NHKデジタル ニュース

■NHKデータオンラインで避難所情報を開始
 
 
   
 NHK京都放送局では、地上デジタル放送のデータ放送において「河川水位・防災情報」の提供を5月28日(月)11時より開始します。
これは、京都府民の防災・減災を目的として、京都府および国土交通省から提供される河川水位雨量情報、さらに災害発生時に京都府下各市町村から発せられる避難情報などの防災情報を、データ放送によって “迅速に”、“的確に”、“わかりやすく”、伝える、新しいサービスです。
   
 
   
 情報提供は京都府と共同の取り組みで実現しました。京都府が「デジタル放送活用防災情報発信事業」で整備した情報公開サーバーに公開されている各種自治体情報を、府の「デジタル疏水ネットワーク」を通じて取得、NHK側でも新たにデータ取得システムを開発・整備して、データ放送での情報提供に結び付けました。
NHK京都放送局は開局75周年を迎え、より一層の地域情報サービスの充実を目指しています。このような新しいデジタル技術を利用した放送サービスにもチャレンジし、地域貢献を実践していきます。
   
 
京都府と連携したデータ放送による防災情報提供の仕組み
   
NHK京都放送局データ放送 サンプル画面
「河川水位・防災」トップ画面
「河川水位雨量」画面
「避難情報」画面