もっとNHKドキュメンタリー もっとNHKドキュメンタリー

自閉症の君との日々
自閉症の君との日々
放送後
レビューを
募集します!

自閉症の君との日々

  • 2017年3月24日(金) 午前0時10分(90分)
NHKオンデマンドで配信中

みんなのレビュー

あなたが番組を見た感想は

0
面白かった
0
泣けた
0
癒やされた
0
発見が
あった
0
考えさ
せられた

(感想スタンプはどれか1個だけ押せます。)

直樹さんの言葉が聞こえてきて、心動かされました。

投稿者:うさこ

もっと多くの方々に見てもらいたい番組だと思ったし、是非、次回作も見たいです!
最後に流れた挿入歌は、RADWIMPSですか?曲名が知りたいです!

投稿者:ふく

何て真っ直ぐな言葉をつなぐ人なのだろうと思いました。その言葉で彼は人と人をつないで、生きる事をつないでいる。もっと彼の、自閉症の方達の言葉が知りたい。

投稿者:フタバ

ありがちな表現しかでてこないのですが、この番組に出会うことが出来て良かったです。
今、とても恐れていることは、新たな価値観と人生観、感情を覚え、それ自体に満足してしまい、すぐに薄れていってしまうことです。
このまま、私のフィルターを通して感じたことだけで完結をさせず、新しいことを学び、次につなげること(何かしらの課題)をみつけます。

投稿者:えだこ

とても良い番組でした。
是非とも、多くの方々が見ることの出来る時間帯での再放送を希望します。
私も息子の心の中の本心に触れられた気がしました。
たまらず通販で本も購入しました。

投稿者:はやいくぱぱ

途中から視聴したのですが、自閉症のことをもっと深く知りたいと思いました。私は小学生の頃同じ学校の障害者の子に突然殴られた時から、独り言を言っている障害者を見ると反射的に恐怖心を抱いてしまいます。その認識を変えたいです。

投稿者:マリエ

現在特別支援について勉強中で授業で番組を見たこともありました。そして、大好きなラッドの野田さん。
人気のアーティストが語りをすることで視聴者が増え障害について知ってくれる人が少しでも増えたらいいと思います。他の障害についてもこのような番組、ぜひやって欲しいです。

投稿者:おさ

自閉症、あまり良く理解してなかった。健常者と比にならないくらいの感情をもっている。健常者とは一体何なんでしょうか。障害者という言葉自体、概念を考えさせられます。

投稿者:アッキ

全編素直に見れた。知らない知識をもらってありがたい番組。一番印象的なのは、世間からの視線の話。
『刺さる』ってところで自分がその目を持ってて泣いた。
最後の帰結は特に日本ではなかなか難しいと思うかな。

投稿者:麒麟

北九州のお祖母様にした質問がすごく良くて、私も母の優しさを思い出す事が出来ました。

投稿者:Aiko

再放送をお願いします。睡眠中に一部だけ拝見しました。
直樹さんの言葉は、もっともっと聴きたくなります。
直樹さんの見ている景色も、もっともっと知りたくなります。
直樹さんの言葉は、生きる力にあふれていると、感じました。

投稿者:おか さき

初回放送から拝見しています。今の社会の仕組みも、そこに暮らす多くの私達も、障害に対する「思い込み」、障害に限らずあらゆる「思い込み」がお互いの理解を妨げていることを、拝見するたび感じます。現在知的・身体障害を持つ方々と日々接しています。そして尚更感じるのは、彼らとの理解を深めるのを恐れているのは、本当は思い込みに縛られている私達自身ではないかということです。

投稿者:ジル

「周りを不幸にしているかもと思う事が一番悲しい」と言った自閉症作家直樹さんの言葉が強烈でした。障害児を持つと、本人を想い悲しむ親は沢山いると思います。でも直樹さんは独自の視点と豊かな言葉で多くの人を救い、その中に幸せを見出しています。障害児を持つ親御さんに是非見ていただき、悲観する毎日に終止符を打ってもらいたい、そう願ってやみません。

投稿者:まきこどり

中学校教師を目指す学生です。
偶然番組が始まり、食い入るようにみました。直樹さんの言葉は美しく、強かったです。家族や世界中の人々、自然、人生を心から愛おしむ言葉でした。お祖母様と桜のところなど、何度も涙が流れました。私にも自閉症のある従兄弟と認知症の祖父がいます。本当に大切な家族です。目に見える事で諦めない、子どもの魂の言葉が見える教師になりたいと感じました。

