もっとNHKドキュメンタリー もっとNHKドキュメンタリー

京都人の密(ひそ)かな愉(たの)しみ 冬
ザ・プレミアム「京都人の密(ひそ)かな愉(たの)しみ 冬」
みんなの
レビューは
こちら

ザ・プレミアム「京都人の密(ひそ)かな愉(たの)しみ 冬」

  • 2016年3月19日(土) 午後9時00分(120分)
  • 2016年5月3日(火) 午後4時00分(120分)

みんなのレビュー

あなたが番組を見た感想は

0
面白かった
0
泣けた
0
癒やされた
0
発見が
あった
0
考えさ
せられた

(感想スタンプはどれか1個だけ押せます。)

毎回季節毎に楽しみにしてる今シリーズ。
今回も非常に楽しめました。
ドラマとしての楽しみももちろん京都の趣き風習を知ることが出来て楽しいです。
ドラマの今後の展開も楽しみ。
今回初お目見えのシャーロット・ケイト・フォックスの演じるエミリーのキャラクターがかなり気に入りました。

投稿者:ひろ

放送を待ちに待っていました。
この京都がウソかホンマかわかりません。でも、そんなことどうでもよいですね。小寒から大寒、節分と京都の冬を堪能して、あっという間の2時間でした。お気の毒とは思いますが、クスリとしながらヒースローさんの行く末を案じております。相も変わらず女優陣(ひとくくりにしてスミマセン)のすばらしさ。やはり女は強しですね。続編も楽しみです。

投稿者:星くらげ

ふだんのテレビでは見られないような、非常に落ち着いていて、癒やされるようなもので、それでいてきちんと情報がつまっていて、何より、度が過ぎない丁度心地よい程度の、毒とユーモアと感動があって、質のよい、本当に久しぶりに質のよい涙を流せました。

投稿者:Cooper

今回も笑いあり、涙あり。京都の文化と京都人の温かみと想いの交錯が、心に深く響きました。
続きが見たいです。
この番組の大ファンです。

投稿者:もも

泣けた泣けた。

投稿者:スターマン

変わっていいもの、変わらないほうがいいもの。
暦で生活したり、型にはまって生きたり。
今となっては、私たちが忘れた先人の知恵や謙虚さが失われていく世の中にあって今だ大切に守る京都。
何も変わらない場所があると思うだけで、心落ち着き逃避できます。実は、このドラマが私にとって心落ちつく時間なのです。

投稿者:しんすけ

これだけの日本の美が詰め込まれてる作品はありません。毎回楽しみにさせていただいてます!この番組を見るときは母と「あてなよる」を楽しみながら見てます。

投稿者:sou

今回もすてきな京都時間を過ごさせて頂きました。私は東京人、3代続いた江戸っ子ですが、やっぱり雅は京都が一番だと思い知らされました!
もっともっと京都の愉(たの)しいところや所作、作法、行事ごとが知りたいです。

投稿者:やさいさん

ほっちっちが懐かしすぎましたよ! 母がよく言ってましたわ。
あと お揚げさんが他の土地はもっと小さいのでしょうか…
あのサイズがスタンダードではない事に 家族みんなで突っ込んでました。

投稿者:いんちゃん

いつも面白く見ています。
今回も若おかみとエミリーの本音とたてまえのやり取りや教授の放浪の旅、笑えたり共感したりで、登場人物になったつもりで見ています。
また、ドラマの途中で入る京都の行事や慣習は、日本人の原点のような気がして、昨今、自分の周りでも見ることが少なくなった懐かしい時代を思い起こされます。

投稿者:ながうら人

今回もとても上質で心地よいお話でした。
心、あたたかく、なりました。
ありがとうございます。
次の季節も楽しみにしております。

投稿者:こむぎ

京都人でも知らなかったしきたり、今ではあまり使わなくなった京都弁、勉強になりました。
このような文化が残っている都市が日本には必要だと感じました。

投稿者:かず

京都の魅力とほっこりしたドラマ、すてきです。

投稿者:あさこ

冬編とても楽しみです。常盤貴子さんの和服姿・所作がとても落ち着きがあってすてきです。シャーロットさん京への見方、考え方、受け取り方が異文化との違いなのかもしれません。そんなところがとても興味深いです。大原さんの京料理も素材のままで一手間工夫がとてもおいしそうです。お話もとても面白く毎回楽しみです。もう一度ゆっくり見てみたいです。

