧∇≦)

投稿者:くるみわり

すごかった。自分は何回生まれ変わってもこういう生き方は出来ないだろうな。

投稿者:たこ

帰宅してたまたま見ました。久し振りに体が震えるほどの衝撃を受けました。すごい人がいるものです。えん罪の怖さを骨の髄から思い知る一方、それに勇敢に立ち向かう今村弁護士に心の底から感動を覚えました。是非、再放送をお願いします。

投稿者:Vector

本当の正義をみた。家族ともう一度見たい。幸せな気持ちになった。

投稿者:ぷりん

今村先生の静かな、でも奥底から感じる強さ、そして悲しみ、様々な想いを沢山感じることができ、涙が止まりませんでした。このような番組を制作して下さった。スタッフの方々、出演して下さった今村先生に心から感謝します。この番組を機会に、もっとえん罪事件について学びたいと思いました。本当にありがとうございました。

投稿者:けいこ

久々に感動しました。えん罪はテレビとかで知っていましたが、無罪を勝ち取るのがこんなに大変なこと、また、今村さんのような弁護人が居ることを知れて、大変興味深かったです。こういう人ほど日本の裁判に必要なのでは?

投稿者:ok

とても重みのある内容だった。今村弁護士のような方が居てくれることが世の中の真の正義につながるのだと思います。お身体に気をつけて、これからも頑張ってください。これからのNHKさんの放送内容も期待しております。

投稿者:おばきん

正しいコトをしたい。そういうと不器用と言われる社会。弁護士という仕事は何の為にあるのか?感動しました。今村氏を強く応援したいと思います。

投稿者:Ebi

まばたきを忘れるほど、釘付けになって見ていました。出ていらしたすべての方が、飾りのない言葉で、正直にお話されていたように思いました。

投稿者:るりたん

すばらしい内容だった。映画を見ているよう。

投稿者:こんぶ

途中から見たので是非始めから見たい。

投稿者:くろひげ

日本の刑事事件の現状を知り驚きました。無罪の人が自分で無罪を証明しなければいけないことは大変なことだと思います。過去の裁判や自身のことを語る今村先生の姿を見ていたら不意に涙があふれてきました。

投稿者:たまき

たまたま見ました。番組をみはじめたら、時間を忘れてトイレに行く時間すらもったいなく感じました。最近見た番組の中でダントツで面白かったです。今村先生の本も読みたくなりましたし、番組も今後続けてみたくなりました!

投稿者:春団治

放送前の番宣をみて、放送を楽しみにしていました。ただただ、すごかったです。たくさんの人に見て欲しい。見ていて苦しくなるほどの今村さんの生き方に、涙が出そうになりました。でも、今村さんはなるべくして弁護士になった方なのかなと思いました。自分にはとても真似できませんが、自分にとってなるべくしてなるような仕事ってなんだろうと思いました。

投稿者:にゃおみ

superman

投稿者:haru

とても勇気付けられました。そして安心もしました。今村先生、頑張って下さい。

投稿者:スカシタ カオ

報酬少なく誰もやりたくない弁護を正義感だけに価値を見つけまい進する姿がかっこいい、ますます頑張ってくださいませ!

投稿者:八代こういちろう

日本人で良かった!今、この時代に、こんなにすごい弁護士さんいるんだ!お母さんが、とってもすてき。全く反対のてっぺんになった弁護士さんは99、9%だろう!えん罪と言う言葉が、日本から無くなって欲しい!

投稿者:千代田のMasa

同年代の正義の弁護士さんの姿に打たれると同時に、司法の世界の不条理を知り驚きました。途中から番組を見たので最初から見たいです!!再放送、お願いします!!

投稿者:bgirl Momo

裁判って正しいジャッジをする所だと思っていたけど、現実は色々と問題があるのですね。でも先生の様な方がいらっしゃる事で何か救われた気がしました。

投稿者:まうちゃん

今村弁護士のように心ある弁護士が活動されているのを見ると、日本の司法もまだ捨てたものではないなと感じます。今後もますますのご活躍を!

投稿者:おさねこふ

私の生き方そのものですが、生活のため現実路線を選ぶことも数多くあります。自分を嫌になることもありますがわたくしを信じて生きている人も数多くいますので、ずるいこととはわかっていても生活出来る範囲で飲み込んだり、とことん追求したり、先生の生き方に最高の共感を覚えます。背広は40年着用しているものもあります。

投稿者:てるちゃん

今村先生の誇り高き志に感銘を受けました。ぜひ、二十歳前後の方に見ていただきたい。こんなに無骨で信念を持った人が居るのだと知って欲しい。

投稿者:てんびん

何が専門ですか?ときかれて答えづらいとおっしゃる今村弁護士のお姿に人間性と今のお立場の難しさを強く感じました。その部分だけとっても、ドキュメンタリーとしてすばらしい番組だと思いました。

投稿者:のり

もう一度、見たいです。

投稿者:ぺんぎん

えん罪は他人事ではない。いつ自分や家族が事件に巻き込まれ「犯人」にされてしまうか分からない。無実を晴らすには弁護士に頼るほかないのだ。弁護士の方に、ただただ頭が下がる思いだ。

投稿者:みっちゃん

綿密な取材に基づいた番組にさすがはNHKだと感動します。これからも一隅を照らす精神で社会の一隅で頑張っている人達をクローズアップ頂ける番組を期待します!

投稿者:いっちゃんの母

番組すごくよかったです。以前に松本潤さん主演で同じようなドラマを見ましたが、現実はもっと厳しく暗いことに気付かされました。司法は弱者を守るものであるはずなのに 現実は違うんですね…。番組を通してこういった現実を知ることができ、スタッフの皆さん、核さんに感謝したいと思います。核さんかっこよかったです!

投稿者:あっこ

まさにプロの仕事。妥協を許さない姿勢。揺るぎない信念。えん罪事件の現実を知るとともに自らの仕事に対する考え方を見直すいい機会になりました。

投稿者:むっくん

このような番組を放映することは大変意義深い。7時のニュースで流してもらいたい位だ。刑事事件で起訴された場合、有罪とされる確率は99.9%とのこと。これって、力の無い者に有無を言わせず嫌な役回りを押し付けるいじめそのものなんじゃないのか。こんなことが放置されていて良いのだろうか。いや、もちろん良いはずがない。

投稿者:しおしお

えん罪弁護士である今村さんの生き方に感激しました。えん罪弁護という仕事の壮絶さ、それを続ける今村さんの芯の強さが、とても心に響きました。えん罪弁護を続けるかたわらで、普通の弁護士であるという点で、自分の仕事に対する姿勢をも考えさせられるドキュメンタリーだったと思います。映像の作りもとても丁寧で良く、是非また見たいです。

投稿者:うさせん

すごく面白かったです。もう一度みたい!

