もっとNHKドキュメンタリー もっとNHKドキュメンタリー

私たちは買われた
ETV特集「私たちは買われた―少女たちの企画展―」
みんなの
レビューは
こちら

ETV特集「私たちは買われた―少女たちの企画展―」

  • 2016年10月1日(土) 午後11時00分(60分)

みんなのレビュー

あなたが番組を見た感想は

0
面白かった
0
泣けた
0
癒やされた
0
発見が
あった
0
考えさ
せられた

(感想スタンプはどれか1個だけ押せます。)

企画展を見に来ていた女性も言っていたが、社会と大人が悪いに共感した。本当に申し訳ない…。苦しい。悲しい。ゴメンなさい。

投稿者:すずき

家族や学校や社会の目に見えない抑圧が積み重なって少女たちを追い詰めている。見て見ぬふりをしてきた私たち自身が彼女たちを追い詰めていることになっていると気づきました。子どもたちを社会全体で支えることが必要。と同時に、この問題は18歳では線引きできない。性的搾取を経験したすべての人(性別関係なく)への支援を考えていきたい。

投稿者:ももやん

番組を途中から見ていました。私はJKビジネスした事も無いですし親から虐待も受けた事も無いです。番組を見ていて涙が出ました。何に対して泣いたのか自分でもよくわかりませんが、つらいのか悔しいのかも…。彼女達のような方が増えないためにはいかにしたら良いのか考えさせられます。

投稿者:ドコ

この子たちは“私”だ。
そう思いました。
私には、彼女たちと同じ傷と痛みがあるから。
そして、彼女たちを想(おも)って涙した大人たちも“私”でした。
大人になった私に出来ることは何だろう?
あの頃、私がして欲しかったことを思い返しています。

投稿者:あかり

以前Facebookで仁藤さんが行われてる活動を知りました。
そして、仁藤さんが書かれた「難民高校生」を拝読しました、私が何も知らず生きてきたのが悲しくなってしまいました。私に何が出来る事は無いかと読んだ日からずっと思っております。
私が将来警察官になった時、絶対風俗被害で苦しむ高校生を減らそう、悪い大人は絶対許さないと感じました。

投稿者:しょう

まずは参加された女性たちに頭が下がります。過酷な状況をよく生き延びたと。難しいかもしれないけれど罪悪感など捨ててしまっていいんです。自分で生き延びたことを褒めてあげて下さい。中傷もあるでしょう。でも心から何かしたい、希望を持って欲しいと思う大人もいることを伝えたい。辛い10代でもその分20歳からは開き直るくらいでいい!楽しく生きて欲しい。自分のために。

投稿者:まやや

私はみなさんのお母さんよりすこし年上でしょうか。仁藤さんの活動は2年くらい前から存じてました。ほかの方も言ってるようにどこか他人事のように感じてました。このように感じてきながらなにもしなかった大人がいけない。彼女らは悪くない。
生きてください。私も自分にできることをやっていこうと思ってます。

投稿者:じゅんこ

自分の視点がいかに固定観念にとらわれているかを気づかせてくれた内容でした。自分の「性」を“売らされた”少女達。そこに至った背景と、彼女達の心の苦しみは想像を超えるものでした。
勇気を出した彼女達の思いをもっとたくさんの人達に知って欲しいです。

投稿者:まる

児童福祉分野の仕事に就きたいと考えています。今回の放送でこの企画展のことを知りました。当事者の方が、このような企画を行うことはとても勇気のいることだったと思います。それでも、私たちに現状を伝えてくださったことに感謝します。
さまざまな原因が彼女たちを苦しめているのだと思います。より多くの大人がもっと関心を持つべき問題だと考えます。
ぜひ、全国で開催していただきたい。

投稿者:社会福祉勉強中

番組を見ていて涙が止まりませんでした。少女たちは自分のこれまでの経験と向き合いながら、今を懸命に生きていました。私も学生の頃同じような状況で、高校3年生のときはずっと死のうと思っていました。現在は教員になり母校で働いています。ぜひこの番組を生徒たちにも見てもらいたいです。

