もっとNHKドキュメンタリー もっとNHKドキュメンタリー

もてなし巡礼~心のごちそう、召し上がれ
ザ・プレミアム「もてなし巡礼~心のごちそう、召し上がれ」

ザ・プレミアム「もてなし巡礼~心のごちそう、召し上がれ」

  • 2016年1月2日(土) 午後7時30分(90分)
  • 2016年5月22日(日) 午後1時00分(90分)

みんなのレビュー

あなたが番組を見た感想は

0
面白かった
0
泣けた
0
癒やされた
0
発見が
あった
0
考えさ
せられた

(感想スタンプはどれか1個だけ押せます。)

番組スタッフから

photo

普段、神様とか仏様とか意識していなくても、お正月には初詣に行き、手をあわせてお祈りをすると心が落ち着きますよね。この番組は、そんな気分でご覧頂けたらと思っています。

東京オリンピックの招致をきっかけに、日本をアピールするキーワードとなった「おもてなし」。
とはいえ、人をもてなす気持ちというのは万国共通です。外国に行って、とても親切にしてもらった経験がある方も多いはず。喜んだ顔を見ると嬉しくなるのは、みんな同じですよね。でも、日本ではさらに違う何かがあるような気が…、それがこの番組を作ることになった動機というか、きっかけです。

取材を進めるうちに見えてきたのが、日本各地のもてなしには、「聖地」や「巡礼」が関わっていることが多いということ。お遍路さんへの手厚いもてなしは、わかりやすい一例かと思います。その他、各地で受け継がれている独特のもてなしも。石川県の奥能登には、「あえのこと」という風習があります。秋、収穫が終わった田んぼに神様を迎えにいき、冬の間はあたたかい家のなかで過ごして頂くというもの。心づくしのごちそうをお供えし、頂いた実りに素直に感謝する姿は、日本人と稲作との深いつながりを伺えます。どんなに不作の年でも、神様に対して注文はつけないそう。来年はもっと多くの実りを…などとは言わないそうです。多くても少なくても、授かった恵みをありがたく頂く。なんて謙虚なんでしょう!

四国山地の奥深く、険しい山のなかで暮らす小さな集落では、住人よりも神様の数の方が多いんだとか。日々つつがなく暮らせるのは、それは神様のおかげ。その感謝の気持ちを忘れずに暮らしているので、皆さん、いつも穏やかな笑顔。神様と語り合える、太夫という祈り人が教えてくれました。「神様は賑やかなのが好きぞ。みんな仲良う、仲がいいことじゃき、神さまは嬉しいわな。『平和じゃ』って言って。」

番組には、お盆に帰ってくるご先祖様を盛大にお迎えする集落など、いまの日本にもこういう伝統がしっかり残っているんだ!という話が、次々と出てきます。
でも、よくよく考えると、家のなかに神棚があったり、仏壇があったりというのは、珍しいことではありません。お土産を頂いたら、一番最初に神棚や仏壇にお供えしませんか?そして、お水やごはんをお供えして手を合わせる…、これもおもてなし。毎日繰り返される、いわば、小さな巡礼です。そう考えると、日本人がもてなし好きなのもうなずけますよね。

番組の案内人は、歌舞伎俳優の松本幸四郎さん。みなさんを、もてなし巡礼の旅へといざなって下さいます。その旅にいざなわれるひとりとして、俳優の中越典子さんもご登場されます。お酒でも召し上がりながら、ぜひ、のんびりとご覧下さい。
番組を見終わったときには、きっとあなたも誰かをもてなしたくなっているはずです!
(チーフ・プロデューサー)

番組内容

ザ・プレミアム「もてなし巡礼~心のごちそう、召し上がれ」

日本をアピールするキーワードとなった「おもてなし」。奥能登では、田の神様を招いて心づくしのごちそうをささげる。岩手県遠野では、亡き人の魂をもてなすごちそうや鹿踊り。神棚や仏壇など、私たちの身のまわりには至る所に聖地があり、そこに宿る神々や死者と日々向き合う中から、日本独特のもてなし文化を育んできた。【出演】松本幸四郎(歌舞伎俳優)、中越典子(俳優)【語り】松本幸四郎、渡邊佐和子アナウンサー

出演者ほか

【出演】松本幸四郎(歌舞伎俳優)、中越典子(俳優),【語り】渡邊佐和子

チャンネル

  • 2016年1月2日(土) 午後7時30分(90分)
  • 2016年5月22日(日) 午後1時00分(90分)

編集部のおすすめ