投稿者:にゃにゃ

見てすぐに涙があふれていました。直樹さんの心に刺さる言葉、同時に救われる言葉に何度も涙があふれました。特に、最後の言葉の“人はどんな困難にぶつかっても幸せを見つけ出すことができる“今まで色々な困難にぶつかりながらも、笑顔の自分もいた事に気づかされました。直樹さんの真っ直ぐに一生懸命生きる姿を見て、自分も真っ直ぐにチャレンジしていこうと思います。人生は短いから。

投稿者:★プリン★

文字盤にタッチすることで思考を言語化できるということに気付けた東田さんご本人もご家族もすばらしいと思いました。個々の人間にはそれぞれの特性や長所があり、それを伸ばす教育をしていくことこそが、その個人の自立と幸せにつながるという点、再認識させられました。いろいろと試練もあるでしょうけれど、東田さんにはこれからも作家として成長していただきたい。

投稿者:Sky

特別学級という選択が、大人からみて都合の良い合理性に過ぎず、本人に選択の余地が無いのは口惜しく思う。自閉症は不幸とか、かわいそうと感じる事自体が差別なのだと、自らを省みた。なおきさんがいつか好きになった女性と幸せになれる様、応援しています。

投稿者:王様猫

人生はひとりひとりが完結でいいって悟りに驚き。人生50年生きててもぼんやり生きている感じの私、緊迫感が無いからか?
両親の介護してても周りからすれば大変って思われている?かもしれないけれど笑っていられるので幸せなのかなと思えました。

投稿者:日向美晴

知的障害26歳の息子の母親です。
直樹さんから発せられる言葉が息子からの言葉に聞こえて来ました。
ありがとうございます。
小説、楽しみにしています。
発売になるときには、連絡して頂けるとうれしいです。

投稿者:M

人は違ってても良いと思った。
もう自分をあまりにも周りに合わすのは止めにする。
人に発信する言葉を待ちたいと思った。

投稿者:ミーキちゃん

私は家族にも親戚にも自閉症の人はいません。この番組を見ていて自然と涙があふれました。でもそれはかわいそうという感情からではなく、感動と一種の安心感のようなものからでした。自閉症の彼がつらいと感じ、また幸せとも感じていたからです。彼は私達と同じ感情を持ち、彼は私達以上の思い遣りを持っていました。彼の見ている世界をもっと知りたいとテレビから目を離せませんでした。

投稿者:やまださん

がん診療を行う立場です。がんを経験したことのない自分のかける言葉がどのように響くのか、日々迷いながら患者と向きあっています。直樹さんのつむぐ言葉には悩みながら生きているすべての人の心を導く力があると感じました。すばらしかったです。ありがとうございました。

投稿者:なつ

東田さんの苦悩を超えたうえでの言葉、説得力がありました。世界中の同じ症状の方、ご家族の支えになっていてすばらしい。
野田さんの素直な語りは好印象。挿入歌もよかったです。

投稿者:ゆきの

僕の弟も自閉症です。
直樹さんの言葉を聞いて、「僕の接し方が正しかったのか」と考えさせられました。自閉症だけなく、障がい者だけなく、生きている皆、困難を抱えながら、その中で幸せをているのかと感じました。

投稿者:みゅー太郎

久々に恋をしたような気持ちになりました。
なんとなく見はじめて、、最初は「自閉症の男の子」だったのに、後半は彼の魅力にどんどん惹かれて、もう今は「すてきな男性」としか思えない。いい歳の自分がこんな若い青年にキュンときてしまうなんて!でも彼の言葉は心だけでなくハートも揺さぶるんです。純粋にファンになりました。本ゼッタイ明日買う!