投稿者:MIKA

私もその1人だった。
性被害を受けてから自分は汚い、汚れていると思うようになり、どんなに時間が経っても忘れられない、消えない。
時々フラッシュバックが起きてそのたびにつらくなる。
以来男の人が怖くて……
世間の目は私たちが悪いって言ってるからそのことを相談しようにもできない。
相談しても「あなたが悪いんだから」と言われた。

投稿者:suna

これまでつらすぎる経験をして心に大きな傷を負ってきた彼女達が、傷を癒やし、幸せを手にすることを心から祈ります。
血を吐くような想(おも)いで話し、綴って、企画展を実現してくれたこと、まだ社会や大人を信じようとしてくれたこと、本当に感謝しかありません。こんな社会のままであっていいはずがない。こんな社会にした大人が責任を持ってなんとかしないといけない。そう思いました。

投稿者:あや

仁藤さんのやっておられる活動は本当にすごい。街で時間を潰すしかなかった少女たちに安全な居場所を提供し、信頼できる大人の1人として一人一人の人生に寄り添っている。そういう大人に自分もなりたい。
この番組は深夜ではなくゴールデンタイムに放送し、多くの人たちに見てもらいたい。

投稿者:きなこ0258

とても心に残る番組でした。昔のマスコミの援助交際特集は「金欲しさに体を売るコギャル」という内容ばかりでした。彼女たちに寄り添う取材だからできた番組だなあと思います。自分の日常の外側にいる、同じ日本社会の人たちを知るきっかけをいただき、ありがとうございました。

投稿者:みかん

一人の大人として、被害に遭った子たちに本当に申し訳ない思いです。「買われた」展を企画したみなさんに心からの敬意を表します。
彼女たちが、いや、どんな児童も、大切にされ、自分を大切だと実感できるような社会にしなければと強く感じます。企画展同様、番組への心無い中傷も多々あると思いますが、真摯な良い番組でした。

投稿者:佐々木

おにぎりの代わりに体を差し出した少女のイメージが頭を離れません。
展覧会を見た方の、男性の性暴力じゃなくて、おとな全員が、社会が、自分が、加害者だったという気持ちにとても共感し、涙が溢れました。
私も地域の子どもたちのためにと、こども食堂を始めました。
世の中の悪い男に負けない、味方になるおばちゃんを目指したいです。

投稿者:はな

今、番組の録画を見ています。
私は20歳の時に数か月援交していた。番組に出ていた方達の理由とは違うけど、必要とされたかったというのがとても良くわかる。私は、こんな私でも求めてくれる人がいることがうれしかった。

投稿者:なのはな

当時「わたしたちは買われた」展に行こうと思っていたので放映してもらえてありがたかったです。未成年者を性の対象としてビジネスにしてしまう日本社会の病巣の深刻さ、そして勇気を持って告発した被害者である女性たちに自業自得とネット上で中傷する多くは加害者側である男性たちの声も取り上げていて深く踏み込んだ内容だと思いました。

投稿者:寿

企画展、見ました。
そこには、自分の娘と何ら変わらない、普通の娘たちのすさまじい「リアル」があり、何も知らなかった自分に情けなくなりました。
ここへ来るまでにどのくらいつらい時間を過ごしたのでしょう。
せめて、これからの時間の多くを、笑顔でいて欲しいと思います。そして、そのための手助けをさせてもらえれば、と思います。

投稿者:LED_Sarion

番組を拝見させて頂いた時に、私の29年間(今年で29歳)のことを振り返り、自分と同じ境遇の人が居るのだと、ずっと泣くことが出来なかった私が泣くことができました。幼き頃の虐待とネグレクト。帰る場所がなく歌舞伎町のコマ劇の前で座り続けていた10代。私も今は自傷はしてないが、もう消えることのない、腕の傷と精神病。心を自身に打ち明け泣けて、癒やされました。