投稿者:みかん

面白い。本当の正義の味方!なのになんでお金もらえないの?

投稿者:rsa

丹念に取材がなされていて、公的私的な面の両方からのアプローチがとても良かった。弁護士といえば、さっそうと法廷で闘って、高額報酬を得る、というイメージだったが、こういう、無罪を信じて、地をはうような真実の集積をしてくださる武骨で真摯な姿勢に心打たれた。

投稿者:あき

刑事裁判の有罪判決への異常な偏りに改めて恐ろしさを覚えた。それによって起きるえん罪に立ち向かえる弁護士がもっと増えるような環境が整ってえん罪が減るようになってほしい。CGが今までに見たことのないタイプで表現されていてよかった。

投稿者:ハーフタイム

信念を貫き、真実を明確にしようと、今村弁護士が立ち向かう勇敢な、シンプルな生き方、かっこよかったです。番組を見れて本当によかったです。

投稿者:シャチ

とても感動しました。えん罪弁護士がただ格好いいとか単純なものでなく、報酬がないこと、同僚の言葉などもリアルでした。それでも人生をかけて信念を貫き通す今村弁護士。すごいです。現代の偉人をみました。

投稿者:ともこ

すばらしい番組でした。制作者に敬意を表します。

投稿者:たまたま

カンドー的。今村核弁護士にカンパしたい。本気で。

投稿者:いのほま

私も、26歳の時に、営業で自由が丘近くを歩いていたら、突然、誤認逮捕され19日間拘留されました。最初はドッキリカメラかと思いました。個人が、不在証明とか真犯人捜しはできません。こういう誤認逮捕が起きるのはに、それに携わった警察官、検事に能力がないからだと思います。是非能力がある人がなっていただきたいと思います。今村弁護士様、おからだを大切にしてください。

投稿者:岡野義明

今村弁護士の生き様には深く感銘を受けた。同時にえん罪事件を扱うことが弁護士として経済的に成り立たないという司法制度のあり方そのものが、異常ともいえる有罪率99.9%の悪循環を生み出していると思った。

投稿者:テレキャス

日本の刑事裁判の現状にもびっくりしましたが、今村弁護士の父親との関係が語られていたくだりに一番興味を持ちました。現在の今村弁護士に至るまでのプロセスがよく理解できましたし、母親の言葉の一つ一つに愛情があふれていて感涙しました。経済面や人間関係に苦労しながらも弱者の味方になってしまう先生にとても好感を持ちました。理詰めで無罪を勝ち取る手法は圧巻でした。

投稿者:サト

「被害者の権利」はよく主張される。しかし、有罪率99.9%のなかで、えん罪がどれほどあるのかはあまり知らされていない。取り調べはTVのドラマが当たり前と思われているが、これは刑事訴訟法違反。自白中心の取り調べ、そのために長時間にわたる勾留。どのようにして、自白にいたるのかを考えさせられた。NHKの良心に期待します。

投稿者:小浜健児

容疑者とされてしまった人の大変さは想像以上で、彼等の無罪を勝ち取るために奔走することがどれだけ困難なことなのか、もちろん経済的なことも含めて初めて知れた。今村さんの冷静な眼の奥に人の心に寄り添う温かいものを感じた。眼差しにタイトル通りの勇敢さを感じた。誰かのための真実を求めて力強く見開く眼。彼のやっていること求めているもの、現状などの一部でも知れてよかった。

投稿者:wolf301

えん罪の怖さを改めて痛感し、また日本の司法・裁判制度の欠点も番組を通じて感じた。人を裁く立場の人間が、どのような視点・心構えを持つべきか、ある意味基本的・根底の部分を今村弁護士を通じて世の中・視聴者に問いかけた(一石を投じた)点に本番組の価値を感じた。また、今村弁護士の仕事振りは個人的に参考になった。

投稿者:goldtaro

大変興味深く見させていただきました。「えん罪事件」もしかしたら自分たちにも降りかかってしまうかもしれない罪なき罪に立ち向かっていく人もいるのだと。勇気づけられるとともに、このような方だけでは確かに組織は成り立っていかないだろうなと不思議な矛盾を覚えました。

投稿者:きままねこ

見た直後、なんと言葉にしたらよいか分からない、だから頭の中でもう一回リピートして楽しもうかな?就寝前、電車の中で。今言えるのは、すてきな映像をありがとう!

投稿者:ヤマタツ

思わず涙が流れました。今村弁護士のように真っ直ぐ生きていけたらどんなにいいか、と。弁護士ではありませんが、私は今ある士業を目指し実務を積んでいます。理想と現実のギャップに対する葛藤と、生活を成り立たせる術の間でもがく日々ですが、疑問と真正面から向き合い逃げずに行動することの尊さを今村弁護士に教わりました。同時に、えん罪が1つでも少なくなることを願っています。

投稿者:れん

今村さんの生き様というか、信念というか、番組についつい見入ってしまうほど心の中の何かをつかまれたような気分になった。自分は高校生で、将来法曹の世界は避けたいという気持ちがあったが、こんな立派な弁護士さんがいるんだから日本の司法も捨てたもんじゃないと感じ、司法関係の仕事に就くのもありだなと思えた。良いドキュメンタリーだった。

投稿者:長宗我部顕如

今村核先生の闘っている姿勢を見て私自身考えさせられました。どこか冷静に、また苦もんしながら、それでもこれしかないと言われる心持ちに学んだ気が致します。

投稿者:はやしかずや

偶然、子供達と見る事になり画面の再現VTRに釘付けになる。子供も電車通学で弁護人の様な状況になり得る可能性がないわけでもないからだ。どう考えても不条理な裁判官の判決に家族で自分なら諦めるや裁判官もいい加減な考えの人もいるとあきれる一方で、真剣に取り組んでくれる弁護士の存在に安どした。

投稿者:ヤッチ

偶然、引き込まれるように見ました。今村核という人物を通して、そして、関わった人物たちのインタビューを通して、引き込まれるように、自分の知らない、もしくは知ろうとしなかった現実を知りました。今村さんの生き方、考え、心情は、自分の価値観と人生観を揺さぶるものでした。ありがとうございました。

投稿者:もちごめ

弱者を助ける為に、利益を追わずに、一生懸命に弁護活動を続ける今村核弁護士の存在に驚きました。中学教諭の痴漢無罪判決に感動して、涙が出ました。本当の痴漢がいる一方、被害者の思い込みや故意に、無実の人が痴漢にされる可能性もあります。いろいろ考えさせられた番組でした。