投稿者:まきこ

お風呂場でぼーっとみていて、たまたまついていたテレビ。引きこまれて90分。お風呂から出られなくなりました。見やすい時間帯に再放送を是非お願いします。
もっといろんな方にも見てもらいたいです。生きることはバトンをつなぐのではなくて 、一人が完全に生ききることだと教えられました。

投稿者:いちご

息子の理解を深めるよい機会になりました。頑張っているなおきくんとお母さんに励まされ癒やされました。ありがとうございました。

投稿者:とこちゃん

直樹さんの言葉が朗読の三浦さんの穏やかな話し方でぐっと胸に響いてきました。一言 一言をかみしめました。再放送やDVD等にしていただきいろんな方々にもっと見て欲しいと思いました。

投稿者:空はる

番組の事を知らずに見始め、最後まで興味深く拝見しました。
自閉症の事をあまり知らないのですが、こんなにも感情が豊かな事など沢山の事を学ばせて頂きました。
感動して何度も涙が出ました。
すばらしい番組だと思いました。
沢山の方に見てほしい番組だと思いました。

投稿者:ゆおむし

去年も放送されていましたよね?
今回で二回目でしたが泣きっぱなしでした。
初めての放送は2014年とのことですが、全く知りませんでした。
もっと多くの方々に見て欲しいと思います。

投稿者:Gotolin710

東田くんの言葉に感動、尊敬しました。辛いことがあっても頑張ろう!と大変、勇気が湧くすばらしいでした。
東田くんに感謝しています。

投稿者:ひっちゃん

偶然にも以前の番組を拝見したことがあり、今回も同じように見る機会がもてました。本当に奇跡のようです。
もっとたくさんの人に見て、何かを感じてほしい 。
再放送を心待ちにしています。

投稿者:はるのおがわ

東田直樹さん、番組制作の皆さん、本当にすてきな番組をありがとうございました。18歳の高機能自閉症の疑いのある長男に対してふに落ちることが沢山散りばめられていました。録画もしたので、家族全員で見たいと思います。本人も私達も今後のコミュニケーションを図る上で、楽になれそうな気がします。(ただ、途中からの視聴でしたので再放送希望します。)

投稿者:かよこ

自閉症スペクトラムの疑いを持っている母親です。うちの場合は、スペクトラムの枠の上にいるかいないかの微妙な立場ではあれど、子供に対する毎日悩みは付きません。
いままで、健常者からの視点しか見てなかったのが、この放送をみて、衝撃をうけました。これからの育て方を見直す機会になりました。

投稿者:との

直樹さんは桜の樹の様な方ですね。美しいあなたを見ているとまるで満開の桜を見ている様です。久しぶりに幸せな気分で眠りにつき楽しい夢を見た。私は健常者であり若い時はミスコンに推薦される程であったが心はいつも重く不幸。お彼岸最終日に命のバトンを渡せなかった事をわび涙しながらお祈りをした。そしてあなたの言葉に救われた。周りへも自分へも幸福を求め完結します。

投稿者:seiko

わたしにも得意なこと・不得意なことやできること・できないことがあります。
そう考えれば、〈自閉症の人〉を特別な視点でみる必要は無いのかもしれません。
その人の〈できること・できないこと〉をわかりあえればいいのだろうなあと思いました。

投稿者:kangkuseong

障がい者とか健常者とか関係無くみんなひとりひとり違う人間として尊重し合 い一緒に思いやりを持ち温かく楽しく暮らしてゆけたら良いし、そうなれるのは絶対そんなに遠くないはず。

投稿者:蛍渡

少しコミュニケーション下手だったり、空気の読めない行動をすると「自閉症 なんじゃないか?」と言われる世の中、自閉症かそうじゃないか?の基準は何なんだ ろう?と思ってた所に、このドキュメンタリーを見ました。「自閉症」という枠に捕らわれず、全ての人にオススメの番組です。私たちが「こうあれば幸せ」だと思いこんでいる常識は、他人にとって全くそうでなかったとしたら?

投稿者:ナカミチエミ

小生の息子(40歳)も自閉症で地元の福祉作業所に通っています。将来、親亡き後が心配です。

投稿者:かずちゃん

残業して家路に着く テレビをつけると彼が文字盤を指さしながら話していた。ビールを片手に軽く流し観ていましたが、いつしか彼の言葉に吸いこまれていた。自閉症は僕には身近ではない 特別意識したこともない でも東田くんの言葉がまっすぐで心に響き涙がつたっている 生きている意味を僕も感じてみたい 感じたことがないのか忘れてしまったのかそれもわからない でも感じてみるよ

投稿者:なかむらてつや

本当に感動しました。並びに心の声が聞けてうれしく思いました。
自閉症や障害がある方がいると、見てはいけない、でも目をそむけるのも偏見(へんけん)じゃないかと今だにわかりません。
でも、番組を見て少し近付けたような気がしました。
親が笑っている事がうれしいと言うのは、自閉症の子に限らず思う事なのではないかと 勉強にもなりました。
ありがとうございました。

