地上デジタル放送の受信〜ケーブルテレビの場合〜

ケーブルテレビに加入して地上デジタル放送を受信する場合は、ケーブルテレビ局が地上デジタル放送 サービスを提供していることが必要です

ケーブルテレビ局が地上デジタル放送サービスを提供している場合は、個別に受信アンテナを設置しなくても地上デジタル放送を受信できます。ケーブルテレビの伝送方式によって利用できるサービスや受信方法が異なります。

パススルー方式

地上デジタル放送の受信波をそのまま伝送するか、または周波数を変換して伝送する方式です。各家庭では市販のデジタルチューナー(内蔵録画機器を含む)、またはデジタル放送対応テレビで地上デジタル放送を視聴できます(周波数を変換して伝送している場合は“CATVパススルー対応”と表記された受信機が必要となります)。また、ケーブルテレビ局がBSデジタル放送をトランスモジュレーション方式で提供している場合、BSデジタル放送はケーブルテレビ局から提供されるSTB(セット・トップ・ボックス)で受信します。

トランスモジュレーション方式

ケーブルテレビ局がデジタル放送をケーブルテレビに適した効率の良い伝送方式に変換してサービスを提供する方法です。ケーブルテレビ局が地上デジタル放送とBSデジタル放送の両方のサービスを提供している場合には、1台のSTBで両方を視聴できます。

ケーブルテレビ局がデジタル放送に対応しているかどうかについては、ご加入の、またはお近くのケーブルテレビ局にお問い合わせいただくか、 (社)日本ケーブルテレビ連盟(NHKサイトを離れます)のホームページをご参照ください。 ケーブルテレビでBS放送をご覧の方も、NHKの衛星契約が必要となります。

このページのトップに戻る