もっとNHKドキュメンタリー もっとNHKドキュメンタリー

TOKYOおもてなし計画
みんなの
レビューは
こちら

TOKYOおもてなし計画

  • 2016年1月3日(日) 午後11時00分(45分)

みんなのレビュー

あなたが番組を見た感想は

0
面白かった
0
泣けた
0
癒やされた
0
発見が
あった
0
考えさ
せられた

(感想スタンプはどれか1個だけ押せます。)

とても優しく美しい表情をされた綺麗な上村さんのアップが印象的な番組でした。そして、ロンドン、東京、離島、での心温まるおもてなしに感激しました。充実した内容、美しい映像、さすがNHKと感心しました。多くの人に見ていただきたい番組ですね。関西在住の私ですが、東京オリンピック、パラリンピックでのボランティアをしてみたいと思いました。できるでしょうか?

投稿者:むーみん

番組スタッフから

photo

【Qどんな番組ですか?】
2020年に向け、ますます増えていく訪日外国人。せっかくだから日本を満喫し、良い思い出を持って帰ってもらいたい。そして、この機会に日本をアピールしたい。でも、どうやって? そんなお悩みを抱える人も多いはず。だって、島国ニッポンでは、今まで外国人と向き合わなくても生きていけたから……。そこで番組では、外国人ゲストをもてなすためのヒントを探ります。そこで見えてくるものは、「おもてなし」に対する基本的な考え方の違い。ちょっとした意識を変えるだけでも、外国人とのお付き合いがぐっと楽になるかも。

【Q番組の見どころは?】
番組では、3つの角度から外国人をもてなすヒントを探ります。まずは、前回オリンピック・パラリンピックが開かれたロンドン。過去5回五輪に出場し、常に「選手として」五輪を捉えてきたモーグルの上村愛子さんが、次はホストとして、どうおもてなしすればいいのかを探ります。そして、そして今現在、外国人を3時間だけ自宅に招いてもてなすホームビジット・プログラムに参加する人たち。彼らが感じる課題と、おもてなしの秘訣は? さらに、おもてなし世界一に2年連続で輝いた長崎の小島。果たして、何か人をひき付けたのか? 3つのロケから見えてくくる「世界に通じるおもてなし」の心を感じてください。

【Qこの番組を企画したきっかけは?】
2016年は、オリンピックイヤー。ということは、東京まであと4年ということ。五輪で何かしたい、これは多くの人が抱いている感情だと思います。でも、実際に何をすればいいのか? あるいは、外国人とどう付き合えばいいのか? そのヒントを提供し、2020年をただ単に楽しむだけのオリンピック・パラリンピックにせず、自らも参加する五輪にしてもらいたいという想いで企画しました。

【Q心に残った言葉は?】
上村さんが取材中に「選手にとって五輪はゴール。そこで完結し、完全燃焼することを目指している。でも、それを支える街、人にとって、オリンピックは“始まり”だ」とおっしゃいました。ロンドン五輪の取材で見えてきたのは、そこから街と人とが大きく変わっていくということ。番組では、ナレーションでこの上村さんの想いを表現させていただいています。

【Q見てくださる方に一言。】
2020年に向け、今からできること、今なら間に合うことがたくさんあります。この番組で、じぶんなりの「外国人へのおもてなし」を感じていただければ幸いです。
(番組プロデューサー)

番組内容

TOKYOおもてなし計画

東京オリンピック・パラリンピックが開催される2020年まであと4年、急増する外国からの訪問者を、どう迎えればいいかを探る。まずは上村愛子さんがロンドンを訪問、大会ボランティアの活躍の実例を取材。そして「おもてなし世界一」に輝いた九州の小島が登場。文化・習慣の異なる外国人の心をとらえて離さなかったものとは、何だったのか。さらに人気の料理体験プログラムも。これから4年間で何ができるか、考えていく。

出演者ほか

【出演】上村愛子,ボビー・ジュード

チャンネル

  • 2016年1月3日(日) 午後11時00分(45分)

編集部のおすすめ