投稿者:ジュリアン

生きるとは信じること。

投稿者:やっちゃん

とても良い番組だった。弁護士の仕事環境が少し垣間見えたからこそ、今村弁護士のすごさが理解できた。

投稿者:カタミネ

今の世の中にこのような正義感あふれる弁護士がおられることに驚がくというかびっくりしました。勇気を与えられました。まだまだ捨てたものでないと元気が湧きあがる番組で、今村核氏に声援を送ります。すばらしい男です。

投稿者:sokemuku

えん罪事件がこんなにも多いこと、経済的報酬が少ないため成り立たないこと等、深く考えさせられるすばらしい作品でした。誰でも当事者になる可能性があるのだから、もっと体制を整備しないといけないし、今村さんの様な方を支える方法を探したいと思いました。

投稿者:さき

司法界の深い問題点に終始ため息でした。救いが無いようなこのテーマに対する、今村弁護士の自分の利益を省みない正義感、知力、忍耐力、生き様、人間的魅力に最初から最後まで釘付けでした。弁護士ってかっこいいなぁ!まさに正義のヒーローだなぁ!と、心が震えました。もう一度見たいです。再放送熱烈に希望します。

投稿者:マイメッコ

「お父さんから良い所をいっぱい頂いたのね。」が、私の受けた納得の言葉です。それにしても、容疑者になると大変な事が良く分かった。科学的な判断を検察も弁護側も見習って欲しい。が、金がかかるので、えん罪保険?にでも加入しよかなぁ。

投稿者:正み

女性を大切にする日本では、男性裁判官の場合特に、痴漢事件のえん罪を晴らすのは難しいのだということが分かりました。これではまるで、裁判官が被害者の弁護人となっており、裁判の中立性は損なわれている実態が表面化していました。

投稿者:tobuzo

物すごい人物を見たような気がする。表面的には少しだけ勇気が湧いたけど、内心はもっと衝撃を受けていると思う。周りに勧めて、自分が何を感じたのかを確かめたい。

投稿者:カラシニコフ

今村核さん、かっこいい!!そして、チャーミング。司法に絶望していない、司法を諦めていないこのような弁護士がいることに感動しました。後に続く人が出てほしい。自分もできることをやっていかねばと思いました。

投稿者:アーシヤ

医者は間違えると罪になるのに裁判官が間違えても罪にならないのはどういう論理なのか。バカな人間の為に苦悩する多くの人間がいる。

投稿者:一介の

『あの事件、勝たなきゃ ― それが生き続ける理由』 グッとくる内容でした。反目していたお父さんが、後年、同じ弁護士となり、後のからトボトボ来る ― という所も良かったです。

投稿者:カンノ

興味深く見させて頂きました。私も過去に車対人の死亡事故の加害者で警察の傲慢な聴取にあったことがあります。なので、この放送で警察機関の聴取の悪しき所を正すことが増えることを願います。お金ではなく、自分の理念で行動しているこの弁護士の方には、本当に頭が下がります。論点ずれましたが、頑張って下さい。

投稿者:たか

自身に対し、怒りをもって自己犠牲を課し、誤認判断に正義をもって怒っておられる方と思います。破綻への道と言っておられる自身の自己犠牲が、正しい事実の立証によって昇華されて行かれるのでしょう‥お父上も認めておられた様子も映し出され、この生き方に、涙して見ました。感服。

投稿者:紀元

泣けるスタンプもですが(間違い)本当は一番考えさせられました。今村核先生の人柄の雰囲気、確かに取材は断ってしまうような印象が、そう見えてしまいました。しかしもう眠る準備なんかそっちのけで、無罪になるには相当な…。まさに全身全霊で今村先生のような弁護士は本当に居ないんじゃないかと、罪がない人が罪を受けさせられてしまう現実はあってはならないはずなのに…。

投稿者:mami

私の父も無実の罪を着せられ、現在上告中ですが、あらためて無罪判決の厳しさを知りました。そうまでして有罪率を高める意味とは一体何なんでしょうか?

投稿者:煙石真之

えん罪、とりわけ痴漢と言う犯罪の被告側に立たされてしまう可能性を考えると、とても他人事とは思えない。・・・と思ったと同時に、いざ当事者となってしまった場合、「えん罪弁護士」なるものは現実では経済活動としての職業としてはとても成り立たないとこの番組で知った時の絶望感・・・。

投稿者:ss

たまたま見た番組でしたが、感動しました。近年にない良質な内容でした。よく取り上げて下さいました。感謝します。もう一度きちんと見たいと思っています。

投稿者:のりちゃん

正義はここにあり!!裁判所に正義はない、あるのは無罪の人間ににいかに罪をきせるかのみ。本当にいたんだこんな弁護士の先生が、絶望でしかなかった司法の世界がこの先生で救われる。神々しいです。

投稿者:ファニー

初めてこういう投稿します。良い番組だった。今村さんの取り組む姿勢(生き方かも)は本当にすばらしく、人間性も魅力的だった。いつ自分の身に起こるかもしれないえん罪。どう今村さんを応援すれば良いのか知りたい。また、99.9%有罪のえん罪が起こりうる司法制度を変えるにはどうすれば良いのか深く考えさせられた。

投稿者:もくそんじ

戦慄すべき事実。1人の弁護士がこれだけ苦闘して勝ち取った無罪が少なくとも14件あるということは、一体どれだけのえん罪があり、どれだけのえん罪被害者が苦しんできたのか。それが極刑が下されかねない事件を含むことも考えれば、恐ろしい話だ。有罪率99.9%の日本の刑事司法を根本から問い直さなければならない。この現実に対し、司法関係者や法学者たちはいったい何をしているのか。

投稿者:カープファン

すばらしい作品だった。世の中には多少なりとも公正というものがあるんだと思えるすばらしい仕事であり、すばらしい仕事を紹介した作品であった。絶賛です。

投稿者:もの

チャンネルを変えた瞬間、これは、と思って思わず見入りました。今村弁護士の活動にこころ打たれ、丁寧な映像の作り方にも感銘を受けました。刑事裁判について、えん罪についてだけでなく、仕事とは、生きるとは、など様々なことを考えることができました。大変面白く良質な番組をありがとうございました。多くの人に見てもらいたいです。ぜひ再放送をお願いします。

投稿者:jjj

お母上や周囲の弁護士の方も含め、悩める人の姿を見るのはすがすがしく、このようなドキュメンタリー作製をますますお願いします。私は研究者の端くれですが、盛り上げる表面的な報道が多く、苦悩する姿を報道で見る機会はあまり記憶にありませんね。

