もっとNHKドキュメンタリー もっとNHKドキュメンタリー

失われた大隊を救出せよ
BS1スペシャル「失われた大隊を救出せよ~米国日系人部隊 英雄たちの真実~」
みんなの
レビューは
こちら

BS1スペシャル「失われた大隊を救出せよ~米国日系人部隊 英雄たちの真実~」

  • 2017年3月19日(日) 午後7時00分(110分)
  • 2017年3月26日(日) 午前9時00分(110分)
  • 2017年4月18日(火) 午後7時00分(110分)
  • 2017年5月5日(金) 午後0時00分(110分)

みんなのレビュー

あなたが番組を見た感想は

0
面白かった
0
泣けた
0
癒やされた
0
発見が
あった
0
考えさ
せられた

(感想スタンプはどれか1個だけ押せます。)

あらためて困難な道を歩んだ先人の努力に頭が下がりました。時間はかかっても、事実をきちっと評価する米国もすごい。

投稿者:kunohrk

40年昔に米国に留学していた当時の人種差別を思い出した。日本人というだけでひどい目にあった。それも自称白人というどこの国の出身か分からないやつらに。
是非再放送してほしい。子供や孫に見せたい。

投稿者:ジャップ

「99年の愛」でこの部隊のことを知りました。
再放送をかなり期待しています。

投稿者:フタタビ

442部隊の事は知ってましたがよくぞここまで掘り下げて取材してくれました。
是非とも再放送はBSではなく地上波のゴールデンタイムでの放映をお願いします。

投稿者:すずきたろう

世界戦争の時代、不運にも生きた先代(日本人と日系人)潔さ、武士道、賢さ、日本人らしさのDNAは今の自分たちにも少なからず備わっていると思います。戦争や争いは好みませんが立派な先代たちを見習って「GO for broke !!」何にでも挑戦出来ると思います。日本人魂は忘れてはいけないと思います。さきの大戦で国籍問わず亡くなられた方々に 慎んで御冥福をお祈りいたします。

投稿者:クリントイースト ウッド

今だから知らないとならない事実だと思います。日系人が通って来た長い道のりに涙しました。特に再現ドラマがすばらしかった。考証や衣装の正確さが際立っており、戦闘シーンの臨場感は、まるで戦争映画を見ているようです。
ドキュメンタリーの域を超えていると感じました。また是非このような再現ドラマを加えた戦争ドキュメンタリーを期待しております。

投稿者:知識欲

改めて、戦争に加害国も被害国もないと感じた。
つまり、戦争に参加したすべての国家が加害者であり、戦場に駆り出された兵士は、皆、被害者なのだと感じた。
日系人部隊の若い兵士達の本物の写真は、10代後半の自分の甥の姿と重なり、本人と家族のことを思うとたまらなかった。
人間の感覚は麻痺する。私は麻痺していないか?自問自答させられる番組だった。

投稿者:葉桜

やはり忘れてはいけないことですね。

投稿者:piroshi

40代、仕事でアメリカに行き、442部隊、100大隊、マンザナール収容所に入れられた人たちに会う機会がありました。たまたまこの番組を30分遅れで見ることが出来ましたが、最初の30分、見ることができず、すぐに再放送のお願いをしたところ、3月26日、再放送とのこと、本当にありがたく思っております。

投稿者:jpnhero

とても考えさせられました。
現在にも通ずるエピソードの数々、生の証言による重さ!
その証言を見事に再現ドラマで見せてくれました。感動倍増で最後には涙しました。戦闘シーンでは震えがくるくらいに恐怖をおぼえたほどです。記録フィルムでは伝わらない兵士の心理が痛いほどわかる、かつてない傑作再現ドラマだと思いました。

投稿者:歴男

ドキュメンタリー番組で歴史が語られる時、再現ドラマは理解を助けてくれるものですが、今回のドラマの精密な時代考証は戦場での兵士の動きや仕草に至るまでが、良質な映画を見るようでした。こういった作品を期待させてください。

投稿者:おおゆき

番組冒頭はオバマ大統領が日系人部隊の陸軍442連帯を称賛するもので、戦時中にもこんな良い日米関係があったのかと思いましたが、実はそんな生やさしい歴史ではありませんでした。戦争を語り継ぐべきと言われますが戦争で英雄になった人でさえ傍らには多くの戦死者がいたことで必ずしも自慢話として語りたくない事実であることも理解できました。

投稿者:momo

戦争において敵は前方だけにいるのではない。共同体の期待や圧力が後方の敵となって兵士達を前へ突撃させる。
多くの若者が死に、恐怖と悪夢、懺悔(ざんげ)が今も静かな森と秘密公文書の中を彷徨(さまよ)っている。日本人の知られざる歴史に光を当て、失われた兵士たちを救出せんとする良い番組でした。

投稿者:viola880

最後に「敵というのは友だちの友だちなんだ 友だちの友だちと戦ったんだ」というのがあった。
人と人が相争うのは仕方ないのかもしれない。しかし人と人が争い続けることは決してなく、関係がいつか変わることは今の日米関係が示しているだろう。
それは今のアメリカとイスラム圏の関係に対しても、いえることではないだろうか。

投稿者:GA-Joe

心にずしんと残るドキュメンタリー番組でした。
最後の「英雄と呼ばれたくない。友人の友人と戦ったのだ」という言葉が悲しい。アメリカ人として認めてもらいたかった日系の人々の苦しい歴史ですね。
民族でなく人間として生きられる世界を望みます。
そして生き残った高齢の方々が少しでも心穏やかに過ごせますように願っています。

投稿者:ゆち

番組内容

BS1スペシャル「失われた大隊を救出せよ~米国日系人部隊 英雄たちの真実~」

75年前、第二次大戦中に厳しい差別にさらされた日系アメリカ人たちが「米国への忠誠を示すため」に結成した陸軍442連隊。欧州戦線で数々の勝利をとげ「英雄」と呼ばれるようになった彼らの運命を変えた過酷な作戦があった。包囲された約200名の白人部隊を救出する緊急指令。無謀な作戦のため多くの将兵が犠牲になった。いったい作戦で何があったのか?元兵士の証言や秘密資料から作戦の全貌と背後にあった米国の思惑に迫る

出演者ほか

【出演】呂敏,山本剛史,板垣雄大,藤江琢磨,チャールズG,リカルドB,【語り】山田敦子,近田雄一

チャンネル

  • 2017年3月19日(日) 午後7時00分(110分)
  • 2017年3月26日(日) 午前9時00分(110分)
  • 2017年4月18日(火) 午後7時00分(110分)
  • 2017年5月5日(金) 午後0時00分(110分)

編集部のおすすめ