もっとNHKドキュメンタリー もっとNHKドキュメンタリー

巨大仏画誕生
ETV特集「薬師寺 巨大仏画誕生~日本画家 田渕俊夫 3年間の記録~」
みんなの
レビューは
こちら

ETV特集「薬師寺 巨大仏画誕生~日本画家 田渕俊夫 3年間の記録~」

  • 2016年7月2日(土) 午後11時00分(60分)
  • 2016年7月9日(土) 午前0時00分(60分)

みんなのレビュー

あなたが番組を見た感想は

0
面白かった
0
泣けた
0
癒やされた
0
発見が
あった
0
考えさ
せられた

(感想スタンプはどれか1個だけ押せます。)

造詣はお持ちでしょうが、専門仏画師で無い画伯の通常画題では無い、仏画製作の構築に改めて仏画・仏像の製作の意味を考えさせられました。長年の仏像ファンなのですが、今回は仏像仏画の根本の意味を教えられた気がしました。
今までは仏像鑑賞者でしたが、画伯の姿勢に、仏とは何かを考えて、我流の拙作でも、死ぬまでに自分の思う仏画か仏像を一つを造りたいとの衝動に駆られました。

投稿者:孤思庵

6mにも及ぶ巨大仏画をどのように描かれるのか。まさに、画伯の命を筆に削られるように描かれた仏の顔は天平の仏にも、決して負けない、いいお顔。たくさんのスケッチと仏像の顔の分析力。また見ている人の心で色つけされる部分を残し、完成! 仏画の公開が楽しみです。ぜひ、自分の心の色で見てみたい。

投稿者:たなとも60

経年により退色しても残る墨の線へのこだわり方に感銘しました。

投稿者:のたり

番組内容

ETV特集「薬師寺 巨大仏画誕生~日本画家 田渕俊夫 3年間の記録~」

奈良・薬師寺では、16世紀までに焼失した伽藍(がらん)の復興が50年に渡り進められてきた。今その事業が大きな節目を迎えている。伽藍最大の建築物である食堂(じきどう)に収める本尊となる6m四方の超巨大な仏画が姿を現したのだ。手がけたのは田渕俊夫74歳。平山郁夫の遺志を引き継ぐ現代日本画界最高の巨匠である。「仏画とは何か」という根源的な問いに向き合い、生命の危機にさらされながらも挑んだ3年の記録である

出演者ほか

【語り】松本紀保

チャンネル

  • 2016年7月2日(土) 午後11時00分(60分)
  • 2016年7月9日(土) 午前0時00分(60分)

編集部のおすすめ