NHKデジタル ニュース

■地上デジタル放送 携帯受信端末向けサービスについて
 
 NHKおよび在京民放テレビ5社は、地上デジタルテレビ放送における携帯受信端末向けサービスで使用する映像符号化技術として「AVC/H.264」を採用することとし、必須特許を管理している団体であるMPEG LAと基本合意に達しました。

これにより、受信機メーカーや携帯通信事業者との調整を経て、2005年度中には地上デジタルテレビ放送における携帯受信端末向けサービスが開始できる見通しです。

日本の地上デジタルテレビ放送の技術方式は、ハイビジョン放送と同時に携帯受信端末向け放送サービスが可能な仕組みとなっておりますが、2003年12月放送開始時点では、携帯受信端末向けサービスで用いる映像符号化技術の特許問題のため、実現の見通しが立っておりませんでした。

今回、最新の映像符号化技術である「AVC/H.264」について、必須特許を管理している団体であるMPEG LAとの間で、「AVC/H.264」技術を放送で用いる場合の特許条件について基本合意に達しました。  「AVC/H.264」技術は、特に携帯受信端末向けサービスのように、限られた容量で映像を放送することに適した映像符号化技術であり、従来通信などで利用されているMPEG-4に比べても、優れた画質でサービスすることができます。

今後、携帯受信端末向けサービスで利用するデータ放送などとあわせて技術規格を策定するとともに、携帯通信事業者とも連携を図りつつ、2005年度中にサービスが実現できるよう、準備を進めていく予定です。