もっとNHKドキュメンタリー もっとNHKドキュメンタリー

人が幸せに生きるとは?
BS1スペシャル「歓(よろこ)びの絵 ねむの木学園 48年の軌跡」
みんなの
レビューは
こちら

BS1スペシャル「歓(よろこ)びの絵 ねむの木学園 48年の軌跡」

  • 2016年10月8日(土) 午後9時00分(50分)
  • 2016年10月16日(日) 午後8時00分(50分)
  • 2017年1月11日(水) 午前1時45分(50分)

みんなのレビュー

あなたが番組を見た感想は

0
面白かった
0
泣けた
0
癒やされた
0
発見が
あった
0
考えさ
せられた

(感想スタンプはどれか1個だけ押せます。)

福祉は文化です。あらためて感動しました。

投稿者:sakata

40年前、高校生の私はねむの木で働きたいと電話をさせて頂きました。教員を志し、養護学校で絵本を読ませて頂く活動に携わり、淳之介さんにならって大切なひとの体を「からだ」と書き表すことにこだわるようになり…、いつもまり子さんのずうっと後ろを歩かせて頂いてきたように思います。途中でやめないこと、淳之介さんとの約束を守り続けるまり子さん。どうかどうかいつまでもお元気で。

投稿者:木村志

開設当初からすばらしいと思っていましたが、まだ続いていたとは!びっくりしました。本当にすばらしい人です。
91歳の母が、見逃してがっかりしております。是非再放送をお願いいたします。

投稿者:supica
  • 女優・宮城まり子さんは、多くの障害を持った子どもたちを育ててきた
  • 48年前、日本初の障害者支援施設「ねむの木学園」を設立
  • 学園で絵や音楽を学ぶ子どもたち 成長を見守ってきた宮城さんの思いとは

どんな番組?

女優 宮城まり子さん 89歳

photo

48年前 私財を投じ
障害者支援施設「ねむの木学園」を設立

「体や言葉が不自由でも
感じる力を伸ばせば何かができる」

photo

子どもたちは
共同生活を
送りながら
絵や音楽を学ぶ

photo

「障害者福祉の世界で一番欠けてきたと思う
『生きる意欲』をつくっていく。
その分野の功績はすごく大きいと思う」
厚生労働省元参事官 河幹夫さん

photo

「お母さん(宮城さん)がいなかったら
絵の心とか絵の力は生まれなかったと思う」
としみつさん

子どもたちが
自由に描いた
一枚一枚の絵

photo

子どもたちの絵は
私たちになにを語りかけるのか?

BS1スペシャル 歓びの絵
〜ねむの木学園48年の軌跡〜
10月8日(土)午後9時00分放送
BS1

番組内容

BS1スペシャル「歓(よろこ)びの絵 ねむの木学園 48年の軌跡」

ねむの木学園は1968年、女優・宮城まり子が私財を投じて静岡県に設立した日本初の肢体不自由児養護施設だ。宮城は障害があり、家庭環境に恵まれない子どもたちを迎えた。感じたままを絵にさせ、独自の世界は多くの人に知られるところとなったが、その宮城も89歳。体力の限界を感じながら開いた美術展には、“障害があっても成長したい”と願う子どもたちの願いと、人間の可能性を信じる宮城の思いが込められていた。

出演者ほか

【出演】女優・ねむの木学園園長…宮城まり子,【出演】神奈川県立保健福祉大学教授…河幹夫,【語り】柴田祐規子

チャンネル

  • 2016年10月8日(土) 午後9時00分(50分)
  • 2016年10月16日(日) 午後8時00分(50分)
  • 2017年1月11日(水) 午前1時45分(50分)

編集部のおすすめ