NHKデジタル ニュース

■ 「BSデジタル映画祭 〜この夏は、大迫力で500本〜」
〜BSデジタルテレビ8社 夏の共同普及キャンペーン〜

 
 今夏7月1日〜8月31日、BSデジタルテレビ放送8社*は共同で、選りすぐりの映画を編成した「BSデジタル映画祭」を実施します。この企画は去年も「この夏、最高画質で300本」と銘打ち実施し、高画質という魅力を核にBSデジタルテレビ放送の存在感を示すことができました。

今年は去年より期間を拡大、映画の本数も500本とボリュームアップしました。各社単独では不可能な魅力ある編成を実現、特に視聴者の関心が高い「5.1サラウンド」映画を一挙、約100本、共同編成の中核に据えました。また日本映画を充実、「窪塚から裕次郎まで」と銘打ち、最新の話題作から不朽の名作にいたるまでおよそ100本を編成します。さらに“シカゴ”のアカデミー賞受賞で注目の集まる「ミュージカル映画」「海が舞台の映画」「アニメ映画」など、まさに夢の映画館です。

BSデジタルテレビ放送8社は、平成13年から「スペシャル100」「ワールドカップサッカー」と大型コンテンツを協力して打ち出してきました。今夏の映画祭は、イメージキャラクターに有馬稲子さん、片岡鶴太郎さん、佐藤江梨子さん、そして御意見番に山本晋也監督をすえ、特別番組BSデジタル映画祭がやってきた」を放送する予定です。

*:NHK ⑭BS日本 ⑭BS朝日 ⑭ビーエス・アイ
⑭ビー・エス・ジャパン ⑭ビーエスフジ ⑭WOWOW ⑭スターチャンネル