もっとNHKドキュメンタリー もっとNHKドキュメンタリー

もうひとつのショパンコンクール
BS1スペシャル「もうひとつのショパンコンクール~ピアノ調律師たちの闘い~」
みんなの
レビューは
こちら

BS1スペシャル「もうひとつのショパンコンクール~ピアノ調律師たちの闘い~」

  • 2015年12月23日(水) 午後9時00分(110分)
  • 2016年1月3日(日) 午後7時00分(110分)
  • 2016年1月24日(日) 午前11時00分(110分)
  • 2016年4月18日(月) 午前1時15分(50分)
  • 2016年6月11日(土) 午後3時00分(110分)

みんなのレビュー

あなたが番組を見た感想は

0
面白かった
0
泣けた
0
癒やされた
0
発見が
あった
0
考えさ
せられた

(感想スタンプはどれか1個だけ押せます。)

コンクールにかける調律師の方たちの奮闘や、ピアニストへのサポートを見て、プロの仕事に釘付けになりました。コンクール用の音色づくりや、選ばれることの難しさと、オーダーメイドできない条件での音色づくりへのジレンマも興味深かったです。1次予選のファツィオリの音色が、ずっと聞いていたいようなすばらしさだったと思いました。次回のコンクールでもぜひ取材して欲しいです。

投稿者:りんご

interesting ! good !

投稿者:choco

ショパンコンクールで、4台のなかから好きな楽器を選んでいたとは知りませんでした。
調律師がどんな作業をするのか、舞台裏の様子を見ることができてとても興味深かったです。

投稿者:クラシック音楽好き

ショパンコンクールにかけるいろんな方々に感銘を受けました。
一次からファイナルまでのプロセスも知らなかったので見れて良かったです。各メーカーのキャラクターも興味深いものがありました。ピアノを聴く楽しみが増えました。

投稿者:ともK

めったに見ることができない世界的なコンクールの裏側、大変面白かったです。友人が、たまたま番宣を見て、大学で同期のコミさん(小宮山さん)が映ってる、と教えてくれたので見たら、思いきりフィーチャーされていたので驚きました。お仕事で海外で活躍されてることは知っていましたが、放送で初めて、こういったコンクールでの活躍を知り、大変誇らしく思いました。

投稿者:よしか

ショパンコンクール次回を目指しているものですが、オソキンスさんが出ていなくて残念です。

投稿者:たこ

ふだん見ることのできない調律師の裏側、見入ってしまいあっという間の時間でした。

投稿者:なお

世界で闘う日本人。
中でも欧米のメーカーから選ばれた日本人調律師は同じ日本人として誇りに思います。

投稿者:ようかん

『ピアノの最高峰はスタインウェイ、購入するならヤマハ。カワイはヤマハより落ちる。ファツィオリ…?知らない』
その程度の事前認識^^;
ポーランドでは、カワイは重低音がすばらしく『カワイトーン』と呼ばれているなんて知らなかった。ファイナリスト10人中7人がヤマハ選択は誇らしい*後に2人がスタインウェイに変更調律師サイドの視点、大変興味深く拝見!

投稿者:直君ママ

とても面白かったです!途中から見たので、再放送を見ます!
ファツィオリ?の調律師が鍵盤ごと入れ替えた所から見ました。はっきりいって入れ替え前の音と入れ替え後の音の違いはあまりよく分かりませんでした(響きが違うのは分かった)。。だからすごい耳をしているんだなあ、と驚きました。

投稿者:じゃむっち

世界トップレベルの調律師さんの闘いは見応えがありました。
特にファツィオリの越智さんの職人気質のこだわりは眼を見張る程でした。
次回のコンクールの続きを見たいです。

投稿者:すーちゃん

ファツィオリの調律師はショパン当時の木製フレームのことを思い、柔らかな音に仕上げたと思いますが、総スカンを食らいました。このへんがもう既にショパンの音楽からショパン風現代音楽に成り代わっているように思いました。とは言えそんなにショパンのことはわかりませんが楽器は今のピアノとは別物だったのでピアノ屋さんのコンクールだな、と思いながら見ていました。

投稿者:FP

ものすごく興味深くおもしろかった!まさか、こんなにヤマハやカワイの評価が世界で高いとは!子供のころに「日本のピアノはスタインウェイにはかなわない」と何かの本で読み今まで知識もなくそう思いこんでいたので、とてもうれしい驚き、誇らしい思い。
ヤマハは30年前からの苦労が偲ばれて涙。カワイの小宮山氏の暖かい心に感心。ヤマハの苦闘を描いた作品をぜひ見たい!

投稿者:カトリーヌ

仕事に対する真摯な姿勢を持ち続けることが世界で戦える調律師と成長するのでしょうね。
何より見れない世界を見せていただいたこの番組を制作していただいた方々にあっぱれと思いました。

投稿者:へいた

これほどまでに、調律師がピアニストから信頼を得ているとは、新鮮な驚きです。
単なるものづくりに終わらず、参加者、関係者の想(おも)いが一台のピアノに交錯し、興味深かった。

投稿者:REN

ピアノを弾くので、興味を持って拝見しました。個々のピアノのタッチが調律でかなり大きく変わるというのはわかるにしても舞台裏でこんな闘いがあり、ここまで緻密に計算しつくされているとは。ピアノを弾かない家族も興味津々でした。調律師の皆さんに拍手です。

投稿者:MM

再放送もう一度お願いいたします。イマ取り忘れ。

投稿者:ゆえ

とても興味深い視点と切り口でした。幼い頃から身近なヤマハとカワイ、遠い存在であこがれだったスタンウェイ。調律師はどんな気持ちで何をしているんだろうと以前から興味がありました。ピアノだけはコンクールの現地で用意されたものしか弾けませんもんね。途中からしか見れなかったので、再放送熱望します!