投稿者:east_wood

楽しかった。

投稿者:I do

番組名から既に興味を引かれ、楽しみにしていました。
京都に暮らす人々の日常、食、食材に対するする心構え、季節のそれぞれの習わしを構えることなく自然なこととして暮らしのなかに取り入れている。まずは私流の丁寧な暮らし方を見つけ、日々楽しみながら過ごしたいと思いました。

投稿者:nanashaorin

やってくれるじゃないか、友近!!エミリーさんの心の声としては最高のキャスティングだよ。最後には「かわいい声」と感じてしまった自分の感性が憎い。

投稿者:のぼう

シャーロットが出演する予告を見て、京都にも、興味があるし、楽しみにしてました。
以前、前作を見た事があったことに気づき、その時の印象も良かったのを思い出しました。常盤貴子さんがしっくり和服が似合って美しいのと、京都の景色がうまくとらえられている。習慣や、メンタリティ、言葉遣い、風物が、興味深く、面白おかしく表現されています。

投稿者:ゆずもも

今回もとてもきれいな映像と音楽でした。楽しみました。
ぜひまた再放送していただきたいです!

投稿者:inontwo

常盤貴子と井上あさひのサポーターです。次回はあさひも和服で願います。いつもコレぞプレミアムと感じます。

投稿者:寒月

初回から拝見しております。半年に一度ではなく、四季折々の京都をもっと楽しみたいです。春編も拝見してみたいです。

投稿者:keiko

愉(たの)しく拝見させていただきました。

投稿者:マッキー

内容無く詰まらない番組が多い昨今、すばらしい番組です。私は京都人ですが愉(たの)しめる番組です。複雑に生きよと呪縛、文化的秘密結社。実に的を射ていますね。是非、後続の番組を期待しています。よろしゅうおたの申します。

投稿者:京都のタケ

京都人の本音を伝える心の声がとっても良く、大変楽しませて頂きました。

投稿者:nakaman

京都在住です。
京都に住んで常磐貴子さんのふんする三八子こんな京都人にやっぱりあこがれてます。
いつも楽しみにしています。
まだまだ続いてほしいなー♪

投稿者:リサーチ

前々回 前回の編から大ファンです。
とっても楽しみにしていたのに録画できてなかった!
おねがいします!ぜひぜひ再放送を!
絶対この時期にあるはずと楽しみにしていたのに~。
NHKさんは「鴨川食堂」もやけど京都をすてきにしてくださる。京都に住んでることを誇りにおもわせてくれはる。やっぱり京都にも放送局あるからかな。まだまだつづけてほしい。
常盤さんの着物も素敵。

投稿者:京都人になりたい

大学生時代を京都で過ごしました。番組を見ていると、懐かしい風景が思い浮かびます。京都の一年間の風物詩、青春の甘酸っぱい思い出もよみがえります。

投稿者:旅行人

常磐さんの美しさに見とれました!

投稿者:ミハエル

すごく心待ちにしていました。京都の美しい景色と、そこに暮らす人々を見ていると、日本人として生きていることをうれしく感じます。毎回、常盤貴子さんの美しさにうっとりしています。そして、大原さんのお料理もおいしそうなのと、流れるような所作にも見とれてしまいます。何度見ても癒やされるので、是非次回もこれまで通り丁寧に撮影して頂き、続けていってほしいです。

投稿者:あんず

毎回、見ています。常盤貴子さん、着物の着こなし振る舞い京都人らしくすばらしい。雲水さんとおかあはんとの本編の今後の展開が楽しみです。間に挟まるミニドラマ、画面の展開が飽きません。

投稿者:よっしー

待ち焦がれていた続編!放送感謝です!続きを期待させる内容でした!
今回はドキュメントが多く感じましたが、いろいろな京都人の愉(たの)しみを知ることができ良かったです。さりげないオルゴールのバック、最後の京都慕情の歌ではほろり癒やされました。
このドラマのおかげで、昨年の秋は、思い立って京都に一人旅してしまいました^_^
続編待ってます!