投稿者:とみっこ

偶然チャンネルを合わせただけなのに、完全に引き込まれてしまいました。自閉症であっても、健常者と何も変わらない感情を持ち合わせていることを教えられ、もっと知りたいと思いました。大勢の人に見てもらうべき番組だと思います。

投稿者:きよみ

軽い気持ちで見ましたが、深く考えさせられました。今までは何を考えているか分からなくて怖いとも思っていた自閉症の方が、思いを伝える事が極端(きょくたん)に苦手なだけだったとは。もっと多くの人にこの番組を見て欲しい。

投稿者:えびふらい

自分の子供が自閉症だったのがきっかけだった。今はもう、この世にはいませんが自閉症の星としていつまでも応援します。

投稿者:ちぃーぼう

たしか3回目にしての総集編だと思いますが、何回みても直樹さんの言葉の豊かさ、人間性、考え方にただ感嘆してしまいます。命のつながりができない人は不幸せだろうか?と問いかける言葉など非常に重く心にひびきました。ただ字幕がブルーで読みづらいのが少し残念におもいました。もっとすべての人が見やすい時間帯に放 送できたらいいのに、、と強く感じました。

投稿者:アザミの花

現在15歳の次女が12歳の時に統合失調症を発症し、家族で荒波に飲まれたような日々を過ごして来ました。東田さんの言葉で、次女の幸せについて親目線の尺度で考えていた事に気付かされ目からうろこです。また、ミッチェルさんらが、自分の不幸を哀れみ、我が子を憎みさえしたと正直に語る姿に涙が止まらなかったです。現実をありのままを受け入れていく姿に勇気をもらいました。

投稿者:水色青色

頭を殴られたみたいな衝撃だった。周りと同じようにできなくてかわいそう、友達ができなくて不幸だろうな…と思ってた自分を本当に恥じ入る。私が思ってた幸せって?不幸って?自分の凝り固まった価値観に気付かされました。途中からしか拝見できなかったのでぜひ再放送をお願いします!

投稿者:ゆりまま

その人の立場になって考える事はそんなに簡単な事ではないと痛感した。ナオキ君が紡ぐ純粋で率直で鋭い数々の言葉に、感銘を受けた。未だその余韻が残っている。すばらしい番組に出会えた事に感謝。

投稿者:根本誉

自閉症について色々と誤解をしていた事、幸せは皆同じだという事。
改めて実感しました。本を購入してもっと色々と知りたいと思いました。
とても良い番組です。深夜ではなく、もっと夕方に色々な方の目に触れてもらいたいと思いました!!

投稿者:5人の母

総集編、再放送終了後の視聴者の方の番組の感想記事を読んで、どうにか見られないものか…再再放送を切望します。

投稿者:なおこ

小学校教員です。定年までの3年間、自閉症の彼と前に進んで行きます。彼の想いと直樹さんの想いが重なりました。ぜひ、ゴールデンタイムでの再放送を!

投稿者:せんせい

すばらしい番組でした。
直樹さんのまっすぐな言葉に感動したし、生きる希望が見出せました。

投稿者:T子

翌朝5時半に出ないといけないにも関わらず深夜に最後まで食い入るように見てしまった番組です。自閉症の方の思いを前からずっと知りたいと思ってましたが、それが東田直樹さんの類い稀な文章力で手に取るように知ることが出来、衝撃的でした。

投稿者:ぷなるばすこ

この番組が深夜放送なのが残念。ゴールデンタイムで、多くの人に見てもらいたいです。自閉症への理解を超えて、人としていかに生きるか、たくさんの示唆を与えられました。ぜひ、たくさんの人が見やすい時間帯での再放送をお願いします。

投稿者:ちむ

「命はつなぐものではなく、一人一人で完結するもの」(感動しすぎてうろ覚えです。間違っていたらすみません)という言葉に涙が出ました。途中からしか見られなかったので、もう一度見たいです。ぜひ再放送をお願いします。

投稿者:る~らら

直樹さんの言葉。『僕のために誰も犠牲になっていないと子ども時代の僕に思わせてくれたのが僕の家族のすごいところです』こういう想いを表現出来る事は、自閉症だからという直樹さんが怖いと言っていた人の刺さる視線はやめて欲しいと思った。私は、難病です。人の視線が気になる時も。今も、何故、そんなに見るの?って思う事も。ミッチェルさんとの出会いもステキでした。