投稿者:kk

今村氏と同年代の私。自分の生き方を問い直しました。すばらしい番組だと思います。覚悟を持っている人の生き様をまた見せてください。期待しています。

投稿者:rururu

日本の裁判は問題が多い。

投稿者:オヤジ

公平公正であるべき世界が、熱意ある弁護士や支援者によって成り立っていることが知れた。番組に出会えて良かった。

投稿者:ネコ

これぞ弁護士の「鏡」と言うべき。

投稿者:オサム

今の日本の司法にとても疑問を感じた。そして、今村氏の執拗な捜査に敬意を払う。こんな弁護士が珍しいというような日本の裁判の在り方に失望する。私利私欲を払拭し、99,9%の壁に挑む今村氏に頭が上がらない。

投稿者:ハシビロコウ

まるで法曹界のブラックジャックだと思いました。裕福な家庭に生まれたにも関わらず、適当な快楽人生を送ることをよしとしなかった。究極的な存在意義の追求を支えるのは孤高であり、それに耐えうる底知れぬ強さと厳しさを持った選ばれし方なのだと驚嘆しました。その偉業に随喜するばかりです。生まれて来て下さってありがとうございました。

投稿者:朴 美咲

まさに【リアルコロンボ】【リアル久生公平】!(逆の立場ですが)

投稿者:at

報酬よりも正義を追求する姿勢に共感しました。教育現場でタイムリーに裁判について教えている最中。教科書内での「えん罪」よりもこの番組を見せた方がえん罪の多さ、理不尽さを伝えることができると感じました。

投稿者:エンジェル

今村核さんの様な弁護士さんいませんよ。刑事弁護士が報われないと、皆んな民事ばかり扱う様になり、えん罪は無くならない。刑事弁護士がもっと報われる、司法になって欲しい。

投稿者:備後の好行爺

昨夜の放送が期待以上でした。

投稿者:梅

信念と使命感で弁護士の仕事を辛くても続ける姿に感動しました。

投稿者:Jami

友人から昨日の放送のことを聞き、いまHPで概略をかいま見ました。ぜひとも、再放送していただき拝見したいです。ヒューマニストとしての人間のあり方にとても関心があります。現実と理想のはざまで葛藤する人は、とても美しいと思います。その美しさと孤高の一端をぜひ画面を通じて改めて拝見したいです。

投稿者:tommy

世の中には、無実なのに痴漢扱いされ、それで人生が変わってしまった人がたくさんいる事に憤りを感じます。

投稿者:モリケン

まだまだ世の中すてたもんじゃない。

投稿者:マッツン

番組の途中から見始めたんですが、最後まで引き込まれるように見ました。他の弁護士さんの“経済的に苦しくて、続けられるのは独身だから”という言葉が印象に残りました。今の時代お金を稼ぐことでみんな精いっぱいなのに、それと99.9%という数字にもびっくりしました。

投稿者:さんけい

今村核弁護士の情熱、すごいと思いました。取り上げて頂きありがとうございました。無罪にできなかったえん罪事件について、その方の孤独を思ってかうっすらと涙を浮かべている姿に感銘を受けました。是非再放送お願いします。

投稿者:みかん

正義感と粘り、お母様に感動。裁判のむごさもわかり大変な勉強でした。佐々木ディレクターの取材力、構成力もさすがです。

投稿者:見坊

淡々と着実に証拠を積み上げて行く人を淡々と堅実な表現姿勢で語っていたのがすばらしい。ラストカットのカメラを見つめる弁護士の長回しは、なんの演技もエフェクトもないのに、この人の背後に焔(ほのお)が見えて涙が出た。

投稿者:長尾優進

腹立たしいのが先に立って言葉が後になります。この世の中は不条理なことがいっぱいあるのは分かっていますが、私が一番嫌なことはえん罪です。人間は過ちを犯すものです。その時にいかに勇気をもって正すかによって人の値がでるものと思っていますので、体裁(裁判長)、勘違い(被害者もどき)警察は訴えるならばもっと慎重に調べてからにして欲しいですね。

投稿者:おけいちゃん

刑事事件は、ほとんどが有罪といわれている。起訴するには、十分な証拠があるのだという建前なのかも、知れないが…。しかし、えん罪とされた事件の多いのも事実。裁判所も検察も、あやまりを認める姿勢が、もっとあってしかるべきだ。「疑わしきは罰せず」の原則を大事にしないと、警察強権国家になってしまう。そこに釘さす、良い番組でした。

投稿者:野島英夫

途中からでしたが、見だした瞬間から引き込まれていきました。赤裸々に語る弁護士と、それが包み隠さず表現されている内容に感銘を受けました。

投稿者:うっちー

ドラマの主人公になりそうな肩書きを持つ今村弁護士の等身大の姿を丹念に取材されていて、えん罪の事件の実情、刑事弁護の大変さなども伝わってきて、とても興味深いドキュメンタリーでした。また再放送してほしいです。

投稿者:コッスー

大変深くて面白かったです。えん罪に立ち向かう姿や手腕だけでなく、この先生のお人柄そのものも人間味があり先生の思いや生き様、ご家族特にお父様との逸話にも考えさせられ感じ入りました。と同時に日本におけるえん罪裁判や刑事事件の聴取立件過程等について大変考えさせられました。えん罪に対してもっと支援する形がないものか…。司法の力は人一人の人生を一変させてしまうほど重い故に。

投稿者:しろじろう

途中から何気なく見たが現在の司法の実態について、深く考えさせられた。番組のコンセプトもよかった。全部見たいです。

投稿者:市川芳子

私は死刑賛成派でした。しかし、この『ブレイブ 勇敢なる者「えん罪弁護士」』を見てからは死刑反対派になりました。

投稿者:ヒロエのサンタさん

弁護士や裁判の実態について、何も知らないかった。経済的な理由で、有罪が確定したえん罪事件がどれほど有るのか分からないが、考えると恐ろしくなる。

投稿者:shike

どんなささいな罪でも犯人とされたら逃れようのない日本という国、検察や司法が常に優位にたっている現状は、市民がいつどこで巻き込まれるかわからない恐怖を感じます。和歌山のヒ素入りカレー事件や、恵庭のOL殺人事件、などいまだに不可解なものが多いのはこうした背景があるように感じました。

投稿者:maipenlai

今村弁護士の涙が切なかった。同僚からの言葉の後のあの涙。今村弁護士がこの番組で変な誤解を受けない事を願う。

投稿者:まりま

見て良かったです。見逃していたら後悔したことでしょう。世の中の理不尽な出来事に立ち向かっていく方々を教えて下さい。今後のブレイブに期待しています。

投稿者:のたり

今村弁護士の生きざまに感銘しました。彼は弱きを助ける真の意味での弁護士でしょう。NHKにはこの日本の歪んだ刑事裁判の状況にメスを入れていただきたい。不幸なえん罪を無くすには、彼のような草の根活動とメディアの力が必要と感じました。

投稿者:グッチ

弁護士と言う職業は、無罪を勝ち取る職業ではなく、病気を治せない医者と一緒で、将来AIに置き換わるべき仕事なのかも知れないと感じました。そんな中で今村核弁護士は正義のために天職のために全てを投げ打っている本当の闘志であると感動しました!