投稿者:まっさき

とても、楽しかったです。京都という海外ドラマを見ている感じでした。
ユーモア、テンポ、ストーリーがよく、前2作も含めてキャストも絶妙に思えました。
特に、一人が際立ってしまうという昨今よくある作品とは違って楽しめました。
脚本とキャスティングが大事でしょうか。
最後に、京都慕情の選曲がとてもマッチしてました。

投稿者:R

着物姿や柔らかい京都弁のイントネーションが目にも耳にも心地よい。京都の外にいる人間がもつ京都への憧憬をふんだんにちりばめた作品です。京都の文化に対する批判めいた登場人物の目線で切り込みながら、でもやはり京文化は人をひきつけてやまないというところにいってしまうのもすごく良かったです。偶然テレビをつけて見入ってしまった番組だったので、もう一回ちゃんと見たい。

投稿者:eri

途中から見たので 再放送を。ケイト&常盤さんすてきでした。
女友達の話 なぜ音信不通になっていたのか 違和感がありましたが 女性同士はそういったことがあるかもしれませんね。
友人が京都に残る 選択をしたのは 密かにケーキ屋のご主人に恋をしていていたから? 
その解釈でいいのかな?
京都でこれから あの二人 どういった生き方をするのか 興味がわきました。

投稿者:さくら

NHKにしては、よく考えられていた構成で飽きずに最後まで楽しめました。料理を紹介してくれた女性は、本当に京都人の良いところがわかりました。俳優以上に洗練された立ち振る舞いに感心しました。今後も、料理番組以外でも是非出演して欲しいです。再会が待ちどおしいです。よろしくお願いします。

投稿者:和歌子

愉(たの)しく、ほっこりしながらの2時間でした。
この番組の好きなところは、京都、京都人としてのその空気感です。
ドキュメントは発見があり、ドラマはじんわりと心に残るところです。
もう1年以上前が初放送と思いますが、3作目でエピソードが深まってきました。
次は、春ですね。
早くも続編が待ち遠しいです。

投稿者:さいつー

前回夏を見て続編を待ちわびていたのに今回の冬編を見逃してしまいものすごく落ち込んでいます。
是非是非早く再放送をお願いします。
悔やんでも悔やみ切れません。

投稿者:tomotomo

大好きな番組ですが不定期のようなので、録画予約していたら今朝気づき、今ほど視聴。しみじみと人生を考えて、私も50歳夫を亡くして、子供が不登校気味になったことにとても病んでいましたが、なるべく平常心で日々生活していこうと思いました。
またの構成を楽しみにしています。

投稿者:ゆうこりん

「京都人の密かな愉しみ」冬編で初めて見ました。ドラマと京都案内が混在、しかもドラマの方は二つの話が別々に進む。しかし引きずり込まれます。こちらの想像たくましくさせてくれます。それぞれの話は今後どう絡み合い進展するのか?殺伐とした時代にほっこり、はんなり心穏やかにしてくれます。早めの続編期待します。

投稿者:じぇいじぇいR

疲れたり、傷ついたり、その人が戻れる場所と人が変わらないって本当に大切だと思った。

投稿者:吉田

泣けました。癒やされました。この番組、ほんとにいいです。ずっと続けてくださいね。

投稿者:なみ

とても不思議の連続ですが、今回はお寺でのやり取りに、いろいろ考えることがあり、涙が出ました。

投稿者:きんちゃん

京都人に良いイメージのない私も「そうそう!」と楽しく拝見いたしました。
ま、いーんとちがいますか(爆)

投稿者:もぐ

ずーっと新作を待ってました!期待に違わずとってもすばらしかった!三八子さんのストーリーやエドワードのストーリー、大原さんのお料理、京都のさまざまな行事などどれもこれも興味深く、一生懸命見てたんですが全部吸収しきれなかったです…(泣)ぜひ再放送、再々放送をお願いします!それと、最後の終わり方からしてまだまだ続きがあるんですよね!さらなる新作もよろしく!