投稿者:空色☆。

旅行先のホテルで娘の帰りを待ちながら偶然目にした番組でした。かつて自閉症の方たちとも接する職場にいたこともあり、引き込まれるように画面から目が離せなくなってしまいました。直樹さんの哲学的な言葉に驚くばかりで、本も読んでみたくなりました。取材されていた方の癌治療の話なども含め、多くの方にも是非見てほしい番組です。再放送を強く望みます。

投稿者:S.M

直樹君は画面左に動くが、キャメラはその直樹君を追わずに、フレームアウトさせ、そのまま前方を歩いて行く子供たち(小学生)をそのまま撮らえ、さらに彼らの前方から中学生達が来る。このシーン、このキャメラはすごい!これこそドキュメンタリーだ。

投稿者:持丸 治夫

ひとりの人間としての、生き方とは、幸せの在り方とは。心にズシンときました。価値観が変わりました。個々に受け取り方は違うと思いますが、もっとたくさんの方々に見ていただき、感じて欲しいと思った番組です。是非再放送をお願いいたします。

投稿者:ふう

皆様のレビューを募集しています。

  • 自閉症の作家 東田直樹さん 3年間の成長の記録
  • ナレーションはRADWIMPSの野田洋次郎さん、朗読は三浦春馬さん
  • 生きづらさを抱えながら、人はどう生きればいいのか?

どんな番組?

東田直樹さんが書いた世界的ベストセラー
「自閉症の僕が跳びはねる理由」

本をきっかけに生まれた出会いと希望を描く

プロの作家として歩み始めた
直樹さんの姿を追った

3年間にわたる記録を
自らもハンディキャップを抱えた
ディレクターの視点から描く

自閉症の君との日々
3月24日(金)午前0時10分(23日深夜)放送
総合

番組スタッフから

今回の番組は、自閉症の作家東田直樹さんを取材した2014年放送の「君が僕の息子について教えてくれたこと」と2016年のNHKスペシャル、2つの番組をまとめ、直樹さんの成長を3年間にわたって記録した総集編になります。3年間という長期取材は、直樹さんが世界的なベストセラーを生み出し、作家として大きく成長していく姿を克明に映し出します。一方で、その間に単なる取材者だった私もガンとなり、肺や肝臓にも転移し5年生存率は5割以下と告げられました。治療の結果、癌細胞は死滅したものの、再発の恐怖や抗がん剤によるしびれなど自らハンディキャップを抱えることで、自閉症とともに生きる直樹さんの存在はもっと切実なものとなりました。生きづらさを抱えながらどう生きればいいのか、直樹さんの取材を通して考え続けることが、今を生きる人々にとって意味のあるものになるかもしれないと思い取材を続けました。障害、病気、事故、大切な人との別れなど生きる上で、ハンディキャップや苦悩を抱えることは誰にでも起こりえるからです。そのため、今回の総集編は、ガンとなった私の一人称で番組を進めるようにしました。一生の中で3年間といえば、短いのかもしれませんが、成長や葛藤、そして、苦しみなど、実に様々なものを人生にもたらすものだと総集編にして改めて気がつきました。

そして、今回、なんと、私の一人称のナレーションを「君の名は。」の音楽を手がけ、今、最も人気を集めているRADWIMPSのボーカル野田洋次郎さんが担当してくれることになりました。この番組が初めてのナレーションになるようですが、類い稀な表現力と独自の存在感を持つ野田さんの語りも是非、楽しんで欲しいです。直樹さんの圧倒的な言葉の世界は、前回のNHKスペシャルと同様に、三浦春馬さんが朗読で表現してくれます。
89分と少し長いですが、一つの映画をみるようなお気持ちでご覧になっていただけると有り難いです。

(番組ディレクター)

番組内容

自閉症の君との日々

自閉症の作家・東田直樹さんは、日常会話は不可能だが、文字盤で意志を伝えられるという極めてまれな能力を持っている。私たちは、東田さんを3年間に渡り取材してきた。その間に東田さんは、世界的ベストセラーを生み、作家として大きく成長した。一方取材を続けてきたディレクターは、ガンとなり、自らハンディキャップを抱えることになった。生きづらさを抱える人がどう生きればいいのか、ディレクターが見つめた3年間である。

出演者ほか

【出演】東田直樹,【朗読】三浦春馬,【語り】野田洋次郎

チャンネル

  • 2017年3月24日(金) 午前0時10分(90分)

編集部のおすすめ