放送の未来を創る

放送の未来を創る

放送は技術の進化とともに発展するメディアです。
1925(大正14)年、ラジオから始まった日本の放送は、その後、白黒テレビ、カラーテレビ、衛星放送、デジタル放送へと、常に時代の最先端技術を導入、活用することによって発展してきました。
この放送発展の歴史において、研究開発から実用化、普及・成熟に至るまで、NHKの放送技術は先導的な役割を果たしています。
そして今、インターネットの加速度的な普及などを背景に、放送を取り巻く環境は大きく変化しつつあります。そうした新しい時代においても、公共放送の原点をしっかりと踏まえた上で、NHKは新たなサービスやメディアの創造に向けたさまざまな取り組みを積極的に進めています。

■ハイブリッドキャスト

<放送はより豊かに、さらに便利に>
2013(平成25)年9月2日、NHKは放送と通信を連携させた新しいテレビサービス「NHK Hybridcast」を開始しました。
テレビを見ながら情報を調べたり、仲間と感動を共有したり、家族で一緒に楽しむなど、放送と通信の連携により、これまでのテレビにはない新しい視聴体験やライフスタイルを提供していきます。
「NHK Hybirdcast」について

■8Kスーパーハイビジョン

<テレビの未来はすぐそこに/究極の映像と音響>
NHKが中心となって研究開発を進めている次世代の放送メディア「8Kスーパーハイビジョン」。
現行のハイビジョン放送の16倍にあたる約3,300万画素(水平7,680×垂直4,320)の超高精細映像と、22.2マルチチャンネルの3次元音響によって、まさにその場にいるような高臨場感を実現します。
2016年の試験放送、2020年の本格普及を目指して、さまざまな取り組みを加速していきます。
「8Kスーパーハイビジョン」について