もっとNHKドキュメンタリー もっとNHKドキュメンタリー

秘境×鉄道 北米大陸1700キロ
ザ・プレミアム「行くぞ!最果て!秘境×鉄道」
みんなの
レビューは
こちら

ザ・プレミアム「行くぞ!最果て!秘境×鉄道」

  • 2017年2月11日(土) 午後9時00分(90分)
  • 2017年4月9日(日) 午後2時00分(90分)

みんなのレビュー

あなたが番組を見た感想は

0
面白かった
0
泣けた
0
癒やされた
0
発見が
あった
0
考えさ
せられた

(感想スタンプはどれか1個だけ押せます。)

おおらかな地のおおらかな人、おおらかな旅をみておおらかな気持ちになりました。
主演のヤスくんも柔らかく好感のもてる人物でしたね。
またこういった番組を見たいです。

投稿者:小豆

何となく見始めて、気づいたら夢中になって見ていました!
ウクライナからの移民の話や先住民の暮らし、買い物に何時間もかけて通う人々、-50℃の中暮らす人々……。
イランを追われて難民として移住したレストランの店主が、「地球のどこにいても、みな大きな家族だ」と言っていたのがとても印象的でした。
旅人のヤスさんの自然体な感じも良かったです!

投稿者:はかないこばち

海外の田舎が好きで、この番組でいろんな田舎を見ることができて面白かったです。私もいつか行って見たいなあと思いました。

投稿者:しおり

とにかく感動しました!やすくんって海外の方が向いてる?って思っちゃうくらいに、地元の人たちに話しかけにいっていたのがとにかくよかったです!

投稿者:ゆうたん

あんなところに鉄道が走ってるとは、驚きでした!なかなか見ることのできない映像ばかりで釘付けでした。
話題になっている移民問題に通ずる話もあり、考えさせられる内容でした。次回も期待したいです!

投稿者:メープル

古原靖久君の外国の人に物怖じしないで自然体で語りかけていくところは感心しました。また、有働さんのコメントも面白く、家族と笑いながら見ました。
極寒の地で生活している人々の様子は興味深かったです。
古原靖久君の列車シリーズ、また見てみたいと思います。

投稿者:とちの木

極寒の地でテレビを通して見ていても寒さが伝わってきましたが、やすくんの熱いレポートにこちらも心がほっこりしました!
いろんな方と気さくにお話される彼は、このリポーター?番組に最適なお人柄だと感じました。
有働さんのやすくんイジリも面白くて引き込まれました。
またいろんな地での撮影を見てみたいです!
ありがとうございました。

投稿者:みぃみ

こんな秘境があったんだ。がまず驚き
やすくんの人なつっこさ ただの鉄番組と違い歴史感もかいま見ることができとても楽しく見ました

投稿者:まーぼう

見ていて飽きる事なくテンポが良かった
やすくんの人となりも見た事もない映像もまるでわたしも一緒に旅しているような気分になった。アナの声言葉も楽しく耳に入ってあっと言う間に時間が過ぎた。次回が楽しみだな

投稿者:ひろちゃん

バックパックで旅をしていた頃を思い出しました。素直で人柄の真っ直ぐさが全面に出たヤス君の次の旅をまた見たいです。人間同士、助け合わないと生きていけない辺境の地。原始、根本、というものを感じた自然の魅力も圧巻でした!続編にも期待!

投稿者:ピーちゃん

たまたまTVをつけたら真っ白で美しい雪原が目に留まり思わず見入ってしまいました。極寒の地で生きる人々や列車で出会った人々とすぐに笑顔で打ち解ける「やすくん」のコミュ力も見ていてとても楽しかった。ハプニングありオーロラありの髪まで凍る最果ての旅、見終えた今はもう一度見たいと思いを馳せるばかりです。

投稿者:ちっち

とても過酷な自然環境の中、鉄道が大動脈となっていて、人々の生活に寄り添って運行されていることに驚きとともに感動を覚えました。また、リポーターの温かく素朴な人柄と、それをいじる有働アナウンサーのナレーションにとても好感が持てました。また彼のレポによる番組が見てみたいです。

投稿者:smiley

あさイチを見ていてよく感じる古原さん独特の雰囲気や若干のズレは外国でも健在でほほえましかったです。古原さんのリポートはもちろん番組自体の構成や映像も非常に良く大変有意義な番組でした。どんな形のものでも良いので、是非また古原さん出演の番組を見たいと思っております…!