投稿者:ゲホゲホ

すばらしかった!ーーーー

投稿者:こう

誰しもがなり得るえん罪の被害者。一見東大出の偏屈な今村氏ですが、敢えて引き受けて向かい合っている弁護士もいることを知り、感動しました。是非、再放送願います。

投稿者:まっさー

「裁判官も公務員だから」今村さんの同僚の弁護士が呟く姿に私も過去に似たようなおもいを持ったことを思い出しました。この国の公(おおやけ)の存在を問い直す時期にあると感じました。子供から高齢者まで今村さんのひとこと一言を自分のこととして受け止められたら、この番組は成功だと思う。

投稿者:hide

終始見入ってしまいました。今村弁護士という人間像は「弁護士」イコールおごりを持った人というイメージを払拭してくれました。すばらしい番組でした。

投稿者:どんぐり

正直今まで弁護士ってクソだと思っていました。でもこんなに正義に立ち向かう弁護士が世の中にいるのかと感動しました!今村弁護士!がんばって!!!

投稿者:こまちゃん

本当に頭がさがります。このような方がおられる限り司法を信じてみようかなと思われます。

投稿者:ちびのすけ

うれしかった。弁護士という職業につく人にこのような方がいたということに驚いています。結局は金もうけ優先に、なってしまう今日に、何故?…とともに、まだ捨てたもんじゃ無いな、この世は…って感じなのです。

投稿者:tommy

今村核さんのその華々しい実績からは全く想像できない人柄に見事に引き込まれました。随分昔ですが知人が痴漢えん罪で長期間拘留された事を思い出しました。経済的に成り立たないゆえ弁護士が注力せずえん罪で人生台無しになってる方がどれだけいるのかと憤りも感じました。

投稿者:ケンケン

信念が感じられてよかった。えん罪であった場合の弁護費用が国から多く支払われるべきではないかと思う。

投稿者:ドキュメント

非常に面白かったです。放送時間が遅かったので、弁護士を志す小学校6年生の息子にみせることが出来ませんでした。是非再放送をお願いします。

投稿者:変化はチャンス!

知人が迷惑防止条例違反のえん罪で捕まったことがあり、えん罪の怖さを身近に感じている。司法と警察に幻滅し、こんな弁護士さんがいるのかと驚き感心したのと同時に、こんな貴重な人が事務所内での居心地はかならずしもよく無く、経済的には困窮してしまうという現実…。救われたのはお母さんの言葉。必見のドキュメンタリー。

投稿者:キャラメルマキアート

今まで、裁判とは裁判官が証拠や被告人の供実に基づき公正に審理されるものだと思っていました。この番組を拝見して自分の身にも、いつえん罪が降りかかってくるか不安になりました。日ごろから、自分の生活態度を顧みたいと思いました

投稿者:ソフィア

刑事裁判制度を縦糸に、父子の物語を横糸に、すばらしい番組を紡いだものだと感心しました。

投稿者:Daisuke Kita

今村核弁護士へ応援の方法がないかと思いました。著書「冤罪弁護士」「冤罪と裁判」を早速に購入しました。応援サポータの神対応がたくさん有りますように祈ります。

投稿者:さかなちゃん

面白いという表現でいいのかわからないのですが、面白くすばらしい番組でした。ここ数年でみた番組で一番印象的でした。人知れず、誰かのために頑張っている弁護士さんすてきでした。孤独があったからこそ、いまの自分があるというのも共感いたしました。

投稿者:あゆみ

通勤電車で痴漢にあったことがあります。横に座っていた人だったので誰が悪いのか判っているにもかかわらず怖くて声をあげる勇気もありませんでした。被害者はこんな恐怖から犯人を挙げて安心したいのかもしれません。番組を見て、だからこそえん罪は絶対あってはいけないと思いました。弁護士の方の人間味のあるお話に胸がうたれました。

投稿者:梅森

すごい番組を見ました。眼光鋭く、簡単に近寄らせない雰囲気をもつ弁護士さん。でも、刑事事件は99.9%が有罪という中で14件無罪を勝ち取ったという人。他の弁護士さんがあり得ないとみんなが言う。その信念、喪失感をずっと持ち続けてきたことが、弱い人に共感できるのではないかと分析した。私はその言葉を聴いた時、人に寄り添う時の信念というものを見た気がした。

投稿者:yukamao

労使の紛争でお世話になった弁護士事務所さんでした。今村核先生とは全く面識はないですが、事務所さん発行誌で読ませて頂いてました。心に響きました。財政面で厳しいようですが、少しでも力になれればと思いました。

投稿者:とも

夫が見ており、私は台所を片づけながら見るとはなしに見てました。そのうち座り込んで前のめりになって見ていました。最初の方、ちゃんと見ていません。ぜひ、再放送をお願いします。

投稿者:マウント籠の登

刑事事件の有罪率が99.9%というなかで、えん罪が作られている。それに対し、今村弁護士は14件もの無実を勝ち取っている。火事の事件での有罪の検察の論拠を崩していく過程は痛快だった。推理小説以上の「謎解き」の面白さだった。報酬が少ない中で格闘されている今村弁護士を応援していきたいと思います。

投稿者:マッスイ

社会的正義感を持ち続ける弁護士生活に感謝させていただきます。同僚に 所属事務所に守られ 正義の人生に これからも 苦しみの中にも 常に喜びを作りながら 愉快な人生を生き行かれますように お母様を大切に。

投稿者:微笑み

無罪を立証することがどれほど難しいかという事に驚き、そして今村さんの人となりに強く惹きつけられました。自分の都合ではなく物事にとって何が良いかという視点で行動する。私も常々そうありたいと思っていますが、誠実に理想を貫くことは簡単なことではないと思います。今村さんの生き方を知ってすがすがしい気持ちになり、そして勇気をもらいました。

投稿者:ふみくま

弁護士費用他の資金の問題について少し考えてみた。可能か不明だが、案件ごとにクラウドファンディングで資金を募るのはどうだろう?…

投稿者:もくそんじ

今村核さんと、お母様がすばらしい人だった。すばらしい人ではあるが、経済的にこんな苦労していて悔しい気持ちでいっぱいだ。今村核さんを助ける事ができる勇気ある人が沢山出てきてくれるのを期待する。

投稿者:りゅうき

自分が生きる価値がえん罪弁護士という言葉に強い感動を覚えました。弁護士になるのは、収入、地位、アプローズなど甘い考えばかりを想像していましたが、そこに見たのは、生き様でした。司法が信用できなくなったら生きている意味がない。といいきる核に、日本の刑事裁判の問題点を感じずにはいられませんでした。やはり、もっとこういう弁護士が必要です。

投稿者:mi-cyan

テレビでこんなに感動して考えさせられたのは久しぶりです。もっと多くの人に見てもらいたい。日本の裁判の現状を知って欲しい。今村核さんというすばらしい弁護士さんの存在を知って欲しい。強く再放送を希望します!

