NHKデジタル ニュース

■アテネ五輪「デジタル総合テレビ」の放送計画について
 
デジタル総合テレビでは、デジタルならではの『ハイビジョン放送』と『マルチ編成』を
実施、デジタル放送の魅力を伝えます。

デジタルの魅力(1)=マルチ編成
  日本時間の午後の時間帯に行われる団体球技の日本戦などをサブチャンネルで編成。
22日(日)午後11時55分からは注目の女子マラソンをサブチャンネルで完全中継します。
 
日時 メインチャンネル
(東京・大阪011ch、名古屋031ch)
サブチャンネル
(東京・大阪012ch、名古屋032ch)
14日(土)16:25〜 ソフトボール 日本×豪州 女ホッケー 日本×中国
16日(月)17:10〜 競泳・予選 女バスケ 日本×ナイジェリア
21日(土)16:25〜 陸上・予選 野球 日本×台湾
22日(日)16:55〜 野球 日本×ギリシャ 女子バレー 日本×ケニア
22日(日)23:55〜 女バスケット 日本×ギリシャ 女子マラソン
デジタルの魅力(2)=ハイビジョン放送
  夏季大会では初めて国際共同制作されるハイビジョンの競技映像を有効に活用。
デジタル総合では、アナログ総合と種目は同じでも画角の異なるハイビジョン映像を
使用することで、高画質、高音質のオリンピック放送を実施します。
 
デジタル総合テレビならではの放送時間
  ●マルチ編成 40時間  
●ハイビジョンでの独自編成 110時間  
合計 150時間