投稿者:くまくま

音の扱いが丁寧で、うれしい。

投稿者:ヒロクマ

待ちわびてました!!
今回も良かったです。 個人的には「節分=温かい」のくだりにホロホロ………
何年か前に、節分の日に 寺社巡りした際 地元の方々に温かい&さりげないもてなしをあちこちで受けた事を思い出して…………
それにしても………脚本書かれた 源サン、相当な食いしん坊ハン??………((*´ω`*)

投稿者:はもきゅう

いい演出でした。京都と言う素材を通して忘れかけ気味の日本人の、底を流れる生活感を呼び醒ませせてくれます。そう私たちは、季節の流れとともに生活してきましたよね。

投稿者:Yokichi Tanaka

いつも感動しています。
京都の街並み、人の温かさ、美しく優しいドラマを楽しみにしています。
録画に失敗してしまいぜひ再放送を望んでいます。

投稿者:にょこ

冬編を心おちつけてじっくり見入りました。この春をバックにした春編を期待しています。

投稿者:富田林のじいちゃん

どの場面において所作から調度品、生活の道具、うつわや料理など全て美しく完璧なためと間合い。教科書にしています。
なかでも銀粉蝶さんのcharmingな演技はとても愉(たの)しいです。

投稿者:うにくれそん

朝からバルサの番宣ばかり。見逃した、悔しい、至急再放送お願いしたいと思っております。

投稿者:密かな愉しみ

京都の風情ある暮らしぶりはもちろん短編ドラマも良かったです。シャーロットさんと友近さんの声が個人的になじまない気がします。でも次回も楽しみにしてます。ドラマ枠で毎週見たい番組です。

投稿者:絵実理

よそ者目線で「意味分からんわ」と京都人をこき下ろすという趣向(書籍『京都ぎらい』の影響か)を取り入れた今回は、今までと違い多少コミカルで軽さがありましたが、後半のじんわり、やんわり、しみじみとした雰囲気が漂うとこのドラマらしくしっくり来ます。この番組を見ると「日本人としてきちんと毎日を過ごそう」と感じ、日頃の言動も丁寧になる単純な私。第4弾を期待します。

投稿者:やす

よかった。
ただ、銀粉蝶さんの京都弁のイントネーションが不安定で残念。

投稿者:たま

ずっと放送を待ってました!。冬のぬくもりがよく伝わってきましたね。ただ前作に比べると洗い屋さんや鑿泉業といったプロのお話が少し少なかったのが残念です。それにしても「京都は美しい」、そして阿部海太郎さんの音楽がまた「美しい」。映像とマッチして秀逸。是非サントラ、DVDの発売をお願いします。勿論、続編も期待しています。次は春編?でしょうか?

投稿者:ひっちゃん

みのがしました。再放送お願いいたします。

投稿者:おーえです

毎回楽しみにしております。今回は内容がやや薄く感じられました。
ショートドラマをもう一編欲しかったです。

投稿者:サニタリー

毎回面白く興味深く拝見してます
今回は 京言葉の裏に隠された意味を解説してくれて
また京都人の気質みたいなものも
解説してくれて 勉強になりました
シャーロット・ケイト・フォックスさんが
前回最後に登場して
どういう展開になるのか期待していましたが
またまたあり得ない面白い展開で 楽しめました
京都の美しい景色がもっとみたかったな

投稿者:モーリー

待ちに待った続編!
エミリーさんの登場がコミカルな回でした。友近さんのナレーションだったことも驚き。
豆腐の話、雲水を訪ねるお母さんの話、離婚を機に京都に戻った女性の話など今回も丁寧なミニドラマに酔いしれました。

投稿者:みーこ

生っ粋の京都人が見て楽しめました。

投稿者:京都人

シリーズで、楽しみにしていますが、老舗和菓子屋のご家族や今回、冬バージョンは、シャーロットさんの突っ込みが、面白かったです。大原千鶴さんのお料理と京都人の本音の部分が面白かったですが、中の千枚漬け体験など不要、面白くないです。お豆腐のおっちっち、は爆笑でした。日本にいながら、独自の文化を守っている京都人、直接、関係は遠慮したいですが、人間としては、おもしろい。