投稿者:an

偶然チャンネルを合わせて、そのまま食い入るように最後までみました。知らなかったことがたくさんありました。「面白い」というより「考えさせられた」感じです。最後のシーンの今村弁護士が“かわいかった”!佐々木ディレクターありがとう!

投稿者:ブースカ

司法に関して問題点の一端を知ることができました。今村弁護士の言動を通じて、職業の意味やプロフェッショナリズムについても考えさせられました。対価が必ずしも金銭ではないことに、どのような意義を見出すのか、「人助け」や「使命感」というような言葉では収れんされない「尊さ」のようなものを感じます。

投稿者:阿部祥英

是非子どもにも見せたいです。そして、沢山の人たちに見てもらいたいです。再放送を希望します。

投稿者:かず

人としての生き様を考えさせられた。

投稿者:tedde

涙しました。カッコイイ人生ですね。

投稿者:てつ

99.9%という驚くような有罪判決確率。えん罪をはらすためには今村弁護士のような自己犠牲の上に成り立つ社会の中で自分が生きてきたこと、また、それについて今まで知らなかったことに大きな衝撃と軽い失望を覚えました。

投稿者:hi64

すばらしい内容でした。引き込まれました。信念のために闘いたいと願いつつも経済的な面で思いを果たしきれない同胞にとって、まぶしい生き方だと感じました。

投稿者:弁護士の子

孤高の弁護士、今村核さん。その仕事ぶりと生き様に、頭を垂れる思いです。自分も弱音を吐いている場合ではない、前を向いて胸を張って人生を生きていかなければ!と感じました。自分が孤独だったから、被疑者の気持ちがわかると静かに涙を流す姿に胸が詰まりました。お母様の愛情あふれる言葉に救われました。なんてすてきなお母さんでしょう!あと、カンパがとても重要ですね。

投稿者:うすこ

夫と一緒に見たいので是非再放送をお願いします。

投稿者:ちゃんれい

息子が えん罪(殺人事件)二審(控訴審)を闘っている真っ最中です。自白もなし、物証もない中、起訴されてすでに4年もの月日が経過してしまいました。有罪率99.9%という恐ろしい現実がここにもあります。ずっと無実を訴え続けてもその声は裁判官には届きません。犯してもいない罪に屈することは出来ないと弁護団・支援者の方と頑張っています。

投稿者:ロビンママ

このように生きることができるのかと、目を見張りました。再放送おねがいします。

投稿者:道

何気なく見た番組でしたが、感動で胸がいっぱいになりました。すばらしい番組です!再放送を望みます。今村先生を応援したいです。

投稿者:たかこ

『あの事件、勝たなきゃ ― それが生き続ける理由』 グッとくる内容でした。反目していたお父さんが、後年、同じ弁護士となり、後の方からトボトボ来る ― という所も良かったです。検察による『フレームアップ(でっち上げ)』というのも、大逆事件以降、現在もあるのが事実です。『検察』の在り方そのものが、問われるべきだと思います。

投稿者:カンノ

感動しました。すばらしい人を紹介してもらいました。バスの痴漢えん罪事件の行方をハラハラしながら見守っていましたが司法に絶望するところでした。社会の一番弱い人々のために闘う人を、これからも取り上げて下さい。

投稿者:山口ゆり子

欧米のドキュメンタリー風、あるいは映画のような映像。演出、構成もすばらしい。オンデマンドで再度見ました。視聴料がお得に感じる作品でした。

投稿者:Kazuyuki

弁護士志望の娘に是非みせたいです。再放送をお願いいたします。

投稿者:たまこ

途中からでしたが、食い入るように見てしまいました。裁判官の判決によって被告人である人の人生が決まってしまう。弁護士にフォーカスされた番組でありながら、裁判官の職務の重さを痛感しました。

投稿者:あっちゃん

外見でかっこつける人と違い、人間としての本当のかっこいい人を見た。「プロフェッショナル 仕事の流儀」よりも、こちらの番組の方が変な演出が無くて良い。

投稿者:TWOネコ

本当の弱者の味方だと思った!こんな人が困窮するのはおかしい!(社会のシステム)今村先生のような正義の人を援助する仕組みが必要だと感じた!NHKさんお願いです。今村弁護士への支援専用口座を開設してください。そしてそれをまた番組のどこかで紹介してください。継続的な支援をしましょう!

投稿者:ミツノリ

たまたまつけたらやっていて、引き込まれて最後まで見てしまった。とて考えさせられる内容。司法に、弁護に人生を捧げている。最後の方で本人の柔らかい笑顔が出てほっとした。いい番組でした!

投稿者:なるたん

再放送お願いします。放火のえん罪裁判3年半がかりで6万の報酬…えん罪を一緒に戦ってくれる弁護士さんに、もっとなんとか出来ないものか。異常と言わしめる司法の現状とすばらしい弁護士さんがいることを知れてよかった。もっと沢山の人に知ってほしい。

投稿者:すー

番組途中からしか見れませんでした。是非とも子供への教育に活用させていただきたいので、再放送して下さい。

投稿者:あらし

えん罪であることを客観的手法を用いて立証していく姿に感心させられましたし、胸を打たれました。経済的に採算が取れなくとも奮闘される今村弁護士と同僚の方の話を交え、社会に一石を投じる珠玉のドキュメンタリー番組だったと思いました。考えさせられました。

投稿者:さわとも

数年前にえん罪で 数十年間ものあいだ刑に服した方のニュースを見た事があります。出所した時はもう老人です。一体この人の人生は?と考えます。今村弁護士さんはまだお若いですからこれからも真実を探っていただきたいと思います。

投稿者:銀ママ

今村弁護士の取組みもすごいが、いかにえん罪を晴らすことが大変なことなのか、刑事裁判の病理、ということもよく分かる内容であったと思います。再放送によって、一人でも多くの人がこの番組を視聴することが大切だと思います。