投稿者:ヴィヴィ

BSでの放送は見逃しました。(私にはチャンネル権は無いので!)
4/18(月)の総合での放送は夜中なので、録画しておきました。
次の日の夜に見たら、途中でニュースが入り、後半は録画されていませんでした!
お願いします!再放送してください!見たいのです!知りたいのです!
また、録画しますから!

投稿者:昔のピアノ少女

楽しみにしていたのですが、録画して見たら前編と後編に分かれていて、後編が見ることが出来ず、がっかりしました。
どうしても後編が見たいです´д` ;
再放送して下さい!!

投稿者:あーちゃん

もうひとつのショパンコンクール、楽しみにしておりました。夜中でしたので録画予約したのですが、残念ながら後半は録画されませんでした。分かれていたなんて!気づかなかったのがいけないのですが、がっかりし過ぎてます。近々で是非再放送お願いします。

投稿者:みき

録画した番組を最後まで見てビックリ!
続きは後編にて。だって。
読売新聞のテレビ番組欄には、前編のみ記載されていた。
ちゃんと番組全部記載しろよ。
おかげで見せ場の後編が見れなかったじゃないか!
番組の再放送を強く望みます。

投稿者:観れないよぅ

これからというときに仕方のないことですかニュースが入ってしまいました。
違った目線でのコンクールの取り上げかた、日本人が調律師でコンクールに取り組んでいる姿もう一度見せてください。

投稿者:Naji

後編があるなんて知らなかった!再放送おねがいします。
大変興味深い内容でよかったです。
100万人にひとりの耳。ファツイオリとの出会い。。。
柔らかくて暖かい音が気に入ってもらえない。。。
大変なご苦労がおありだとおもいます。
音大に調律科があるんですね。初めて知りました。
この番組のようにひとを教化する番組をもっとたくさん作ってほしいです。

投稿者:K大オケ部ヴァイオリン娘の母

ショパンが好きで、なんとなく録画した番組だったのですが、面白く見いってしまいました。残念なことに後半が録画されてなかったのです。結果がわからず続きが見たいです。もうひとつのショパンコンクール再放送お願いします。

投稿者:ペロ

《重要》
後編録画できませんでした。
渋谷NHKに行けば、見れますか?

投稿者:アレン

15分間を空けて放送するなんて、前編しか録画できなかった。
フラストレーション最高なんとかしてくれ!

投稿者:motolin

とても感動しました

投稿者:あれん

4/17の25:15から26:05分までの前編は録画していたのですが、結末は、後篇!!??
という事でびっくり、「後篇」の録画予約しておりませんでした、ヤヤー失敗しました。
余談ですが、このショパンコンクールの直ぐあとには、浜松国際ピアノコンクールが有り何度か予選を聴きに行きました、カワイのピアノが上位を占めていたのが今回の印象でした。

投稿者:ミスッターyk

宮下奈都さんの「羊と鋼の森」を読んでいたのでこの番組は興味津々でした。 越智さんが調律したピアノを選んだのはたった一人の中国の女性ピアニスト。大ベテランの小宮山さんの方は何と11人のピアニストが選んだけれど、越智さんはその一人のピアニストのためだけに全力を尽くす。いやー惹(ひ)かれましたね。ところが後半を録画し忘れ!どうなったのでしょうか。再再放送を強く望みます。

投稿者:matiu

4月18日の再放送を録画し、大変興味深く拝見したのですが、前編・後編に 分かれていると知らずに後編を見逃しました。どうか、再放送をお願いいたします!!

投稿者:うさぎ

すばらしい番組をありがとうございました。ショパンコンクールの表舞台は有名で皆知っておりますが、舞台裏の調律師に眼をつけた着想はすばらしい内容でした。音楽の奥深さを教えてくれたレベルの高い内容でした。ここ一年で一番感動した番組です。このような番組を見せて頂けるなら受信料は安いと思いました。是非、再放送をお願いします。

投稿者:谷岡 憲隆

調律が音に浪漫を乗せてワシらに届ける。初めて知りました。長生きするもんじゃのう。越智君、頑張れ!

投稿者:チャピコ

再放送、前半だけ拝見しました。コンクールの裏側がこんなに熱いとは!日本のピアノメーカーの技術力の高さ、調律師のポテンシャルの高さ、知っていたつもりでしたが、ここまでとは…。後半が録画できず、再々放送、是非お願いしたいです。

投稿者:みさこい

番組内容

BS1スペシャル「もうひとつのショパンコンクール~ピアノ調律師たちの闘い~」

2015年秋に開かれたショパン国際ピアノコンクール。5年に1度、若手ピアニストたちがしのぎを削るスターへの登竜門だ。そして、コンクールで採用されたピアノメーカー4社にとっても世界にアピールする最高の舞台。どれだけ多くのピアニストに選んでもらえるか。優勝者を出すことができるか。今回、その命運を握る調律師たちのほとんどが日本人だった。しかし、彼らには次々と困難が襲いかかる。はたして栄冠をつかむのは誰か

出演者ほか

【語り】井上二郎

チャンネル

  • 2015年12月23日(水) 午後9時00分(110分)
  • 2016年1月3日(日) 午後7時00分(110分)
  • 2016年1月24日(日) 午前11時00分(110分)
  • 2016年4月18日(月) 午前1時15分(50分)
  • 2016年6月11日(土) 午後3時00分(110分)

編集部のおすすめ