投稿者:ひめ

仲良し二人の話。何だか泣けました。

投稿者:笄

番組の中で他府県から京都に来た人々は、目に見えない京都文化の空気に心地よい息苦しさを楽しんでいるように見えます。人と人との心地よい距離感が失われている今の時代、息が詰まりそうで堅苦しいしきたりや風習の中で見出すささやかな幸せが共感できた。ところで、私は銀粉蝶さんの常盤貴子さんへの言葉尻をとらえたツッコミを毎回楽しみにしています。

投稿者:吉田

これまでに比べて、オムニバスドラマが少なかったけど、冬の京都の年中行事の紹介が多く興味深かった。是非春編をお願いします。

投稿者:ぽち

たまたま、テレビをつけた際にやっており、見ました。
最近全くテレビを見ない、私でしたが、思わず釘付けになりました。
大変面白い番組でした。是非、シリーズ化してほしい。
こういった、番組をもっと前面に出してPRしてほしい。

投稿者:すいぜんじん

今回、京都人独特の生活倫理心の発信(郷土愛・肉親愛・文化愛等)に力不足を感じたが、日本人の生活基盤文化として、再認識する番組に大いに期待している。
人を前面に、「仁」なども加筆いただき、涙・笑いの京都人を描きたれば尚、一層の伸展番組になる。可能性を感じています。

投稿者:小玉 辰雄

とても楽しみにしてました。京都の年末から春にかけての風景が美しく、本当に癒やされました。ヒースロー先生の出番が少なくて、残念でした。続編、期待してます。

投稿者:MSW

大好きな番組です。地上波では欠かさず見ています。番組そのものの視点がすばらしいので、人物設定やセリフや歳時記やロケ地などに吸い込まれて、感銘を受けています。是非、再放送をお願いします。また、次回作をお願いします。あ、音楽も最高。チェロですか?この番組は実に興味深く、すばらしい。
このような投稿をするのは初めてです。このようなことはしないのですが…

投稿者:あおによし

毎回、フッと笑ってしまったり、心の奥がきゅーっとなって、涙が出てきたり、これ、どこだろう?まだまだ知らない京都がいっぱいあるんだなぁと思ったりして、京都の一年を体感したい衝動に駆られて、毎回体の奥がむずむずさせられる番組です。いつも、ありがとうございます。春版が、今から楽しみです。絶景の京都の春をみせてください。

投稿者:ゴマチャンズ

京都人の素顔が少し見えた気がします。いけずは意地悪じゃないんですね。

投稿者:よしのすけ

大女将が晩酌しながらしょーもない下世話な話をして、若女将に叱られて謝るところが、もうもう、かいらし~と思いました。この奥さんだったら、やっぱり夫は死んでも言わないのが正解だと思いました。

投稿者:たむら

京都出身者から見ても面白く、次回に春の回をやって終わらせないでください。

投稿者:ヒデ

京都は日本人であることを思い起こさせてくれる文化村であると思う。
この番組は慣習と共にその原理原則をも解き明かしてくれる謎解き番組。
毎年四季ごとに京都行脚しているが、この番組がすべて解き明かしてくれている。
常盤貴子さんの着物姿が最高に美しい人。着物の美しさを再確認した番組でもあった。京文化心象映像としてブルーレイにして販売してほしい。

投稿者:ryubo

すべて良し。

投稿者:andy

前回偶然テレビをつけたらこんなすてきな番組に遭遇。今回は見られなかったので次回は絶対に拝見します。
京都を出たくて18の時から暮らしてはいません。外から見て初めて、嫌だったしきたり、言葉、景色、やっぱりいいなあと思えるようになりました。
この番組を通して笑ったり泣いたり、上質な時間をもらって京都の血を思い出させていただいています。ずっとずっと続いて欲しいです。

投稿者:ごましよ

私は京都人ですが、仕事で1年前から神奈川にいます。
いろいろと懐かしすぎて、帰りたくなりました(笑
故郷の良さを再認識させられる番組です。
次の春で、京都の桜や、水無月(和菓子)を食べる習慣を全国の皆さんに知ってもらいたいです。

投稿者:京。

ここ数年のTV番組でダントツ1番の面白さ、すばらしさ!録画を何度も繰り返し見ています。シリーズ1と夏編の再々放送を熱望します(できれば分割しないで)。無理ならDVD化を強く希望します!

