もっとNHKドキュメンタリー もっとNHKドキュメンタリー

NHKスペシャル「私を襲った津波~その時 何が起きたのか~」

NHKスペシャル「私を襲った津波~その時 何が起きたのか~」

  • 2016年3月11日(金) 午後8時00分(45分)
  • 2016年3月15日(火) 午前0時10分(45分)

みんなのレビュー

あなたが番組を見た感想は

0
面白かった
0
泣けた
0
癒やされた
0
発見が
あった
0
考えさ
せられた

(感想スタンプはどれか1個だけ押せます。)

番組スタッフから

photo

「今15時21分。港の境を越えて水が市内の方に入りこんできています!」
5年前、岩手県釜石港が巨大津波に飲み込まれるニュース映像に、世界中が息をのみました。
過去に何度も津波に襲われ、巨大な防波堤で次に備えていた釜石ですが、1000人以上が犠牲になりました。市街地に流れ込んだ波が複雑に絡み合い、予測のつかない動きで人々を襲ったのです。

「黒しか表現できない。真っ暗だったね」
あの日、津波に巻き込まれた中川カヨ子さんは津波の中の世界を、こう表現します。釜石の海近くで育った中川さんですが、「まさか街中まで波が来るとは思いもしなかった。本当の津波を知らなかった」と予測不能の津波の恐ろしさを私たちに語ってくれました。

津波の挙動を明らかにしたい
巨大津波の中で、一体何が起きていたのか。NHKは、世界最高レベルの計算能力を誇るスーパーコンピューター「京」を使って津波の動きをつかもうとしました。各地で記録された波のデータに建物や地形データを加え津波を細部にいたるまで一秒単位で再現。その結果、いつ、何メートルの波がどの方角からどれくらいの速さで釜石を襲ったのかが明らかになったのです。

番組では、こうした解析データと貴重な証言をもとに、あの巨大津波に遭遇した人々がどんな体験をしたのか「一人称の目線」での津波の映像化に挑戦しています。最新のメディアテクノロジーを駆使した映像表現で注目を集める「ライゾマティクス リサーチ」には、避難所となった体育館のなかに流れ込み、多くの人々を襲った津波の姿を再現してもらいました。このほか、VFX,特撮技術を駆使し、1000年に一度と言われる巨大津波の姿に迫ります。
(番組スタッフ)

番組内容

NHKスペシャル「私を襲った津波~その時 何が起きたのか~」

1万8000人を超える犠牲者を出した東日本大震災の巨大津波。膨大な映像が残されたが、実は映像に残されていない場所で多くの命が失われていた。津波に巻き込まれると何が起きるのか、なぜ命を奪う力を持っているのか。今回、津波に襲われた人たちの体験を最新技術で映像化。流されている最中、水中、そして建物の中などでの津波のメカニズムを明らかにする。知られざる津波の脅威を描き、改めて東日本大震災に向き合う。

出演者ほか

【語り】伊東敏恵

チャンネル

  • 2016年3月11日(金) 午後8時00分(45分)
  • 2016年3月15日(火) 午前0時10分(45分)

編集部のおすすめ