NHKデジタル ニュース

■CEATEC JAPAN 2006「NHK・JEITAブース」について
 
 10月3日(火)〜7日(土)、千葉県幕張メッセで開催されるCEATEC JAPAN 2006において、NHKはJEITAと共同で“ひろがるデジタル!未来さきどり館”を設置します。
地上デジタル放送が12月に全国すべての県庁所在地で開始されることとなっており今年のCEATECでは、デジタル放送のサービスの広がりを一層印象づけ、普及を加速させるとともに、アナログからデジタルへの円滑な移行を促進していくことをめざした展示と催し物を行います。
   
<展示ブース>
 
名称: ひろがるデジタル!未来さきどり館
主催: (社)電子情報技術産業協会(JEITA)、NHK
後援: (社)地上デジタル放送推進協会(D-PA)、(社)デジタルラジオ推進協会(DRP)、
(社)日本ケーブルテレビ連盟(JCTA)、(社)BSデジタル放送推進協会(BPA)
   
<展示概要>
 
【スーパーハイビジョンシアター】
ハイビジョンの16倍の画素数を持つ超高精細デジタル映像を、330インチスクリーン、22.2マルチチャンネル音響のシアターで体感(毎回100名)
【ステージ】
デジタル放送の魅力、デジタル普及のロードマップ等を説明するとともに、NHKの秋冬のおすすめデジタルハイビジョン番組を紹介
見えない暗さでも撮れる、新スーパーハープカメラの超高感度を、来場者がステージで体感するふれあいコーナー
【展示コーナー】
各種デジタル放送受信機、受信方法、機器接続方法
  ・PDP、液晶テレビ、録画機器、PC、車載、携帯端末などデジタル受信環境の広がりを展示
・デジタル放送の受信方法、テレビとアンテナ・録画機器等の接続方法を実演
   
地上デジタル放送の普及エリア、受信相談
  ・地上デジタル放送のエリア拡大や開局、アナログ終了の情報を展示
・総務省・地上デジタル放送受信相談センターのスーパーバイザーによる受信相談
   
BSデジタル放送の普及ロードマップ、秋冬おすすめ番組紹介
  ・11月末で2000万台突破が目前となった普及ロードマップを展示
・各局の秋冬おすすめ番組パンフレット配布、PRコンテンツの展示
   
デジタルラジオの展開
  ・デジタルラジオの紹介、放送開始に向けた取組みを展示
・5.1chサラウンドサービスのデモ、ワンセグ共用プロトタイプ受信機の展示
   
ケーブルテレビの普及ロードマップ、番組紹介
  ・ケーブルテレビでのデジタル放送受信の普及ロードマップを展示
・HDD内蔵STBによるインタラクティブデモ、コンクールで選ばれた優秀番組を紹介