投稿者:うっちー

シリーズのすべてが海外でも広く放映されればいいなと思います。

投稿者:ちゃま

最近は公私ともに京都を訪れています。「冬」もすてきでしたね。私は涙もろい性質なので、泣けましたが、出会い、別れ、再会と、それぞれの人生と京都の冬の歳時の織りなしがバランスよく構成されていて、またユーモアとアイロニーもしっかり効いて、自宅で密かに愉(たの)しめました。次は、「春」でしょうか?

投稿者:ももんが

心にしみるドラマあり、知識深まるドキュメンタリーあり、かわいい大原さんの料理コーナーも◎。しみじみ楽しくほっと癒やされる番組。エンディングに流れる『京都慕情』もすばらしい。春編、秋編も見たい。

投稿者:銀河人

去年初めて見た時はすごい面白くて、最後まで飽きずに見させて頂きました。
ドラマなのに、ところどころ料理番組になったり、ドキュメンタリーのようになったり。
偶然みたら、新しいバージョンになっていてびっくりでした。前回最後に登場した謎の女性が登場。これからも楽しみにしています。

投稿者:山名騒然

京都旅行中に放送があり、見逃してしまって実に悔しいです。このシリーズの大ファンで、撮影された場所を訪れるのも楽しみのひとつです。
出演者の方々のキャラクターも皆魅力的ですし、日本人っていいな、京都っていいなとつくづく感じます。
早く再放送してください!!待ってます!!

投稿者:なみーご

除夜の鐘から春告鳥まで、バックの音楽と伊東アナの語りの心地よい調べにのせて、何気ない日常を、しきたり、おもいやり、きづかいで生きてる方がたの様子を見せて頂きました。この番組に癒やされるのは、合理的に?趣きを忘れて送る生活の反省と憧れからかも。
和と洋、違っているから良い、面白い。あのひとの、、、、さいならホーホケキョ

投稿者:トマト

前回は「水」、今回は「あたたかさ」がベースらしい? 夏編は周到綿密に練られましたが、今回はそう感じませんでした。(失礼!)
「暖かさ」が具現出来ていません。但し、若女将、ヒースロー先生の演技はそれをカバーされておられるほどで感激しました。是非、このお二人の演技の次回作が楽しみです。ベースを明確にして「京都人の密(ひそ)かな愉(たの)しみ 梅雨 編」を願います。

投稿者:FRED

毎回楽しみにして、録画もして何度も見ています。
音楽もいつもすてきです。今回は、節分の日の音楽がとてもよかった。
一番心に残ったのは「えっちゃん」でした。最後の、戸田菜穂さんの「神様…」のセリフが泣けました。年に2回は京都に行きますが、この番組のおかげでますます京都への憧れや思い入れが強くなりました。
次回も楽しみにしています。

投稿者:はるきち

わたしの「密かな愉しみ」。待ってました!!冬編。なんといっても絵のアングルが際立っていて五感に響いてきます、映像が美しいのです。そして、シャーロットの演じる言語学者の京言葉に笑い、京都の魅力に惹(ひ)かれていく展開に、鴨川の中州の飛び石から生まれる友情物語に泣けました。料理研究家の大原さんがまたいいんです。京都慕情が流れると胸がキュンと鳴りました。

投稿者:アトマリオ

番組内容

ザ・プレミアム「京都人の密(ひそ)かな愉(たの)しみ 冬」

京都人の暮らしに分け入る異色のドラマ&ドキュメント番組の第三作!今回は冬が舞台。底冷えする京都でほっこりとあたたかい感涙の物語を。心身ともに温まる美味料理も。老舗和菓子屋の若おかみ(常盤貴子)と謎の外国人(シャーロット・ケイト・フォックス)の女の意地がぶつかり合う珠玉のドラマ。冬の鴨川の美景、そこで生まれた少女たちの友情物語。もちろん大原千鶴(料理研究家)のあたたかい京都の家庭料理も。おいでやす。

出演者ほか

【出演】常盤貴子,団時朗,銀粉蝶,戸田菜穂,小沢真珠,伊武雅刀,シャーロット・ケイト・フォックス

チャンネル

  • 2016年3月19日(土) 午後9時00分(120分)
  • 2016年5月3日(火) 午後4時00分(120分)

編集部のおすすめ