投稿者:inue

司法の信頼が失われることが無いように、警察や検察はしっかり捜査を尽くしてほしいと強く思いました。捜査を尽くしていないからえん罪が起きる。核弁護士が考えて立証しようとした視点は素人でも考えられることばかりだと思いました。本当ならこんな苦労をしなくてすむはずです。現実を知って驚き、そしてこの番組はすごいと思いました。

投稿者:きみちゃん

有罪率99.9%という恐ろしくも不条理な裁判のもとで犯罪者にさせられた人たちがたくさんいる。被告は社会的弱者が多く、刑事裁判は弁護士にとっても労力を費やすばかりでしょう。そんな中で弱者によりそい、損益を無視して無罪を勝ち取るのが生き甲斐とつぶやく今村弁護士の姿に涙が止まらなかった。

投稿者:あじさい

刑事事件の有罪判決が、99.9%という中でえん罪無罪を勝ち取る労苦には頭が下がります。その0.1%の確率の中、被疑者・被告人に寄り添いえん罪事件の無罪を14件も勝ち取った今村核弁護士の熱意・情熱はスゴイの一言です。

投稿者:tyuさん

多くの人に現実を知って欲しい。

投稿者:くらうでいあ

ぜひ再放送をお願いします!

投稿者:ヤマト

正しいことを正しい、間違いを間違いと言えない、長いものに巻かれる日本の社会で、信念を貫く今村弁護士。決して変わり者ではなく、幸せで充実した生き方をされていると思いました。また、言葉の端々に、ご自身が孤独な経験をされたからこその優しさを感じ、人間味あふれる方に思えました。真面目に生きる人々の人権を守る最後のとりでです。

投稿者:マリア

すごく興味深い番組でした。裁判で無罪を勝ち取るためにがんばる弁護士、今村核さんの生きざまが、すごく格好よかったです。また、このような方に密着して番組を作ったNHKのスタッフもすごいなと。私も頑張ります。ありがとうございました。

投稿者:山ちゃん

孤独な人生もいいなと思いました。

投稿者:Emiko

こんな勇者がいたとは。知らぬ間にテレビに近寄り正座して見ていました。先生のこれからのご活躍とNHKのすばらしいドキュメンタリーを沢山見られるよう願っています。

投稿者:カウチ芋っこ

カンパを募らねば成り立たない稼業、その上でえん罪被害者の為に全力を尽くす姿勢。いばらの道と知って尚信念を貫く高潔さと執念に題通りの勇者の姿が見え、視聴後には勇気付けられる、そんな番組でした。これからも彼のような報われるべき人々をそっと応援するような、そんな番組であってほしいです。

投稿者:NN

こんな番組は多分NHKにしか出来ないと思う。本当に良かった。

投稿者:クニオ

タイトルで、ただバンバンとえん罪を勝ち取っていくヒーローのような弁護士の姿を勝手に想像していたら、その苦悩や憤り、時に無力感に襲われている、すごいけど 、共感できるところも多い現代のヒーローでした。

投稿者:ぶち

こうやって無罪を勝ち取った!という美談だけでなく、なかなか勝てない、稼げないという苦悩もきちんと取り上げたことで、他の番組にはない深みがあったと思います。日本の刑事司法の問題点を知ってほしいと出演を了承した今村さんの思いに応えるためにも、何度でも再放送され広く視聴されることを期待します。

投稿者:Fripper

もう一度見たい。見られなかった人にも見て欲しい。

投稿者:ルナ

日本の司法制度について考えさせられました。今村弁護士、応援しています!途中から見たので、ぜひ再放送してください。

投稿者:momo

番組開始1分後、たまたま見たこの番組。すぐにチャンネルを変えようと思っていたのですが、番組終了までTVの前を動けませんでした。その日から、今村先生の姿が私の頭から離れません。何かお役に立ちたい、けど、我々一般市民は、何ができるのでしょうか。えん罪がまかり通る世の中を、このまま放置しておきたくない。

投稿者:ゆうなぎ

がく然とした。言葉に出来ない。

投稿者:q

番組の中で助けを求めて来る人に寄り添えるのは自分が孤独だったから、孤独を知っているから、ということを仰しゃっていて深く考えさせられました。本当の意味で道を極める人は、他の人が出来ない苦難や孤独を味わってそれをバネに正義に立ち向かう人なんだ、と思いました。畏敬の念しかありません。

投稿者:エルモ

とても感動しました!是非多くの人に見て欲しいので、再放送お願いします。

投稿者:こば

再放送をお願いします!中学生の娘と共に視聴して、感動を共有したい。

投稿者:ハム

軽い気持ちで拝見していましたが、目が離せなくなり、最後まで見入ってしまいました。再放送していただけないですかね。家族と見たいです。

投稿者:よしくん

日本の有罪率が日本の警察の捜査能力の高さから由来するものでは無いと言う事を再認識した。
非常に興味をそそられた内容であったので、今村核先生の著書を読み、更に理解に努めたいと思った。
是非とも再放送をお願いしたい。

投稿者:yukichi

今村弁護士にはただただ頭が下がります。生まれて来てくださりありがとうございます。大変勇気をいただきました。この番組を見てから、自分の今後の生き方を考えるようになりました。

投稿者:ユキツバキ

途中から、見たためどうしても再放送で最初から見たい。
志の高い人、本物の弁護士です。
本当に希望がもてました。

投稿者:リマキタ

偶然見ました。こんなすごい人がいるなんて、再放映してより多くの人に見てほしい。感動をありがとう。皆さん、今村弁護士にカンパを。

投稿者:わか

えん罪弁護士 再放送を望む!!

投稿者:ファン

化学的立証に基づいた検証による無罪がもっと日本で広がって欲しい。金銭面の問題もあるけれど、そもそもその手法や知識や研究機関の協力など実績が積まれていないゲンジョウ、があるのではないか?米国などではもっとこのような無罪勝ち取りがあるのではないか?

