もっとNHKドキュメンタリー もっとNHKドキュメンタリー

BS1スペシャル「精霊流しの夜に~ネパール 大震災を越えて~」
みんなの
レビューは
こちら

BS1スペシャル「精霊流しの夜に~ネパール 大震災を越えて~」

  • 2016年2月14日(日) 午後9時00分(50分)
  • 2016年2月20日(土) 午後0時00分(50分)
  • 2016年3月11日(金) 午前9時00分(50分)

みんなのレビュー

あなたが番組を見た感想は

0
面白かった
0
泣けた
0
癒やされた
0
発見が
あった
0
考えさ
せられた

(感想スタンプはどれか1個だけ押せます。)

樹木希林さんの語りが淡々としていながら沁(し)み入るようで良かったです。番組の内容については何も言えません。言葉が見つからないのです。地震災害の多い国民にしかわからないつらさがひしひしと感じられました。祈る事で前へ進んでいけたらいいと思います。

投稿者:noriko

ネパールて宗教の核になる一番純粋な部分が大切に守られ人々に根付いている事、それが人々を穏やかに導いていくんだという事を感じました。精霊流しに行った後のインタビューの穏やかな表情がとても印象的でした。
映像もとても綺麗でした。

投稿者:きな粉と黒蜜

ネパールの死生観、生まれ変わり死に変わるから墓はないという考えに共感。そして、死を生きている人々から隔離することなく身近に感じて受け入れられるシステムが、もしかしたら凶悪犯罪がまん延する日本にも今必要なのではないかと考えされられた。
次の世でもまたパートナーに巡り逢(あ)えたら、というすてきな感性を私も学びたい。

投稿者:ちゆん

今の日本人には無い現地に生きる人々の宗教性の深さにとても感じ入りました。人が受ける最も重い悲しみは愛する人を失うことだと何かの本に書いてありました。「死」という人類に課せられた最大の悲しみからあらゆる宗教は出発していると考えています。
これから日本は超高齢化社会・多死社会となっていきます。これからは日本人が日本人の宗教性を深めていく時代なのではないでしょうか。

投稿者:su

生と死がリアルで生々しい、ネパール独特の感覚が懐かしかったです。愛する者を亡くした気持ちは、どんな国でも民族でも変わらないんですね。愛する者を弔うため聖地を訪れる家族の真摯(しんし)な祈りに泣けました。

投稿者:marme

番組内容

BS1スペシャル「精霊流しの夜に~ネパール 大震災を越えて~」

地震で大きな被害を受けたヒマラヤふもとの村。シラサーニさんは自分の目の前で夫を失った。今は残された4人の子どもとトタンの仮の家に住んでいる。たびたび夢枕に立つ夫にうながされるように、遠く離れた聖地に向けて旅に出る。一番心配な次女を連れて。聖なる炎を手渡され、夫の存在を感じて号泣するシラサーニさん。そして川に浮かぶ無数の明かりの中で、何を感じるのか?愛する人を失った人々の、喪失と心の再生の物語。

出演者ほか

【語り】樹木希林

チャンネル

  • 2016年2月14日(日) 午後9時00分(50分)
  • 2016年2月20日(土) 午後0時00分(50分)
  • 2016年3月11日(金) 午前9時00分(50分)

編集部のおすすめ