もっとNHKドキュメンタリー もっとNHKドキュメンタリー

あのウルトラ重機が、パワーアップ! 
ウルトラ重機2~世界一の連携プレー~
みんなの
レビューは
こちら

ウルトラ重機2~世界一の連携プレー~

  • 2016年7月30日(土) 午後7時30分(90分)

みんなのレビュー

あなたが番組を見た感想は

0
面白かった
0
泣けた
0
癒やされた
0
発見が
あった
0
考えさ
せられた

(感想スタンプはどれか1個だけ押せます。)

前回と同じで今回も子どもたち、大喜びでした!ドイツの巨大なのも良かったですが子どもが特に喜んでいたのは木をきる重機です。おわってからももっとみたいもっとみたいといってます。次回も期待です!

投稿者:フラワー

田辺誠一さんの絵に癒やされました。

投稿者:タナベフミ

大木を抱き抱える楽しい重機、大海の上での細やかな作業をやりおえた時の若者の、ガッツポーズ、カナダの地面をならす重機、この年まで知らなかった世界、楽しく興味深い番組でした。

投稿者:おあつ

重機の巨大さ、面白さだけでなく、それを操る人間の凄(すご)さにも感動しました。

投稿者:た~さん

前回が大変面白かったので、楽しみにしていました。今回もアッと言う間の90分でした。海外の重機には「うわっ!!」と驚いたまま口がポカーン。海上での組み立て作業は息をのんで見ていました。停止している重機は、田辺さんのおっしゃる通り!大地にお祈りしているようでした。

投稿者:のたり

ただただ驚きです。奥深い世界なんですね。
ウルトラ重機という新しいジャンルの誕生を感じました。こんな視点からショベルカーやクレーンなどの乗り物を見たことなかったので新鮮でした。今回2ということは3もあるのでしょうか?
待ってます。

投稿者:ダンプ

重機の迫力に圧倒された。さらに、その連携プレーのすばらしさ。起重機船のプロジェクトは手に汗を握った。重機と人、そして、地球との関係。重機を主軸にいろいろな目線をくれたすばらしい内容。ぜひ、次回作も見たい。

投稿者:やまちゃん

見た事も無い重機が見れ楽しかった。狭い操縦室の撮影どんなにして写したのだろう?

投稿者:ノンちゃん

ふだん落ち着きのない息子が、テレビにかじりついて目を輝かせていました。子供だけでなく、私も楽しませてもらえました。特に起重機船のドキュメントにはハラハラドキドキ。洋上での風力発電機の完成に目頭が熱くなりました。重機番組でこんな気持ちになるとは思いませんでした。すてきな番組作ってくれてありがとうございました。続編、期待しています!

投稿者:エイジ

いろいろな重機を知ることが出来た。
この重機たちが世の中を支えていることも知ることが出来た!
特に海の上でみんなが力をあわせて風車を組み立てる起重機船の海の男たちには感動しました!
すごい!
頑張ってる!
男たち!
鳥肌がたちました。
またウルトラ重機3を期待しています。

投稿者:けいさん

林業重機 スゴイ!
冒頭で心はくぎ付け。ビールグラス持つ手がフリーズ。
悪路をものともしない足回り、無駄の無い動き。
息ができない…。あっ、ちょっとオーバー。でも、あながち嘘でもない。
洋上での自然環境の不安定さ。その中での巧の作業、感服!
機械発明のすばらしさは、人間の創意工夫の積み重ね、そしてまた積み重ね。数え切れない試行錯誤があるのでしょうね。

投稿者:重機大好き女子

ただただ圧倒されました。ウルトラ重機も操縦する人間も見事です。狭い操縦席からの視点も面白かったです。是非もう一度見たいです。

投稿者:ニココ

木を切る重機に感動、再放送が見たいです。

投稿者:須川岳

親子で重機ファン。
今回惜しくも見逃してしまったので、ぜひとも再放送をお願いします。

投稿者:つくしパパ
  • 世界のウルトラ重機を俳優・田辺誠一が訪ねる 人気シリーズ第2弾!
  • カナダでは、林業王国を支える生きもののように動く重機の数々に圧倒される
  • 洋上のビッグプロジェクトに密着 重機を操る男たちのウルトラな技

どんな番組?

photo

圧倒的なパワーで
躍動する巨大な重機

旅の始まりは
林業大国カナダ

photo

重機に
魅了された
俳優
田辺誠一

photo

「木を倒しますね。
すごい円盤が回転しています」

重機のパワーを全身で体感

日本の
洋上で進む
国家
プロジェクト

photo

福島沖20キロに
風力発電機を設置する

photo

現場へ向かうのは起重機船

「うねりと風があるっていうのが
一番のポイントだとおもいます」
三代目船長 小田正博

photo

巨大な
起重機船を
ミリ単位で
操作

photo

「格好良く言うと、地図を書いている
みたいな感じはするんですよね」
三代目船長 小田正博

未来のため実直に働き続ける
巨大重機と人間のウルトラな技の数々

ウルトラ重機2
~世界一の連携プレー~
7月30日(土)午後7時30分放送
BSプレミアム

番組スタッフから

photo

様々な現場ではたらく重機の世界を描く
「ウルトラ重機2 〜 世界一の連携プレー 〜」
BY 大上祐司・小室崇


NHKエンタープライズの大上です。
BSプレミアム「ウルトラ重機」は、「見たこともない巨大な重機」や、「ダイナミックに動くユニークな重機」、また、そうした重機の「ミリ単位の繊細さで操る技」など、重機の様々な魅力に迫った番組です。今回はその第二弾。そもそもこの番組の企画を考えるにいたったのは、もともと私が、重機の働く工事現場をみることや工場見学が好き、というところからでした。いわゆる非日常的な環境が好きなのです。SF映画のような艶のある「金属製」やロボットのような雰囲気が漂う「メカ的な機能美」がなんとも言えません。重機の世界は奥深く、マニアの方には到底及ばない知識なのですが、とにかくその魅力をお伝えしたいと企画しました。子どもたちも重機は大好きですし!
前回は、ドイツの炭鉱で活躍する世界最大の重機「F60」や、巨大掘削機「バケットホイールエクスカベーター」などを巨大な重機を中心に紹介しました。

そして今回のテーマは 「重機が織成す連携プレー」。更にパワーアップして、重機ファンの方も、親子でも、重機の魅力にどっぷりとつかって楽しめる内容になっていると思います。その魅力を引き出してくれたのが前回からディレクターを務めている小室さんです。

続きはBSコラムに掲載中!

番組内容

ウルトラ重機2~世界一の連携プレー~

カナダの広大な林業地帯。奇怪な動きの重機が木を切り、引っ張り出し、集積場に運ぶまで最高の効率で働く。こうして作り出される紙からは、世界中で使われるトイレットペーパーやコピー用紙が。オーストラリア、火力発電用の石炭の露天掘り鉱山。ダイナマイトで土を吹き飛ばすかと思えば、数センチ単位の作業で貴重な石炭を掘る。日本の海上では、超ウルトラな技で数センチの穴にボルトを差し込むという風力発電機の組み立てが。

出演者ほか

【出演】田辺誠一,【声】伊藤雄彦,津野しの

チャンネル

  • 2016年7月30日(土) 午後7時30分(90分)

編集部のおすすめ