投稿者:れな

とても感動しました。
今村弁護士の生き方に感動したと同時に、刑事裁判の有罪率の現実に驚きました。
この、数字はこのままで良いものなのでしょう?素人の私にはよくわからないので、その点をテーマに掘り下げた番組を是非放送して下さい。

投稿者:タキアヤ

あなたのようになりたいです。次の日、いつも以上にしごと頑張れました。

投稿者:なおこ

とても中身が濃く、考えさせられる、見入ってしまう番組でした。

投稿者:おそら

とある弁護士さんが今村先生のことを、「天才」と言っていました。私は番組を見て、天才というより、「努力を惜しまない人」だと感じました。再放送希望します。

投稿者:ゆず

正義のために戦うのは、金もかかるし自分の生活犠牲にしなければいけないし、本当に割に合わないという現実。きれいごとじゃないところがすごくよかった。今村弁護士は自分のこと孤独だって言ってたけど、最後のお母さんとの件はほほえましかった。

投稿者:まさこ

もちろんすごい弁護士ですね。こんな弁護士がいてくれて本当によかったなーと思いましたが、有罪率99.9%, 恐ろしい数字です。
裁判官はもっと社会を知るべきです。

投稿者:チャッピー

テレビを消して寝ようとしたところ偶然目に留まり、途中からですが拝見しました。
本当に考えさせられる内容で、見終わって録画しなかったことを後悔しました。もし再放送をしていただけたら家族にも見せて、えん罪について一緒に考えたいと思いました。

投稿者:にいな

すばらしかったです。
裁判の科学的実証化を通じて今村弁護士の生き方を写し出すのは製作陣の凄(すご)さだと思います。これからも良質のドキュメンタリーを作ってください。

投稿者:まちお

ぜひとももう一度見たい。再放送おねがいします

投稿者:Tedde

本当の勇敢なヒーロー。その雰囲気や人間的な凄(すご)みに魅了されました。ある裁判の判決に対する一言が格好良すぎる。しびれました。私は普通の会社員ですが、こういう人もいるんだと感動しました。

投稿者:シンクタンクPP

非常に興味深い内容だった。
日本の裁判の実情がこのようなものだとは、まったく知らなかった。
今村先生は、一見とっつきにくそうな方だが、何とも魅力的な人物である。こんな人の下で働きたいと思った。
番組の冒頭を見逃したので、是非再放送をお願いしたい。

投稿者:kunu

真実が優先される、法の執行であってほしい。
そんな思いが伝わってくる。

投稿者:公生

今村さんと同世代の主婦です。狭山事件のえん罪映画『見えない手錠をはずすまで』を見ました。息子の中学の数学教師が痴漢容疑で辞職された事もみてきました。何が真実なのか?人の生が台無しにされてしまう司法の罠。カンパは何処にすれば有効利用されるか?今、自分にできる事を調べています。

投稿者:みどり

感動しました!私は若いころ法律事務所で働いていたせいかもしれませんが涙がとまりませんでした。
ぜひ、再放送を、お願いします!

投稿者:kajika

番組スタッフから

「有罪率99.9%」と言われる日本の刑事裁判。「無罪」判決は、千件に一件、あるかどうか。その中で、「14件」もの無罪判決を勝ち取った異色の凄腕弁護士がいる――。
そんな話を耳にし、約一年前に初めて“えん罪弁護士”今村核さんに会いました。TVドラマなどで見る敏腕弁護士と言えば、「パリッとしたスーツを身に纏い弁舌あざやかに語る人」というイメージです。あるいは、「正義のために闘う人権派弁護士なら、自身の主張を堂々と、朗々と語るような人物だろうか」、そんな想像を巡らしながら会いに行きました。
しかし、実際にお会いした今村先生は、そうした弁護士像とはかけ離れた人でした。まず、初対面の私に対し、あまり目を合わせてくれない……。ボソボソと小さな声で訥々と語る。口数は少なく、性格はとってもシャイ。「無罪14件」という驚異的な実績とギャップのある今村先生の人柄に、しばし戸惑いました。しかし、程なくして私は強い興味を抱いていました。

「……今村核とは一体、何者なのか?」

浮き世離れした雰囲気を漂わせ、心の奥底に何かを抱えているような佇まいに不思議と惹かれていました。そして、『ブレイブ 勇敢なる者』の第二弾として弁護士・今村核の歩みと彼の内面に迫る企画を考え、取材を了承していただきました。その後、複数の関係者から「よく彼がこういう番組に出ることを承知したねぇ」と声をかけられました。撮影終盤になって、今村先生は「番組を見てくれることで20万人でも、30万人でも、えん罪事件に関心を持つ人が増えるなら、大きな変化なので…」と静かに語っていました。

刑事裁判の原則は、「疑わしきは罰せず」です。しかし、現実は甘くないと今村先生は言います。
「本来、被告人に立証責任は無い。でも、弁護側が“無実の立証”までしないと日本の刑事裁判では、まず勝てない。客観的、且つ科学的な視点で『これでもか、これでもか』と最大限立証して、『これなら文句は言えないだろう』というところまで持って行くのが私の理想です」
そう語った後、溜め息をつきながら、本音も…。
「でも、本当は被告人や弁護人にそこまでやる義務なんて無いんですよ。それは、過重な負担なんです。でも、それが(日本の刑事裁判の)現実ですから。仕方なくやっているんです」
全身全霊をかけて取り組まなければ、無罪はとれない。しかし、勝てる見込みは限りなく低く、弁護報酬もごく僅か…。取材を進めるうち、「有罪率99.9%」に挑む今村核という弁護士が、どれほど特異な存在であるかが身に染みてわかりました。
刑事弁護に身を捧げるその姿を見ていて、ふとこんな言葉が頭に浮かびました。

「行くも地獄。去るも地獄」

経済的には成り立たない「えん罪弁護」の世界。一方で、その道に足を踏み入れた者として、現実に目を背け、そこから逃げることは、司法に対して諦めることになってしまう……。
今回の取材中、何度となく同じ質問を今村先生に投げかけました。

「それでも、なぜ、えん罪弁護を続けるのですか?」

番組で語られる今村先生の言葉に、一人でも多くの方が耳を傾けてくださることを願っています。

(番組ディレクター:佐々木 健一(NHKエデュケーショナル))

番組内容

ブレイブ 勇敢なる者・アンコール「えん罪弁護士」

「無罪」獲得「14件」。その実績に他の弁護士は「異常な数字」「ありえない」と舌を巻く。“えん罪弁護士”の異名を持つ今村核(いまむら・かく)は、有罪率99.9%と言われる日本の刑事裁判で20年以上も闘ってきた。過去に取り組んだ放火事件や痴漢事件では、通常裁判の何倍もの労力をかけて科学的事実を立証し、矛盾や盲点、新事実の発見からえん罪被害者を救った。自身の苦悩を乗り越え、苦難の道を歩み続ける男に迫る。

出演者ほか

【出演】弁護士…今村核,【語り】本田貴子,【声】相沢まさき,若林正,桐井大介,中野慎太郎,中尾衣里,下山吉光

チャンネル

  • 2016年11月28日(月) 午後10時25分(50分)
  • 2016年12月20日(火) 午後10時25分(49分)

編集部のおすすめ