投稿者:ふち

こんな列車の旅が見たかった!!と番組を見て思いました。
曇天の下、窓の外はどこまでも続く雪原にポツポツと立つ鉄塔が流れ、それすらも針葉樹の森に変わっていく……人一人がどれ程小さいかという大自然の中を、当たり前に生きている人たち。その感覚の違いに気付けたことは大きな発見でした。そして、リポーターの方が素直な方で本当に本当にすばらしかったです。

投稿者:冷奴

画面を通しては美しくきれいな景色でも、その厳しい環境の中でたくましく生きる人々がいる。そんな人々との一期一会をほっこりと感じさせてくれた古原さんのリポート。
有働さんのナレーションに救われた部分もありましたが、そこに完成されてない魅力を感じました。またぜひ見たいと思いました。

投稿者:いちたか

秘境×鉄道というと風景にナレーションというイメージがあり、個人的にとっつきにくいと思っていました。
しかし、現地の人と古原くんの掛け合いが面白く最後まで見入ってしまいました!
また広大な土地、オーロラにはとても癒やされました。
古原くんの番組があれば見てみたいと思わせてくれる番組でした!

投稿者:わ~さん

番組スタッフから

秘境を鉄道で旅する新しい鉄道番組 ザ・プレミアム「行くぞ!最果て!秘境×鉄道」 BY 渡辺秀太

大峡谷や断崖絶壁など、世界には思いもよらないところに鉄道が走ります。そんな世界の“秘境”を鉄道で旅するのが「秘境×鉄道」です。
旅人は、朝の情報番組「あさイチ」のレポーターでおなじみの俳優・古原靖久さん。
通称「やすくん」。なんと、今回が初めての海外だそうです。初海外がパリやニューヨークでなく、秘境になってしまい申し訳なく思っています。

舞台はカナダ・マニトバ州。大雪原を縦断する鉄道です。
州都ウィニペグからスタートし、最果て(終点)のチャーチルはホッキョクグマが街を歩き、オーロラが見られる街。その距離はなんと1700キロ!日本で言えば、札幌から大阪を鉄道で旅するのと同じくらいの感覚です。

でも、「秘境×鉄道」は日本の鉄道と違います。列車は週に2本!途中停車駅は3つしかありません!そのほかにも小さな駅はたくさんあるのですが、乗降客がいないと…続きはBSトピックス SPECIAL COLUMN 秘境を鉄道で旅する新しい鉄道番組 ザ・プレミアム「行くぞ!最果て!秘境×鉄道」 BY 渡辺秀太

番組内容

ザ・プレミアム「行くぞ!最果て!秘境×鉄道」

大峡谷や断崖絶壁、見渡す限りの砂漠など世界には思いもよらないところに鉄道が走る。そんな世界の“秘境”を鉄道で旅する「秘境×鉄道」。舞台はカナダの大雪原1700キロを縦断する鉄道です。旅は驚きの連続。途中の村には、なぜかウクライナの美しい教会。またイラン人と先住民が交流する人気の店では、悲劇を乗り越えた人々の心温まるエピソードも登場します。美しい車窓風景もたっぷりご紹介!大迫力の旅に誘います。

出演者ほか

【リポーター】古原靖久,【語り】有働由美子

チャンネル

  • 2017年2月11日(土) 午後9時00分(90分)
  • 2017年4月9日(日) 午後2時00分(90分)

編集部のおすすめ