ワンセグとは

地上デジタル放送の新しい携帯電話向けサービス

デジタル放送では、音声・映像・文字、および制御信号などの異なる性質を持つデータを一緒に伝送しています。 日本の地上デジタル放送は、「ISDB-T」という規格に基づき、1チャンネル当たりの周波数帯域を 計13の層(13セグメント)に分けて使用しています。このうちの12セグメントは家庭用のテレビ向けで、 残る1セグメントを携帯電話等の移動体機器で使用することにしています。 「ワンセグ」の名前は、文字通りこの「1つのセグメント」という言葉からきたものです。

ワンセグ

いつでもどこでも鮮明な映像・音声が特徴

ワンセグでは、地上デジタル放送と同じ番組が同時放送されますので、いつでもどこでもニュースや天気予報、スポーツ、ドラマなどをご覧になれます。また外出先や移動中でも鮮明な映像・音声を特徴とし、災害など緊急時の情報ツールとしても期待されています。
*NHKデジタル携帯2チャンネルで一部時間帯に独自のサービス 「NHKワンセグ2」を開始しています。

ワンセグ

NHKのワンセグについてはこちら

このページのトップに戻る