投稿者:SEKINE SORA

以前から、仁藤さんの活動は支援してました。改めて大変な養育環境だと思いました。私も、祖母以外に大切にされない生活。今も、生まれてひどい目に家族からあわされた。とおもっています。友人、親切な他人のおかげで生活できてます。彼女たちのつらさ、わかります。

投稿者:松井

私も同じような経験を今だにしてる。
どうしたらいいのか分からなくなる。

投稿者:ミルク

私自身、子どものころに性被害体験がある。北原みのりさんは、この国で性について傷つきを持たない女性はいないと発言したが、そのとおりだと思う。売れれば何でもの性産業に少女たちが搾取されている。女性の自殺が世界第二の不名誉な状況、原因は暴力とそれによる精神障害。そして女性の貧困だ。女性の人権という視点から、性暴力犯罪を改正してほしいし、教育に税金を使ってほしい。

投稿者:ありす

大人から投げつけられた言葉が模造紙いっぱいに書かれているのを見た後、10代の頃の自分の心的外傷を見つめ直しました。親からの虐待について親戚に話しても解決せず、恥ずかしくて友達には話せず、やっと中学校の教員に相談しても、話を聞いてやる代わりにと性行為を強要されました。この番組は声を奪われてきた10代の声を形にしてくれました。多くの大人に視聴してほしい内容でした。

投稿者:宮本

私と似てる って思いました。
私と同じくらいの年齢の女の子たちが軸のこの番組に出あえて少し救われた気持ちになりました。
自分と似たような境遇の人たちの言葉をきいてすごく共感したし心が苦しくなりました。続編見たいです。

投稿者:ayn

企画展の事は知人から聞いており、メディアに取り上げられる様子を見て、更にその思いは募っていきました。
企画展が始まり、仙台から日帰りで、都内の会場まで行きました。予想以上に人が居て驚きました。
写真から物語られる当時のイメージ、文面から痛い程伝わるつらい現実...とても胸が痛みました。
企画展もこの番組も、ひとりでも多くの人に見てもらいたいと強く感じています。

投稿者:sg.

この番組を見て、最初に思った事は
・自分の居場所が無い
・他人から承認されていない
という人も売春をしていたのだなということ。
確かに、売春をお金を稼ぐ目的でしている人もいるかもしれない。
それが全部悪とは言わないけれど、生活のためのパトロンとして売春をしているとしたら、買った側の問題が大きいとも思う。

投稿者:シンジ

性ビジネスなどの搾取や、そのことで彼女たちが負った心の傷や後悔など、社会や大人たちに守られるべき子どもが守られない現実が痛切に伝わりました。
番組冒頭でこの企画がネット上で中傷されていたことに触れており、なぜ少女たちがそうしたのかについて広く知られていない事実は重く受け止めるべきでしょう。

投稿者:ししみ

丁寧な取材と配慮がある番組づくりで、良いものでした。またこの企画展を、考え参加した若者の勇気に敬意を表し、感謝します。
教育に関わるものとして、考えさせられることが、多々ありました。今後の大学での授業でいかしたいと思います。

投稿者:り

番組内容

ETV特集「私たちは買われた―少女たちの企画展―」

企画展に参加したのは14歳から26歳の24人の女性。JKビジネスをきっかけにしたり援助交際などの形で“売春”に至った経緯や気持ちを、詳細にまとめ写真とともに展示した。会場には11日間で3千人近い人が訪れ、ネットでも議論が広がった。番組では展示用の写真撮影が始まった去年暮れから彼女たちに密着。虐待や貧困など“買われる”までに至った背景や気持ち、今回あえて実態を伝えようとした彼女たちの思いに耳を傾ける

出演者ほか

【語り】寺島しのぶ

チャンネル

  • 2016年10月1日(土) 午後11時00分(60分)

編集部のおすすめ